Compass of your dream https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ツララ×トランスセンデンス エストレーモ76再販のお知らせ https://www.fimosw.com/u/transcendence/dz4ttxftii9z9c 2021-07-24T13:01:00+09:00
約半年前にリリースしたエストレーモ76を再販いたしますのでお知らせです。
2021年最後の生産になるかと思います。


スペック 7.6ft、ワンアンドハーフ、グリップ長335mm、自重212g、ライン:フロロ16〜30lb、PE#2〜4、チタンSICガイド

定価:52,250円(税込)

https://www.transcendence555.com/estremo76b


気になる方や、前回分を手に入れられなかったという方はトラセンロッド取り扱い店舗様でぜひ手に入れちゃってくださいませ。



さて、エストレーモ76とはトランスセンデンスとツララのロッドメーカー同士のコラボレーションロッド。

10gくらいのワームから、6.5オンスのビッグベイトまで扱えるスーパーバーサタイルロッドとして私ビックリマン高田とTULALAのロッド開発担当の藤原氏とで作りました。

https://www.youtube.com/watch?v=tvsDgWGYUrA

最大のウリである各ルアーのキャスト感は動画を御覧いただければ、わかりやすいかと思います
※このルアーウェイトの幅はオカッパリからのデカバス狙いの1本にホンマに便利です。



プロトを制作しだした2019年末の頃、オカッパリからビッグバスを狙うための主軸の1本として開発すべく、極寒の琵琶湖に関東からしつこく通っておりました。

沢山のロクマルを釣って、色んなルアーを投げて、満足のいった2020年末に発売しました。

もちろん発売後は製品版のエストレーモは自身の釣りに欠かせないものになり、開発フィールドである琵琶湖オカッパリはもちろん、それ以外のフィールドでも常に使うパワー系バーサタイルとして車やボートから下ろせないまさに相棒。



ため池のパワーゲームでも活躍。
グリップが長めに設定されているので76レングスでも使用感と軽快感は7ft前半クラス。
小規模フィールドでも強い武器に。まぁ冷静に考えれば琵琶湖オカッパリの水門撃ちでも使ってたから当然なんですケレドモ…

オカッパリ用に作ったエストレーモ76ですが、琵琶湖のバスボートでもバリバリの一軍ロッド。



ロッドを沢山載せられるボートとはいえ、ゲストさんのロッドを載せたり、スペースのことを考えると出来るだけ自分のロッドの本数は減らしたい…

そんな時にエストレーモがあればビッグベイトからジグやテキサスなどのパワーゲーム、ちょっとしたジャイアントベイト、カバー周りのノーシンカーまで広くカバー出来てしまうので非常に重宝するのです。

なんならゲストさんにお持ちいただきたいロッドのNo.1かもしれません。

この1本があればおおよその広いウェイトをカバー。他に持ち込むロッドは専門性の高いロッドに振ることだって出来ます。



スラスイ250も…



バズジェットも



スタッガースティックネイルリグだってこなせちゃう


後はバスをゴリ巻きで寄せてしまう圧倒的なパワー。



琵琶湖のバレの原因として強いツッコミを止められず、カバーやストラクチャー、ウィードに巻かれてしまうということが非常に多くあるのですが
弾性がある程度あって反発力で寄せることが出来るながらも、ツララ的安心感もあり、とにかく巻き続けることで魚を浮かせてしまえるというのは大きなアドバンテージです。


ちなみにエストレーモは意外とガチガチ系ではなくティップは意外と入ります。
重いルアーを投げることが出来るメカニズムとしては、長いパイプによる異常に強いバット設定にあるのですが、このバットはしっかり曲げることでとんでもない飛距離を叩き出せるというメリットもありますし、単純にベントがロッドの先の方に寄るので、曲がりすぎて足元のカバーに巻かれるというエラーを少なく出来るという効果もあります。

反対にいえばベントが手元にこないので巨大な魚を長時間掛けるとしんどいとも言えますが、短時間ファイトになるブラックバスであればそれよりも巻き続けてカバーから剥がすほうが重要なことが多いので、魚が掛かったら力の限り巻き続けてください。



