プロフィール

ザキミヤ

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:59
  • 昨日のアクセス:37
  • 総アクセス数:324698

QRコード

ジョインテッドクロー178


前回のネコソギXXXに続き

インプレとはちょっと趣向を変えまして。

マニアックな視点でこのルアーを掘り下げます。



もう 能書きはいらない。


それでも書く!笑


過去に2度。

fimoからオリカラが発売になったJOINTED CLAW 178。


jvrgnje3z7o9onmuvr33_480_480-f74b0390.jpg
fimoカラーのCHモヒートとロッサクラウンに新さん監修のホイップベリー。


fimo10周年記念で発売の際は

邪道の新さん監修のカラーもリリース。


シーバスシーンにビッグベイトを根付かせ

1ジャンルを築いた、キーマンならぬ「キールアー」


今更御託を並べることが烏滸がましい程

名実共に認知された逸品。

JOINTED CLAW 178にはワタシも思い入れがあります。


j69kbyx9dtxa8w68f92o_480_480-5d03a598.jpg
シーバスにもテキメンの威力。ビッグベイト入門用としてもオススメ。


私見を混ぜながらログを書いていきます。



改めて JOINTED CLAW


このリップレスルアー「鮎邪・ジョインテッドクロー」は、既存のルアーには存在しない、と言うよりも「出すことのできなかった」、S字の軌道を描くアクションをただ巻くだけで演出します。
(ガンクラフトHPより一部抜粋)


