プロフィール

トランスセンデンス

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/6 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:114
  • 昨日のアクセス:144
  • 総アクセス数:171128

QRコード

Currentes82S 再販!

どうも、トランスセンデンスのハンバーガーマサです!
 
11月に発売をしたCurrentes82S(カレンテス) が入荷しました。
3月30日に発送予定でございます。
現在、予約注文を承っておりますので、気になる方はこちらを御覧ください。
TRANSCENDENCE.Currentes82SHP
【カレンテスってどんな竿?】
簡単に言えば、今までにな…

続きを読む

冬の伊豆でまさかの大爆釣?クリスマスサバイバル

こんばんは。
ビックリマン高田です。
先月12月23日から25日。クリスマスにかけて
TSURIHACKさんのロケ。
トラセンスタッフのビックリマン高田とkimiで出演しています。
沈黙の海で知られる冬の伊豆半島で
48時間耐久、釣った魚しか食べられないサバイバルを行いました。
今回は人気Youtuber六畳一間の狼のお二人と共演し…

続きを読む

カレンテスで南国ボートキャスティング

こんばんは
フィールドテスターの登石です。
今回は、シーバス釣りをメインに想定して開発されたマルチピースロングロッドのカレンテス82Sを使用して、石垣島のボートでのリーフキャスティングゲームを行ってきまたしたので、その報告です。
この釣りは、ボートでリーフエッジやリーフ内の根につく魚を狙う釣りです。
釣れ…

続きを読む

バーサタイルロッドとしてのボティア62S

今月末発送予定のボティア62S。
Spec
[Length] 6.2,-7.3ft(変則3-4ピース@2パターン)
[Closed] 530mm
ガイド:チタン、SiC複合ガイド
ブランク:4軸カーボン
グリップ:着脱式バランサーウエイトシステム採用
ライン:PE0.6~1.5 モノフュラメント0.8~2.5号
商品ページはコチラ
6.2ftから7.3ftまで長さを変えられ…

続きを読む

東京湾奥ヒラスズキ&尺メバル

こんにちは。ビックリマン高田です。
先日、多くのプロトロッドを持ち込んで、
通称大人の遊園地、東京湾に浮いてきました。
プレジャーボートにて、スペシャルコースへ出発です。
まずは東京湾ヒラスズキパラダイスへ。
40~70cmくらいまで釣ることが出来る楽園。
ファイトやバイトはシビアなので、
秋に発売予定のBotia6…

続きを読む

東京湾奥ロック-トラセン集中テスト-

こんにちは。ビックリマン高田です。
1月某日の話。
ボスの片山、マサ、高田で海上へ。
様々なプロトを船に持ち込んで、
プレジャーで東京湾奥ロック。
春発売予定のプルクラ62+をベースに
思いっきり趣向を変えたブランクス(仮称プルクラX)にしたロッドのテストです。
発売予定のプルクラ62+は巻き中の不意なバイトをきっ…

続きを読む

国内を駆け回った2018年 木村紘大

こんにちは!
木村紘大です。
私の2018年のハイライト記事を書かせて頂きます!
私は現在大学四年生。就活や卒論があった為、毎年数回行っている海外釣行にはいけず、近所の釣行や国内遠征がメインとなりました。
ですが、今年は昔から行っていたバス釣りやメバル、外洋エリアのショアからの普段の釣りに力を入れ、自分自…

続きを読む

2018年のハイライトフィッシュたち 松田仁

年末年始にトラセンテスター陣それぞれが2018年を振り返り、最も印象に残った出来事や、総括などを書いていき、2019年の釣りに繋げていこうというプチ企画。トラセンの1年。
今回は松田仁です。
*******************************
スタッフのラコステ松田です。
今回は「2018年のハイライト記事」「今年最も嬉しかった釣り…

続きを読む

伊豆でスロジギ合宿!

スタッフのビックリマン高田です。
連日の登場すみません。
今月頭にトラセンの若手を集めて、伊豆諸島で合宿を行いました。
たくさんあるプロトの意見交換会も兼ねていたのですが、結果的にはある意味予想通りの釣りをし続けるという合宿になりました。
私高田はマレーシアから帰ってきた翌日。
荷ほどきする暇もなく伊豆…

続きを読む

東北ロックフィッシュレポート-木村紘大

こんにちは。木村紘大です!
マサさんと東北の地磯へロックフィッシュを釣りに行ってきましたのでレポートします。
今回のターゲットはベッコウゾイとアイナメ。現地では宮城のエキスパートアングラー「さんぺー」さんにガイドして頂きました。
さんぺーさんと合流し海況を伺うと、前日からウネリが入っておりコンディショ…

続きを読む