プロフィール

メガバス株式会社

静岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:143
  • 昨日のアクセス:2255
  • 総アクセス数:1589968

QRコード

ズバリ○○潮を撃て!

東京フィールドスタッフの髙橋昇吾です。
まず、今回のテーマは「ズバリ、“上げ潮を撃て!”」
 
大潮の満潮からの下げはどこもかしこも満員御礼。
「場所取りしてまで釣りはちょっと...」なんて方も多くいると思います。
 
そんな方にオススメしたいのが上げ潮。こんなご時世ですから、密も避けられます!
そして、ベイト…

続きを読む

高性能だからできるカゲロウ100Fの釣り

東京フィールドスタッフの髙橋昇吾です。
 
先日、台風が来る前に都市型河川に行ってきました。
当日は、雨が降り人も少なく釣りがしやすいといいな〜と思って行くがどこも満員御礼…。
みなさん考えることが同じなのでしょう(笑)
なので、空いている場所を探してひたすらランガン…というか、ただのラン笑
ようやく、橋脚の…

続きを読む

食欲の秋!港湾部シーバス

東京フィールドスタッフ髙橋昇吾です。
 
気温もだいぶ落ち着き、夜になると一枚羽織らないと寒くなってきた。
秋の夜風に気持ちを躍らせながらベイトが豊富な港湾部へ。
 
 
この日は3箇所回ったが、最初のポイントではミノーを使いすでに5、6本取っていた。
まぐれでランカーが釣れてしまったが、その他はセイゴばっかり…

続きを読む

新製品 BIRAN70

東京フィールドスタッフの髙橋昇吾です。
 
新製品!BIRAN70がリリースされました!
 
 
サイズ感として小さい方から、カットバイブ55、BIRAN70、カットバイブとなっています。
 
薄く強く鉄板バイブのような使い心地、そして気になる背中のフィンがどんな役割を果たすのか!実際にフィールドで確かめに行きました!
 
河…

続きを読む

肝はロッドで送り込むこと

東京フィールドスタッフ高橋昇吾です。
気温が35度以上を超える日も多く、真っ昼間に釣りをするのはかなり厳しい東京でございます。
特に、アスファルトからの照り返しが暑くて、釣り場に行くまでに汗だく…。
皆様も水分補給をしっかり取り、熱中症対策しながら、フィッシングライフをお楽しみください。
 
 
先日、昼間に…

続きを読む

人気急上昇中ボトルシュリンプを使ったボトムチニング!

東京フィールドスタッフ・髙橋昇吾です!
最近、東京湾でも人気急上昇中のボトムチニングに行ってきました!
 
3インチのホッグ系ワームのフリーリグ、メガバス・ボトルシュリンプ3インチがおすすめ!
 
タイミング的には満潮からの下げ。
まだ潮がだるい時間帯はあまり反応がなく…。
少し流れ始めたタイミング
 
ボトルシ…

続きを読む

薄暮時に

東京フィールドスタッフ・髙橋昇吾です。
夕方に時間が空いたので港湾部へ行ってきました!
 
日没まであと30分ぐらいでエントリー。
ポイントに着くとエサ釣りの方がずらり。
間に入れてもらい日没までは豆アジを捕食してるであろうシーバスを狙っていく!
 
ルアーはスパロー30g。
飛距離に加えてアジのシルエットにぴっ…

続きを読む

一瞬のタイミングを狙って

東京フィールドスタッフ髙橋昇吾です。
寒さが増してきたせいか、シーズン終盤なのかアングラーが減ってきている河川。
そんな中、しめしめと思い河川の明暗部へ。
 
もちろん、人はいない。
ベイトはかなり確認できる。
しかし、まだ流れが緩いせいかベイトが逃げ惑う様子はない。
そこで、カゲロウ100Fで表層からチェッ…

続きを読む

深夜の上潮

東京フィールドスタッフ・髙橋昇吾です。
ボートシーバスでなんとなく魚の動きがわかったのでそれを狙いに深夜の上潮へ!
 
ポイントについたときには干潮から2時間ほど、流心ではかなり上げがきいている。
 
シャローにイナッコを発見したのでまずはそれから狙っていくためにカゲロウ100Fをキャスト!
イナッコの群れにぶ…

続きを読む

安心と信頼のスパロー30g & X-80マグナム

東京フィールドスタッフ・髙橋昇吾です!
タイトルを見ていただければ分かるようにどっかの企業のキャッチコピー的な始まりで申し訳ございません。笑
 
私が勝手にスパロー30gとX-80マグナムに安心と信頼を置いているだけなのです!!
が!それを皆さんに知っていただきたいので今回ブログに書くことにしました。
 
という…

続きを読む