プロフィール

メガバス株式会社

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/5 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

タグ

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:278
  • 昨日のアクセス:312
  • 総アクセス数:1680917

QRコード

MAKIPPA SAWARA TUNE解禁

もうすぐG.W.とあっていよいよ釣りに良いシーズンとなってきました。

僕のメインでの釣りであるメバル、チヌも良い時期なのですが、
今回ご紹介するのは新製品の『マキッパ サワラチューン』。

 

■ マキッパについて

マキッパと聞いてショアのソルトアングラーには特に馴染みにある方も多いのではないでしょうか。

投げて巻くだけのシンプルなコンセプトのマキッパは発売以来、
多くのアングラーの方に支持をいただいております。

ありがとうございます。

そのマキッパに新たな仲間として加わるのがマキッパ サワラチューンです。

 


 

■ マキッパ サワラチューンの開発裏話
まずマキッパ サワラチューンのスペックなどの特徴は
リンクサイトに詳しく書き記してあるのでそちらをご参照ください。

MAKIPPA SAWARA TUNE 製品ページ

 


さて、このサワラチューンの開発の経由はソルトプロスタッフ・中川さんからのものでした。

広島在住の中川さんは広島・山口エリアのオフショアの釣りに精通しており、テスト釣行や斬新なアイディアなどをいつもで出してくれる頼れる兄貴的なプロスタッフです。

 

中川 俊介

 

そんな中川さんのホームエリアでは毎秋、サワラのキャスティングゲームとジギングゲームの
盛り上がりがスゴく、僕自身も昨年の夏頃にその衝撃の現場を目の当たりにしました。

 

釣行当日、中川さんの所有するプレジャーボートで沖に出ると、
シーズン始めだったためか辺り一面サゴシのボイル祭りが広がっておりました。


ですが、これがまたシラス(小型の小魚)を捕食しているため簡単には釣れなくて…
皆さんボイルがあるのにノーバイト…なんて状況を想像できます?(笑)。

 


■ 表層はX-80マグナムが炸裂

そんな状況下で中川さんはX-80マグナムのジャークでサゴシサイズを1キャスト1ヒットに持ち込むわけですよ。

 

 

 

コレはさすがに驚きました。

ですがその理由を聞くと明確で、X-80マグナムをジャークし左右へのかっ飛ぶダートでアピールさせて、
そのわずかに止まった時に食わせの間を作り、バイトへと持ち込むという釣り。

これは本当に効果てきめんで僕もマネするとすぐ1キャストで結果が出ました。

 

アラマキシンヤ


■ 低層から中層でマキッパ サワラチューンの威力が爆発する

少し話しがX-80マグナムへ脱線しましたが、サワラもいつでも水面でボイルしているわけではなく、
低層や中層にもいるわけです。


そこでこの層で登場するのがマキッパ サワラチューンとなるわけです。

 

 

静と動でいえばX-80マグナムの動のアクションに対してマキッパ サワラチューンは静のアクションとなります。

使い方はシンプルにボトムまで一旦落としてから、高速リトリーブするだけ。

ホント、コレだけなんです。


この釣りの一番良いところは、サーチ時間を極限まで短縮できることです。
水深の深いところでマキッパと同サイズのメタルジグでの一般的なジギングでのシャクリでの誘う時間に対して
マキッパ サワラチューンは数倍の速さでアプローチを掛けられます。


遊漁船などで真下にサワラの群れが魚探に映っている時などに、誰よりも早くリトリーブで誘いが掛けられるわけですから、大きなメリットとなります。

全ては超高速巻きでもアクションが破綻しない、マキッパのもたらす直進軌道がこの原動力でもあります。
しかもオリジナルの大型シングルフックなためパワーファイトも安心。今からサワラゲームが楽しみになるアイテムですよね。

 

というわけで、遊漁船やボートゲームでサワラ狙いの方には特に試してもらいた牙モノ専用設計マキッパ サワラチューン間もなく登場です!

 

 

 

【The FISHING TREND】来たれ、牙族。歯の鋭い魚に特化したチューンアップモデル「MAKIPPA SAWARA TUNE」とは

 

→  ルアーニュースR記事「巻くだけで釣れる!メガバス「マキッパ」に人気のサワラゲームに特化したチューンモデルが登場!【マキッパ サワラチューン】」

 

→  ルアーニュースR動画「あのマキッパにサワラゲーム特化型登場!「マキッパ サワラチューン」をアラマキシンヤが解説!」

 

コメントを見る