プロフィール

メガバス株式会社

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:584
  • 昨日のアクセス:1262
  • 総アクセス数:1504043

QRコード

高性能だからできるカゲロウ100Fの釣り

東京フィールドスタッフの髙橋昇吾です。
 
先日、台風が来る前に都市型河川に行ってきました。
当日は、雨が降り人も少なく釣りがしやすいといいな〜と思って行くがどこも満員御礼…。
みなさん考えることが同じなのでしょう(笑)

なので、空いている場所を探してひたすらランガン…というか、ただのラン笑
ようやく、橋脚の下流側ポイントに運良く入れることに。
 
まずは、水面を観察していると橋脚のヨレで、ボイルを確認。
 
ただ、ボイルが出ているのが橋脚から30cmから1mぐらいの間。
 
ピンスポットにキャストするためには、もちろんタックルバランスや技術にもよるが、ルアーの性能大きくも関わってきます。
この日、私が選択したルアーは「カゲロウ100F」
このルアーは「LBOII」搭載により、低弾道、かつ素早く戻る重心に。着水後も立ち上がりが良く水平姿勢を保ちます。この特性はピンスポットにおいて非常に有利に働きます。
 
流れやボイル状況などの様子見ながらキャストし、ここだと思うピンに入った瞬間、ヒット!
 
dj5di6j495mp4bgdpgxg_480_480-f0aba770.jpg 
ガッポリどころか、貫通してしまっている…。
申し訳ない気持ちと、餌だと思い込ませることができた喜びとで複雑な心境。 
 
この後は、移動しもう1本追加し雨も強くなり終了。
 
カゲロウ100Fの性能を存分に使った釣行になりました。
ぜひ、カゲロウの性能の高さを体感してみてください。
 
※都市型河川の釣行は、特に周りの人、環境に十分に配慮して釣りをしてください。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

視えるからこそ見得るもの
3 時間前
rattleheadさん

10月27日釣行。
15 時間前
BlueTrainさん

はじめてのボートシーバス
1 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
3 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
3 日前
登石 直路(nao)さん

人の初物に立ち会える幸せ
4 日前
ひびき さん

【理想的なシンペンに出会えた…
4 日前
ケンスケさん

一覧へ