75agmpxuzif7992cajyh_480_480-bd666e8f.jpg
岐阜県海津市のふるさと納税。返礼品にジョインテッドクローが。


和歌山に本社を置くのルアーメーカー。


2019年には発売15周年を迎えたという元祖S字系。

そこから3年経った2022年現在。

18周年。

もうそんなになりますか…
当時生まれた子が大人の階段登る頃 笑
そりゃ年もとるはずですわ!涙


ロングセラーまっしぐら。


発売当初の衝撃は『革命』だったんじゃないですかね。

バスがどこからともなくワラワラ湧いてくるあの映像。


re8px65ej4rubipxh2pi_480_480-34bf2603.jpg
パッケージ裏面のキラーワード。当時、強烈なインパクトは度肝を抜きました。


動画を観た人達を異次元へ引きズリ込む。

虜になったアングラー、数知れず。

ワタシもそれに漏れずここにおります。



シーバス×JOINTED CLAW


本題に参ります。


元祖S字系ビッグベイト

通称「ジョイクロ」

ネットでは検索にかこつけて「女医黒」など。


バス界は基より、シーバス界でも不動の人気。


fimoがオリカラを発売したジョイクロ。


evhr4937wj48jiwtu2au_480_480-472cf732.jpg
たしか「お一人様1個まで」。それだけ注目度の高さが伺えました。


モデルは【178】

サイズ:178mm 
タイプ:フローティング
重さ:2ozクラス(約54g) 
リング:4番 
フック:フロント1番、リヤ2番


fimoオリカラはソルト仕様。

フックはカルティバST-46が純正になります。


ワタシが178を使い始めた頃は

まだエイムスのソルトモデルが無くて

バス仕様のオリジナル178を使ってましたね。


フックはオリジナルの純正カルティバST-36BCから

1ランク上の強度にあたるカルティバST46、ガマSPMHに交換。


p66ywu4bm55jnut7poky_480_480-95ee4636.jpg
fimoオリカラの純正はST-46。fimoフックならMHが同クラス。


カルティバの特徴は伸びる。ガマは折れる。

刺さりはガマ推しですけども、魚との綱引きにおいて

カルティバのSTはポキッとならない分、粘る感覚があります。


ST-46がデフォルメで付くfimoオリカラは

そのまま純正を使って、ダメになったら

fimoフックへ交換する予定です。


番手はフロントをMH1番、リヤMH2番。

もしくは、フロントにH1番、リヤH2番と使い分けています。


お馴染みのフォルム。


c5km54jvouaihmhhg4t2_480_480-0c3abe62.jpg
S字を描くためのテール。別売りのテールはカラーリングも豊富ですね。


・リップレス
・2連結(2ジョイント)
・フラットサイド
・尾ビレを模したエストラーマテール


アクションは伝家の宝刀。

これぞS字!という教科書的な映像です。



動画を観ながら白飯が食えます。人の食性までもが向上。


このS字軌道はシーバスにも効果絶大でした。



フローティングかぁ…


ジョイクロにはfimoだけでなく

shopカラーや問屋カラー、コラボカラーなど。

尋常じゃないくらいの様々なオリカラが存在します。

そのほとんどが、バス界隈でのリリース。


b3rczea6jp45sgnm8tsd_480_480-87e35330.jpg
マグナムは「F」も「S」も好んで使います。178は…


この場合、だいたいのオリカラは

フローティングのみ販売されることが多いんです。

そこが悲しみ。。


ワタシ、178のフローティングは使わなくて… 汗


理由がいくつかあるんですが

178のフローティングはレンジキープが難しいこと。

水を噛むまでにタイムラグができること。

水噛み後は割りとレンジが入ること。


m6w3yfc8mgtv67rnumsc_480_480-cca9ecd0.jpg
fimoオリカラはフローティングのみ。ウエイト貼らねば。


レンジが入ること自体は悪くはないんですが

そこへの出し入れがアングラー主導ではなくなり

178次第になってしまうんです。


それだとリップが無いジョイクロは

レンジが安定せず、挙動を見失いがち。

シンプルに言うと使いづらいんですよね。



TYPE 15-SS』


178には数種類の「TYPE」が展開されています。


シーバス用として販売されているのは2種類。

・フローティング
・シンキング


バス用での展開は現行が2種類。廃盤が2種類。

・フローティング
15-SS
・20-SS ※廃盤
・25-SS ※廃盤


ワタシは「15-SS」を好んで使っています。

178は水に同調させいんです。面倒くさい拘り。


xrvxbgpns8txw92dtd3b-e0ce4d83.jpg「15-SS」とは淡水水温15℃でスローシンキングの意味ですね。


ワタシが淡水域での使用という点も一理ありますが

長年のトライ&エラーで泣かされ続けたことで

今では淡水、汽水、稀の海水でも

塩分比重と水馴染み感触を自己消化。

178のコントロールに不安を感じることが無くなりました。


フローティングはフローティングペンシル

15-SS」はシンキングペンシル

そんな風にも捉えてます。


もし3回目の発売があるのなら。

15-SS」を検討お願いします本部様 爆


ザキミヤごときが!ぺっ!
が、オチ。


zyay5a84e9r9tfj5s55s_480_480-4cb4d9ea.jpg


それは無いにしても

「シンキング」の選択肢もあると

より多くのエリアで釣りの幅が広がりそうです。



ビッグベイトはもう大きくない


178。

そのポテンシャルは今も尚。


ビッグベイトはオールシーズン使う方もいれば

スポット的にお使いの方もいらっしゃると思います。


落鮎やコノシロ、ベイトサイズが大きくなる時期は

特に出番が多くなる類いのルアーではあります。


grwk8htrw7h2igoc964e_480_480-90cdd9bd.jpg
2点式ジョイントは下半身のロール抑制に貢献してると思われます。


フィールドも様々なシチュエーションがある中

流れを側面へ当てた時に際立つ「強さ」

良い思いをされたアングラーは多いことでしょう。


タックルの充実も大きな追い風。

敷居は低くなり

苦手意識や抵抗感もだいぶ払拭されてるなと感じます。


現在のシーバスシーンは

ジャイアントベイトに一躍脚光。


今となっては

ビッグベイトは「大きくない」

そう言われるまでになりました。


それだけ、2ozクラスが成熟した証拠なのかもしれません。


9gkbodczxjikcgyzgh49_480_480-93888a5b.jpg
モデルごとに特性がある。単なるサイズ違いではないんです。


〝178はフィネス〟

「食わせの切り札」的扱いでもおかしくはない 笑


そんな過渡期を迎えるビッグベイトですが

このビッグベイトでの経験は

ジャイアントベイトに大きく影響する


最近特にそう思います。


メンタル的な部分が大半を占めるんですけども 笑



意のままに操るために 


水面、水中でルアーがどうなっているか。

そのイメージと実態の整合性。


muxc63r6nwe6oytdztpj_480_480-930896b4.jpg
イメージを具現化。そのためにも特性を深く知る必要があります。


アングラーの意図がルアーに入力できているか。

その解析度が限りなくリンクしていなければ

制御不能なじゃじゃ馬を投げているだけ。


ワタシはそう考えてるんです。


178はロッド操作にも反応するビッグベイトです。

でも一番の真骨頂はドリフトでの流し。これがS級。


そこがワタシの基礎。 

178にはその基礎が詰まってます。


ビッグベイトは古い。
時代はジャイアントベイト。

これ、本末転倒に陥る大きな落とし穴。


ここから始まった系譜。


fzvt65ygxfi7kata6xtd_480_480-ef4cec43.jpg
ワタシにとって唯一無二。お手元の178が活躍できますように。


178は一つの原点であり、現点でもあります。

〝Sの血脈〟

これからも色褪せないんでしょうね。


             フィールドモニター ザキミヤ 

コメントを見る