ゴリゴリに押せば、3キロ、4キロ程度のバスでもすんなり上がってくるだけのパワーがあります。

2キロ以下の魚は逆に言えばバットまで曲がらないので、よりゴリゴリに巻いてバレないようにしてくださいね(笑)

そんなビッグバス専用のロッドです。何卒愛していただければ嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

https://www.transcendence555.com/estremo76b]]>
トランスセンデンス
然別湖の宝石『ミヤベイワナ』を求めて https://www.fimosw.com/u/transcendence/dz4ttxffcatv25 2021-07-16T11:05:00+09:00 今回は然別湖にのみ生息するオショロコマの固有亜種『ミヤベイワナ』を狙った釣行記を書かせていただきます。



然別湖を訪れたのは6月下旬、現地では晴天が続き気温が25℃以上まで上昇し、ミヤベイワナの釣果は低迷しているとの前情報でした。
それでも、クレートフィッシング然別湖のスタッフの方に丁寧に釣り方やポイントを教えていただいたことで迷いなくレイクトローリングゲームを展開できました。



前評判通り、表層でミヤベが釣れることはありません。
それでも朝一、14gのスプーンを使用し60m程ラインを出していた同船者にミヤベイワナがヒット!
綺麗なグリーンバックに2人で感動です。



途中、陸っぱりで小型のサクラマスが釣れたり、トローリングでブルーバックのレインボーが釣れたりしながら徐々に然別湖の楽しみ方が分かってきました。



レインボーが連発してくれたことで、ミヤベのレンジはもっと下かなと感じ、14gのスプーンを使用し、思い切って100m以上ラインを出して引っ張ってみると、これが正解だったようで立て続けにミヤベイワナを釣り上げることができました。






https://www.youtube.com/watch?v=sj18ctjoQ0Y
今回の釣行は、怪魚ハンター山根ブラザーズの公式YouTubeチャンネルにて配信しております。
トラセンの竿も頻繁に出てきますので良かったらチャンネル登録お願いします!

今回使用したロッドは、目下の課題である渓流・小物釣り用パックロッド『ドワーブ』です。
魚釣りに行きたくなる瞬間って色んなシチュエーションでありますよね!
休日は勿論のこと、家族旅行の朝食前とか、出張中の夜の時間、大物を狙った遠征中であっても宿に帰ると目の前の漁港で釣りをしたくなったりします。



『持ってるだけで魚釣りに行きたくなる!』
そう感じていただけるように、ドワーブは遊び心満載な可変式パックロッドを目指しています!
僕たちが納得できる形になるまでもう少しお待ちくださいね!

でも…最近仕上がってきたプロトが良い物なのでこの夏、ガンガンテストして仕上げてまいります!
小さきパックロッドですが1本で何人分もの役割を果たす仕事人『ドワーブ』をお楽しみに!
 ]]>
トランスセンデンス
窮山幽谷へ開発中のパックロッド『ドワーブ』でアタック! https://www.fimosw.com/u/transcendence/dz4ttxfw54mbv4 2021-07-15T21:43:00+09:00 怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)です。



先日、弟のマサと一緒に渓流や小物釣り用に開発を進めているパックロッド『ドワーブ』のテストを兼ねて3泊4日の予定で源流釣行へ出掛けてきました。
このドワーブという竿は、実はボティアやプルクラと同じ時期から開発しています。
こんなに時間を要している理由は追々お話しさせていただくとしまして、今回はマサとの源流釣行をご紹介させていただきます。



昨年、装備不足により途中で断念した窮山幽谷を目指し、今年は3泊分の資材とクライミング機材を揃えて再アタックしてきました。
時期柄、山は植物たちが元気いっぱいで沢登りしにきたのか藪漕ぎしにきたのか分からないような状態になりながら何時間も歩き、目的の谷を目指しました。



