プロフィール

メガバス株式会社

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:234
  • 昨日のアクセス:751
  • 総アクセス数:1043651

QRコード

海面爆裂!シーバス専用ビッグペンシル メガドッグ降臨!

avrs23tjvpbcw52gdype_480_480-84b193a5.jpg


ニッポンのシーバスゲームは多様性に満ちたゲームである。ルアーのタイプや攻略法はもちろん、季節ごとに、釣り場ごとに、アングラーの数だけスタイルがある。そのなかから何を選択するか? 手堅い釣果? 数釣り? それもいい。もしもいますぐ釣果が欲しいなら、その方法論は巷にあふれているだろう。しかしアベレージヒットを目指すほど、ハイリスクなチャレンジはできなくなる。釣果の安定に反比例して、型破りなモンスターに出会う確率は減っていく。
シーバスは体長数センチの小魚も喰えば、30cmを超えるボラも平気で呑み込む魚だ。経験を積んだアングラーなら、釣り上げたシーバスの口から大きなベイトフィッシュがはみ出しているシーンを一度や二度は見たことがあるだろう。ときにはマッチザベイトも無視して巨大な相手に猛烈な攻撃を仕掛ける、それがシーバスというプレデターなのだ。ならばそんなビッグベイト食いのモンスターを狙って釣りたい。それがメガドッグの原点である。
なぜなら私たちがルアーフィッシングに熱中する理由は、そこに釣果以上のインパクトを求めているから。そしてそれを演出し、使っているだけで、泳がせているだけで、時を忘れてしまうほどの期待感と高揚感を生み出すアーティスティックなタックルたち。テクノロジーと感性を高い次元で融合したスペシャルなタックルを創造することこそが、メガバスの使命だからである。
メガドッグはリンバランバ、iスライド、コノシラスと続くシーバス用ビッグベイトの集大成であると同時に、ルアーフィッシングの原点を忘れない、好奇心に満ちたアングラーに贈るチャレンジングなルアーだ。220mm、120gのボディは投げるタックルさえ選ぶ非常識なサイズ。だからこそ、本気のアングラーに使ってもらいたい。ほかのルアーでも釣れる魚に用はない。このルアーでしか喰わせることの出来ない魚、コイツを恐れず丸呑みできるメーターオーバーのみが相手なのだ。
BIG LURE makes BIG EMOTION. メガドッグを追尾し、バケツのような口で襲い掛かるモンスターに出会った瞬間、ルアーフィッシングの世界観は一変する。


コメントを見る