プロフィール

トランスセンデンス

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/6 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:138
  • 総アクセス数:171287

QRコード

伊豆ヒラスズキ(動画)

どうも、ハンバーガーマサです!
 
久々に休みと時化のタイミングがあったので3ヶ月ぶりの伊豆半島に行ってきました!
 
今回は、三浦半島で無双中のコーダイマンと一緒に釣行ということで初めての動画を撮ってみました!
 
https://www.youtube.com/watch?v=zuTLNQmyMgk&t=6s
 
Transcendenceとしては、常に他社メーカー…

続きを読む

Currentes82S 再販!

どうも、トランスセンデンスのハンバーガーマサです!
 
11月に発売をしたCurrentes82S(カレンテス) が入荷しました。
3月30日に発送予定でございます。
現在、予約注文を承っておりますので、気になる方はこちらを御覧ください。
TRANSCENDENCE.Currentes82SHP
【カレンテスってどんな竿?】
簡単に言えば、今までにな…

続きを読む

冬の伊豆でまさかの大爆釣?クリスマスサバイバル

こんばんは。
ビックリマン高田です。
先月12月23日から25日。クリスマスにかけて
TSURIHACKさんのロケ。
トラセンスタッフのビックリマン高田とkimiで出演しています。
沈黙の海で知られる冬の伊豆半島で
48時間耐久、釣った魚しか食べられないサバイバルを行いました。
今回は人気Youtuber六畳一間の狼のお二人と共演し…

続きを読む

伊豆ヒラスズキ攻略方法の一つ

Transcendenceの山根正之です。
 
3月も終わり、アフターのヒラスズキがわりとイージーに釣れる4月ですが、伊豆でヒラスズキをコンスタントに釣るのは簡単ではないですよね?
特に週末アングラーの方や私のようにベイト運が全くない人とかは特に。。。
(今年2月上旬に釣ったヒラスズキ、タフなシーズンこそピンスポを打…

続きを読む

伊豆ヒラスズキ!!

伊豆 ヒラスズキ
 
こんにちは、トランスセンデンスの山根正之です。
 
1月22日にヒラスズキを求め、伊豆半島に行ってきました。
 
南西の風が吹いたらタイミングでヒラスズキを狙いに行くべきだと思うのですが、そのようなタイミングに中々めぐり合いません。。。ましてや、1月終わりというこのタイミングでは、そんな奇…

続きを読む

関東ヒラスズキ20本以上

こんにちは、TRANSCENDENCEスタッフの山根正之です。
釣り人にとっては辛い1月。トランスセンデンスのテスターは休まず修行のような釣りに明け暮れてます。
厳しい時期だからこそ嬉しい1匹のために、釣りの技術を向上させるために頑張っています。
本音は「ただ、釣りが好きすぎるから」ですが。
今回は、ヒラスズキについ…

続きを読む

【総括】挑戦し続けた2018年 山根正之

TRANSCENDENCEの山根です。
「2018年のハイライト記事」というお題です。
テスターの方々が素晴らしい釣果を挙げていて、かなり刺激になる一年でした。今まで私がやってきていなかった釣りや知らなかった釣りを学ぶことができ、またその釣りをTRANSCENDENCEの釣竿開発に活かせたことが非常に嬉しいですね。
本年は、ヒラス…

続きを読む

国内を駆け回った2018年 木村紘大

こんにちは!
木村紘大です。
私の2018年のハイライト記事を書かせて頂きます!
私は現在大学四年生。就活や卒論があった為、毎年数回行っている海外釣行にはいけず、近所の釣行や国内遠征がメインとなりました。
ですが、今年は昔から行っていたバス釣りやメバル、外洋エリアのショアからの普段の釣りに力を入れ、自分自…

続きを読む

伊豆でスロジギ合宿!

スタッフのビックリマン高田です。
連日の登場すみません。
今月頭にトラセンの若手を集めて、伊豆諸島で合宿を行いました。
たくさんあるプロトの意見交換会も兼ねていたのですが、結果的にはある意味予想通りの釣りをし続けるという合宿になりました。
私高田はマレーシアから帰ってきた翌日。
荷ほどきする暇もなく伊豆…

続きを読む

伊豆半島 オオモンハタ

こんにちわ、
 
TRANSCENDENCEスタッフの山根正之です。(愛称:トラセン)
 
 
 
今回、トランスセンデンスのプロトロッド「Currentes(カレンテス)98」のテストで伊豆半島に行ってきました。伊豆半島のハタゲームは磯やゴロタ浜でやる場合が非常に多いです。その際、私は斜面や磯場を歩くことが多いため、常に両手は空けた状…

続きを読む