テント場を決めたら荷物をおろし、薪集めに取り掛かります。
火起こしの準備が整ったところで晩御飯に華を添えるためにイワナを狙います。



スレ知らずな源流のイワナ達!この日は食べる分だけを釣り上げ納竿にしました。



夜の楽しみと言えばサンショウウオ探しと谷の隙間から覗く満点の星空です。
明日こそ、窮山幽谷に降り立ってやる!そう思い描きながら眠りにつきました。



2日目、いよいよ昨年諦めた絶壁と対峙します。
慎重にロープを張りながら幾時間かかけて登頂し、痩せた尾根をつたって少しでも安全に降りられる場所を探します。
この日のために、何度も練習してきましたが、魚釣りの知識や経験なんかよりも、山登りやクライミングの技術をもっともっと身につけなくては!
そう感じさせられる難所でした。



目指していた窮山幽谷にやっとの思いで降り立つと、目の前には尺前後のイワナ達が悠々と泳いでいます。
身を乗り出して覗き込んでも逃げる素振りさえ見せません。
パックロッド『ドワーブ』を組み、試しにルアーを投げ込むとワラワラ~っとイワナ達が群がってきます!



マサと2人で顔を見合わせ、『この谷ヤバくね?!』と同じ言葉が出ます。
ここから先のお話しはご想像通りの大爆釣となりました。
グリーンバックのイワナや40cmに迫る大イワナが何尾も乱舞!
そして、探し求めていた貴重なイワナにも沢山出会うことができました。



想定通り、写真撮影に時間を要し一日では魚止と思われる場所までたどり着けず、一旦テント場まで戻りました。

3日目、悪天候になりそうな気配を感じ、窮山幽谷の魚止まで詰めたい気持ちを抑え山を下りる決断をしました。
最後数時間は兄弟共々疲れ果て、一言も言葉を発しない何ともシュールな下山となりました。

『ドワーブ』と言う竿は、今回のような本格的な源流釣りから、普段の出張や旅行のお供になるようなパックロッドとしては勿論のこと!
皆がドワーブを持っているだけで楽しくなるような一風変わった竿を目指しています。
勿論、僕たちが納得するものができるまで販売しません!
小さきパックロッドですが1本で何人分もの役割を果たす仕事人。
このブログで、そんなドワーブの開発記を書いていきますのでお楽しみに!]]>
トランスセンデンス
2021年6月のビックリマンバス釣りまとめ https://www.fimosw.com/u/transcendence/dz4ttxf6yvidi9 2021-07-06T22:34:00+09:00
6月の釣果まとめブログ。
6月もひたすら琵琶湖でガイドに明け暮れました。

6月1日のスタートはバスを釣ったことのないチルな人たちと南湖。
夕方から予定があるとのことなので半日勝負。

そんなときはソーメンパターンで勝負




南湖を転々として拾い釣り



人生2匹目も追加



俺も投げたら釣れました



ブルーギルが多いのでスタッガーワイドが効いたみたい
ジグはスライドスコーンジグ7g

翌日は海で乃村さんと撮影。アコウフィッシングを楽しんだ



そしてその翌日はTさんと北湖にデカイの狙い



タイニーブルシューター



スラスイ250



デカイの釣れたのはまさかの帰着前の南湖のロングソーメンパターン(笑)

次のガイドはフライフィッシング縛りのKさん。
苦戦したものの念願のフライバスをゲット


そしてフライの横で250しゃくったら釣れました



週末挑戦は先月も遊びに来てくれたOさん



北湖クオリティドーン







めちゃ釣れるパターン見つけたので、いけるかなと思ったBリーグ
翌日なのにコケました。

31位



イギータ3インチのI字引きで3匹キロフィッシュ揃えるのがやっとでした

その2日後はJust Cast Vol.3の撮影

イギータ3インチのネコリグで


スラスイ250がよく釣れた




詳しくは動画で
https://www.youtube.com/watch?v=WUPwsX5NEjc&t=6s

ちなみにこの日はイワトコナマズも釣れました。狙って釣れることがわかってホクホク。


2日間の撮影の予定が1日で撮れ高OKだったので
2日めは南湖限定でもう一本動画撮り

大雨ド風で多くの時間中断し、短時間のロケで苦労したけど、シャローのパワーゲーム縛りでいい魚が釣れました。


動画は近日公開予定!

