プロフィール

トランスセンデンス

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:325
  • 昨日のアクセス:250
  • 総アクセス数:218474

QRコード

【イギータ5インチ】根掛かり皆無の"イギソコ”釣方を徹底解説

こんにちはビックリマン高田です。
晩秋シーズンにロクマルはじめ、めちゃくちゃ釣れていたイギータの底使い、名付けて”イギソコ”。
釣れた魚などは前回のブログ参照で↓晩秋にイギータをロクマルに本気食いさせる方法https://www.fimosw.com/u/transcendence/dz4ttxf7ecgkmp今回は動画で”イギソコ”テクニックを詳しく解説…

続きを読む

晩秋にイギータをロクマルに本気食いさせる方法

こんにちはビックリマン高田です。
秋も深まり、少しづつ冬の足音が聞こえてきました。
今年は昨年、一昨年とは異なって、10月末からグッと冷え込んできました。
寒波が来た時なんかは一気に水温が2度くらいガク落ちしたりして。
久しぶりにキンキンに冷える冬になりそうです
極寒期がイギータが最も爆発するシーズン
では…

続きを読む

【滋賀】9月12・13日 イギータ即売会!

今週末、9月12日・13日は
2日連続。琵琶湖東岸西岸イギータイベントです!
予想以上の反響を頂き、売り切れ続出しておりますイギータ5インチですが(ほんますみません…)
イベント当日はイギータ全色を販売いたします。
十分量を準備しているつもりですが、数に限りはございますので売り切れたら申し訳ございません…
先着順…

続きを読む

ビックリマン夏の釣りのまとめ

文・写真:ビックリマン高田
夏。
夏の定義っていうのは色々あるみたいだけど太陽暦的にはどうやら6月から8月を指すらしい。
天文学的には夏至から秋分までだそうで、その定義だと9月末ごろまで夏なんだけど、
我々一般ピーポーからすれば夏の命日は太陽暦よろしくの8月31日ですわな。
今日9月1日はもう秋に入ってしまった…

続きを読む

【イギータ5インチ発売遅延のお詫び】

8月末発売にてお知らせしておりました、イギータ5インチですが諸事情により発売が遅延いたします。
メーカー出荷が8月31日〜となりますのでお客様のお手元にお届け出来るのは9月1週目となります。
楽しみにしていただいている皆様、特にご予約頂いているお客様にはご迷惑をおかけいたします。大変申し訳ございません。
開…

続きを読む

イギータ発売と展示即売会のお知らせ

こんにちは。ビックリマン高田です。
8月末にイギータが発売となります。
イギータ5インチ
5本入り 900円(税抜)
自重12.5g ソルトインマテリアル
https://www.transcendence555.com/eguita
初回販売分は下記の小売店様にて発売となります。
オンラインショップでお取り扱いいただける店舗様も多いので、遠方の方は是非そ…

続きを読む

2020年8月発売!イギータ5インチの誕生秘話

こんにちは。トランスセンデンスのビックリマン高田です。
ついに発売が2020年8月に決定しました。
イギータ5インチです。
TranscendenceはNewブランド SENCESからリリースします。
メーカー公式ページはこちら
価格や発売の正確な情報は近々改めて発表しますので楽しみにしていてください。
https://www.youtube.com/wat…

続きを読む

変幻自在ティップ!イータプルクラ

こんばんは!
テスターのひろむです。
今年の春は暖かくなったと思ったら冬並みに寒くなったり、台風並みの爆風が吹いた直後に超凪だったり、ややこしくて難しい天気ですね。
自粛ムードで街は閑散としてますが、釣り場は…笑
まーなんだかんだ、皆さんが期待してる爆釣!!って感じの春までは、もうちょっとって感じですね…

続きを読む

ブラックバレットシンカーの威力

テスターのヒロムです。
琵琶湖はこの低気圧でかなり、調子が上がってきましたね。
今回は、Chillから新しく発売されるブラックタングステンシンカーとレッドネイルシンカーのお話。
使って初めて、シンカーのカラーが大切だと身にしみて感じました。
【ブラックマークバレットシンカー】
主にブルフラット5.8のテキサス、…

続きを読む

怪物を獲るための1投 琵琶湖冬シーズンのまとめ

こんにちは。ビックリマン高田です。
関東から通う琵琶湖遠征。今冬シーズンも無事終了しました。
振り返ってみると高い水温が続いたせいで、かなり難しいシーズンだったと思います。
その中でも状況をきっちり把握して、戦略的に攻めれば、難しい分感動を与えてくれる琵琶湖でもありました。
今冬最大の64cm5110g。この1…

続きを読む