プロフィール

ザキミヤ

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:18
  • 昨日のアクセス:144
  • 総アクセス数:332799

QRコード

川鱸の神器〝BMC〟

水量が減るもまだ増水の余韻をどことなく感じ。
この様子だと今晩までやろなぁ。
見切りをつけるためにも参じました。
出鼻を挫く
1日で変わってしまう河川。
さぁどうなることやら。
先発は前回デイゲームで火を吹いたカゲロウ124F。
使えば使うほど。凄まじいポテンシャルを見せつけられます。そりゃ人気だわ。
やっぱり…

続きを読む

トップに出ない!?水面直下もアツかった!

トップでドンパチ祭りの後。
暑い。とにかく暑い。日本の夏。。クーラーの効いた部屋が恋しい。
日が昇り
それまでの賑わいは鳴りを潜め 笑
水面に平穏が訪れました。
増水の恩恵を余すこと無く
トップに出ないとは言え
河川状況はやはり良いんです。
「水面に出らん」となれば、レンジを入れよう。
最近、突き詰めてるカ…

続きを読む

水面ドンパチ!トップウォーターがアツい!

あまりにも早すぎる
想定外の梅雨幕切れ。
梅雨明け予測は7月上旬でしたが…自然には逆らえません。
マジかぁー…
悲観しているところに線状降水帯の発生。
河川状況を吟味。無茶はイカン。
1日寝かせたタイミングで出撃して参りました。
年に1回 「あるか」「ないか」 
前日まで暴れ狂っていた河川は
冷静さを取り戻し、幾…

続きを読む

宮崎の川鱸スタイル

梅雨の合間に地元釣行へ行ってきました。
まさか次の日に梅雨明けになろうとは…
釣行記を交えつつ書いて参ります。
バイブレーションは使わない
これはちょっとした流儀。
こんな激流にバイブレーション…どうも美しくない。。と感じてしまう。
バイブレーションは釣れますし、いいルアーです。
これはこれでワタシも好きな…

続きを読む

避けてきたカゲロウ124F

騒ぐ天邪鬼
反骨心。
これ以上も、以下もありません。
「カゲロウは釣れる」
近年、類をみない人気と実力を誇るシャローランナー。
世間も周囲もワタシも。
多くのアングラーにそう認識されている
傑作ルアーの一つじゃないでしょうか。
「釣れる 釣れる」
そんな話を聞くたびに、感心する一方で
それしか投げない。結局そ…

続きを読む

【川鱸:5月】動の釣りと静の釣り

河川淡水域での鱸釣り。
ブログタグ「シーズントレース」から
川鱸にフォーカスした内容を纏めております。
メインベイトも【鮎】に限定しています。
今回は稚鮎シーズン→鮎成魚に移行していく過程で
心掛けていることを書いていこうと思います。
稚鮎からのステップアップ
5月。束の間の雨も焼け石に水。
再び渇水に逆戻…

続きを読む

チョコが溶けたら〝トップの季節〟

アメリカから一時帰国したという方から
びっしり英語表記のお菓子をもらう。
やわらかい スニッカーズ。
既にやわらかい。キャラメルの弾力を感じるこの質感。ベッタベタでした。
この日は暖かったなぁ。
中毒性に酔いしれる
気温上昇!水量増加!
自然条件も後押ししてくれるこの時期。
ベイトも活発になり、鱸の活性も上…

続きを読む

【川鱸:4月】桜前線は稚鮎前線

河川淡水域での鱸釣り。
ブログタグ「シーズントレース」から
川鱸にフォーカスした内容を纏めております。
メインベイトも【鮎】に限定しています。
今回は稚鮎シーズンの狙い方について
ワタシの独断と偏見を書いてみます。
桜の開花は遡上の合図
4月も後半ですか…
このログを前半くらいに書ければ良かったのですが
週末…

続きを読む

【川鱸:3月】稚鮎 lock on

河川淡水域での鱸釣り。
前回のブログタグ「シーズントレース」から
川鱸にフォーカスした内容を纏めております。
メインベイトも【鮎】に限定しています。
今回は春の稚鮎シーズンについて書いてみます。
次世代の行方
鮎の生態に関する資料を見てみますと
生後2週間~3週間で孵化するんだそうです。
産卵後、腹部が弛ん…

続きを読む

不毛地帯に土嚢あり

まだまだ寒うございます。
暑がり寒がりにつき、今の時期はどうも腰が重くて。
シーズンインは3月と決めているものの。
(4月まで延ばすこと多々あり)
ちょっとだけ下見に行ってきました。
極寒の中流域
釣り場まで1時間半。
暖まった車内。
ガソリン代がエグい。エアコンはつけず暖房の送風。長距離なら十分です。。
到着…

続きを読む