プロフィール

ザキミヤ

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/11 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:47
  • 昨日のアクセス:79
  • 総アクセス数:349732

QRコード

ハイシーズンに推したいfimoカラー達          【スラムドッグモンスター】

10月は大会、遠征と色々。
あっという間に過ぎていきました。
ちょっと体が追いついていない感もあるのですが
ハイシーズン、ムチ打ちたい秋の夜長です。
ビッグペンシルの威力
前回は
ペニーサックモッカが推しなんです!と書きました。
今回、2つ目の推しを。
サイズは145mm。ウエイトが40gのミドルクラスペンシルです。…

続きを読む

ワタシの知らないリペイントの世界

趣くまま。感じるまま。
カラーリング一つで
変わる世界がある。
異端にして破壊者
カラー概念がぶっ壊れた2022年。
きっかけはやっぱり
毒々しいカラー。ヤドクガエル。好き嫌いが分かれそうなカラー…駄菓子菓子。
fimoオリカラで登場したLEVARETT。
ファンキーで鮮やか。
ベイトパターンを完全に置き去りにする奇抜さは

続きを読む

博多湾ビッグベイトシーバスバトル2022に参加しました

10月8日、博多
10月8日~9日にかけて開催された
博多湾ビッグベイトシーバスバトル2022
ビッグベイト、ジャイアントベイトの最先端に触れる注目の大会です。
発起人である山浦さん(fimoではぴーやまーんさん)と
大会運営の皆さんにより今回で3回目を迎えた大会でした。
大会名にもあります通り
ビッグベイト、ジャイアント…

続きを読む

ハイシーズンに推したいfimoカラー達          【ペニーサックMOKKA】

あと3ヵ月もせずに今年が終わります。
年を取ると時間の進みが早く感じるなんて聞きますけど
ホントですね。。
我が人生。
あと何回秋のハイシーズンを味わえるんだろうか…
哀愁漂っちゃってますわ 笑
ペニーサックMOKKA
さて
今年も沢山のfimoカラーを纏ったルアー達。
続々とリリースされ、まだその渦中にあります。
ち…

続きを読む

ネズミルアーでスズキ釣り

ルアーフィッシングとは面白いもので
多種多様な色、形状の疑似餌が存在します。
○○用という垣根を取っ払ってみると
選択肢は無限に拡がり
これまで味わえなかったような
体験、感動を得られる…こともありますね。
ここ2、3年。
ごくごく最近ではありますけど
『イロモノ系』をよく使うようになりました。
トリガーはマグ…

続きを読む

川鱸の神器〝BMC〟

水量が減るもまだ増水の余韻をどことなく感じ。
この様子だと今晩までやろなぁ。
見切りをつけるためにも参じました。
出鼻を挫く
1日で変わってしまう河川。
さぁどうなることやら。
先発は前回デイゲームで火を吹いたカゲロウ124F。
使えば使うほど。凄まじいポテンシャルを見せつけられます。そりゃ人気だわ。
やっぱり…

続きを読む

トップに出ない!?水面直下もアツかった!

トップでドンパチ祭りの後。
暑い。とにかく暑い。日本の夏。。クーラーの効いた部屋が恋しい。
日が昇り
それまでの賑わいは鳴りを潜め 笑
水面に平穏が訪れました。
増水の恩恵を余すこと無く
トップに出ないとは言え
河川状況はやはり良いんです。
「水面に出らん」となれば、レンジを入れよう。
最近、突き詰めてるカ…

続きを読む

水面ドンパチ!トップウォーターがアツい!

あまりにも早すぎる
想定外の梅雨幕切れ。
梅雨明け予測は7月上旬でしたが…自然には逆らえません。
マジかぁー…
悲観しているところに線状降水帯の発生。
河川状況を吟味。無茶はイカン。
1日寝かせたタイミングで出撃して参りました。
年に1回 「あるか」「ないか」 
前日まで暴れ狂っていた河川は
冷静さを取り戻し、幾…

続きを読む

宮崎の川鱸スタイル

梅雨の合間に地元釣行へ行ってきました。
まさか次の日に梅雨明けになろうとは…
釣行記を交えつつ書いて参ります。
バイブレーションは使わない
これはちょっとした流儀。
こんな激流にバイブレーション…どうも美しくない。。と感じてしまう。
バイブレーションは釣れますし、いいルアーです。
これはこれでワタシも好きな…

続きを読む

【鱸釣り×ambassadeur】last vol.

あとがき
3回に分けて書いてきまして
主に使用感に関する内容となりました。
わざわざ
カスタムするなら。
チューニングするなら。
はじめから国産ハイエンドの方が良かろう。
既に「出来上がってる状態」ですしね。
コストや手間を考えるとそうなのかもしれません。
ambassadeurに精通する大先輩が一言。
滑る純正ドラグ…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