撮影の翌日はスカッと夏のカンカン照り

Dさんを迎えて半日勝負

パルスコッド祭り



ボコボコ出る



ソーメンパターンでも




1日あけてお迎えしたA様御一行
この日もソーメンパターン







お昼に65cmくらいのやつ掛かるも10分くらい格闘の後、無念のラインブレイク。
また来月リベンジですね。

翌日はNさんをお迎えして北湖のデカバス狙い&南湖のストロングゲーム展開

北湖はナギサで40cmくらいので終了


南湖でギルパターンで狙うもノーバイト。
でもたまに投げたフィネスやキャロだと一瞬で食う悲しさ







フィネスの強さに打ちひしがれていましたが、夕方は待望のバズジェットで〆ました



一週間ほどおやすみして、六畳一間の狼お二人を北湖にご案内

動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=m5awZ4xpFuk



イギータのネコリグパターンがハマり、北湖クオリティバスどーん





エビやゴリ食いバスにイギータ3インチのネコリグは最強やね




翌日はトラセンのボス片山とジェットスロウ水口さんが登場。

トップ縛り、フロッグ縛りでは不発で、南湖の深いところをスティックで探るとドーン

ごん太




スタッガースティック5インチが春に続き火を吹き始めた



俺もポロポロとゲット




スティックのパターンは7月へとつながっていくのであった…

ということで今回はここまで。

7月の予約は30日を除いて(7月6日現在)埋まってしまいましたが8月は空きがあるので遊びにきてくださいねー

https://www.transcendence555.com/guide

オープニング料金は1名30000円、2・3名34000円です。
※9月30日の釣行日までオープニング料金です。
10月1日以降は通常料金となります。

夏季限定(7/15〜8/31)で半日プランございます。
早朝からお昼まで(約5時間)の短期決戦です。
1名24000円 2-3名28000円
※北湖希望の場合は1日プランでお願いします。

詳細はウェブまたはDM、お電話で【受付時間9〜19時:07084801105】マリーナはミックバスクラブです。

 ]]>
トランスセンデンス
ライギョ専用パックロッド”Trapa”テスト釣行!ヒシの中から80UP! https://www.fimosw.com/u/transcendence/dz4ttxftr5whiw 2021-07-03T16:00:00+09:00 現在開発中のライギョ専用パックロッド”Trapa”のテスト釣行へ出掛けてきました。

前回は初めての地域でライギョ探しを楽しみましたが、今回は80UPを目標に実績場へ向かいました。
前回の記事はコチラ!


6月ということで、水面にはヒシがしっかり浮かんできています。
一枚ヒシまであと一歩というところでしょうか。

久しぶりに訪れた地域でしたが、手堅い場所と思っていたフィールドに工事が入ってしまい、実釣不能状態でした。

近年、ため池の改修工事が多く、ライギョフリークにとっては少し辛い時期ですね。
改めて、ライギョが生息する釣り場が減っていることを実感しました。


癒しのタナゴ釣りを挟み、別の場所でTrapaの7.5ftモードを試していきます。
ライギョロッドの長さの好みは人それぞれかと思います。
僕の場合は、地元である愛知県のオープン水路では6ft台、今回のような沼やブッシュの多い水路では7ft後半が扱いやすく感じています。
Trapaは、1本の竿で6.5ftと7.5ftに可変できるように開発を進めています。


少し遠投し、岸際にフロッグを浮かべていると『ユラッ』っとヒシが動きました。
焦らず待つこと5秒、チョンと動かした瞬間に『ブァフォ!』っとド派手に吸い込んでくれました。

しっかり体重をかけてフッキング!
竿の剛性を強く感じることができました。
絡んだヒシごとゴリゴリと寄せ、抜き上げます。


フッキングの際に感じたサイズよりも大きく、目標だった80UPの釣獲に成功です。
朝に残念な出来事があっただけに、真っ黒でカッコイイライギョに出会えてほっとしました。



これからヒシ立ち上がる真夏に向けて、Trapaのテストをどんどん行ってまいります!
地元のオープン水路でも6.5ftバージョンを試していきたいと思います。

前回の釣行動画は怪魚ハンター山根兄弟の公式YouTubeチャンネルにアップしております。
良かったらチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/watch?v=dBYPVKRb3GQ

kimi]]>
トランスセンデンス