プロフィール

トランスセンデンス

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/9 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:518
  • 昨日のアクセス:319
  • 総アクセス数:296354

QRコード

ツララ×トランスセンデンス エストレーモ76再販のお知らせ

みなさんこんにちは。

約半年前にリリースしたエストレーモ76を再販いたしますのでお知らせです。
2021年最後の生産になるかと思います。
5t75a4xbt9ii7gnvcey6_480_480-cd25c70d.jpg

スペック 7.6ft、ワンアンドハーフ、グリップ長335mm、自重212g、ライン:フロロ16〜30lb、PE#2〜4、チタンSICガイド

定価:52,250円(税込)

https://www.transcendence555.com/estremo76b


気になる方や、前回分を手に入れられなかったという方はトラセンロッド取り扱い店舗様でぜひ手に入れちゃってくださいませ。



さて、エストレーモ76とはトランスセンデンスとツララのロッドメーカー同士のコラボレーションロッド。

10gくらいのワームから、6.5オンスのビッグベイトまで扱えるスーパーバーサタイルロッドとして私ビックリマン高田とTULALAのロッド開発担当の藤原氏とで作りました。



最大のウリである各ルアーのキャスト感は動画を御覧いただければ、わかりやすいかと思います
※このルアーウェイトの幅はオカッパリからのデカバス狙いの1本にホンマに便利です。


3ydjchp695mjur5vpa7i_480_480-4b104da4.jpg
プロトを制作しだした2019年末の頃、オカッパリからビッグバスを狙うための主軸の1本として開発すべく、極寒の琵琶湖に関東からしつこく通っておりました。

沢山のロクマルを釣って、色んなルアーを投げて、満足のいった2020年末に発売しました。

もちろん発売後は製品版のエストレーモは自身の釣りに欠かせないものになり、開発フィールドである琵琶湖オカッパリはもちろん、それ以外のフィールドでも常に使うパワー系バーサタイルとして車やボートから下ろせないまさに相棒。

wgwcpyys9k6fkfrocxh9_480_480-bc04fa37.jpg

ため池のパワーゲームでも活躍。
グリップが長めに設定されているので76レングスでも使用感と軽快感は7ft前半クラス。
小規模フィールドでも強い武器に。まぁ冷静に考えれば琵琶湖オカッパリの水門撃ちでも使ってたから当然なんですケレドモ…

オカッパリ用に作ったエストレーモ76ですが、琵琶湖のバスボートでもバリバリの一軍ロッド。

fzuwn27i2wi534e9ecs5_480_480-2470045b.jpg

ロッドを沢山載せられるボートとはいえ、ゲストさんのロッドを載せたり、スペースのことを考えると出来るだけ自分のロッドの本数は減らしたい…

そんな時にエストレーモがあればビッグベイトからジグやテキサスなどのパワーゲーム、ちょっとしたジャイアントベイト、カバー周りのノーシンカーまで広くカバー出来てしまうので非常に重宝するのです。

なんならゲストさんにお持ちいただきたいロッドのNo.1かもしれません。

この1本があればおおよその広いウェイトをカバー。他に持ち込むロッドは専門性の高いロッドに振ることだって出来ます。

7xkvvi3pky42n37xvfia_480_480-d681f5f5.jpg

スラスイ250も…

28793fg5n9kt6bvzp2jo_480_480-b31b7431.jpg

バズジェットも

eca69idhxv6i34vnf3rz-9dbb398d.jpg

スタッガースティックネイルリグだってこなせちゃう


後はバスをゴリ巻きで寄せてしまう圧倒的なパワー。

najcvvvrfhocrymahbmn_480_480-9c6530d7.jpg

琵琶湖のバレの原因として強いツッコミを止められず、カバーやストラクチャー、ウィードに巻かれてしまうということが非常に多くあるのですが
弾性がある程度あって反発力で寄せることが出来るながらも、ツララ的安心感もあり、とにかく巻き続けることで魚を浮かせてしまえるというのは大きなアドバンテージです。


ちなみにエストレーモは意外とガチガチ系ではなくティップは意外と入ります。
重いルアーを投げることが出来るメカニズムとしては、長いパイプによる異常に強いバット設定にあるのですが、このバットはしっかり曲げることでとんでもない飛距離を叩き出せるというメリットもありますし、単純にベントがロッドの先の方に寄るので、曲がりすぎて足元のカバーに巻かれるというエラーを少なく出来るという効果もあります。

反対にいえばベントが手元にこないので巨大な魚を長時間掛けるとしんどいとも言えますが、短時間ファイトになるブラックバスであればそれよりも巻き続けてカバーから剥がすほうが重要なことが多いので、魚が掛かったら力の限り巻き続けてください。

yc4gw9vv56yvxbtw9fu7_480_480-aee35a9e.jpg

ゴリゴリに押せば、3キロ、4キロ程度のバスでもすんなり上がってくるだけのパワーがあります。

2キロ以下の魚は逆に言えばバットまで曲がらないので、よりゴリゴリに巻いてバレないようにしてくださいね(笑)

そんなビッグバス専用のロッドです。何卒愛していただければ嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

https://www.transcendence555.com/estremo76b

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

トップウォータープラグに対す…
6 時間前
有頂天@さん

安い物には訳がある
1 日前
rattleheadさん

琵琶湖 生命の育みの光と影
3 日前
登石 ナオミチさん

青物トップウォーター初心者の…
3 日前
ねこヒゲさん

青物の自己記録更新してみた
4 日前
ワカメマニアさん

視覚的刺激がたまらん!
4 日前
渡邉 雄太さん

シングルフックバーブレスに鱗
5 日前
平田孝仁さん

いよいよマゴチも終盤ですが…
14 日前
ケンスケさん

一覧へ