プロフィール

ザキミヤ

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:0
  • 昨日のアクセス:64
  • 総アクセス数:480382

QRコード

期待の新星 リバード120S



パズデザインの新作

 
サポート頂いているパズデザインから

シンキングペンシルのリバード120Sが発売。

wudmw8k3ejry8iknbdvr_480_480-9a99024d.jpg
新星現る。

新たな一手を探していた矢先

120Sの吉報に期待を寄せました。


この120S。
パズデザインが4つのログを上げていました。
(あと2話くらい続編がありそうな…)


【短期連載】リバード120S完成までの道 その①

【短期連載】リバード120S完成までの道 その②

【短期連載】リバード120S完成までの道 その③

【短期連載】リバード120S完成までの道 その④


開発の裏側からフックセッティングの話など

リバードの生い立ちが垣間見得て面白かったですし

残りの談話も楽しみにしているところです。



リバード120Sを知る

 
120mm 28gのシンキングペンシル。

857rejd9ddo3usryi568_480_480-76f3601a.jpg
水中での存在感は90Sを超えるだろう。

印象は程好いボリューム感。

シンキングペンシルにしては

やや前寄りの重心設定でウエイトは固定式。

それでも飛距離は確保することができます。


アクションはフックセッティングで変化を見せます。

純正はRB-MHクラスの#4番✕2フック。


一般的なテールスイングアクションではなく

90Sから踏襲する得意のワイドスラロームは健在。

sjypzpr5f7otxfw5snbw_480_480-fcba783c.jpg
自分の好きなアクション、最適なセッティング探し。という楽しみ方も。

私は思うところがあり、次の3タイプを使用中です。

①#4番(fimoフックRB-MH)✕2フック
②#4番(fimoフックSP-MH)✕2フック
③フロント#3番+リヤ#4番(共にfimoフックRB-MH)

①→純正との違いは分からず。おそらく変わらず。
②→僅かにタイトスラロームになる印象。
③→ボディが倒れ込み、ヒラ打ちが見られます。
(①~③の解析度は「そんな気がする」程度です)


そして今回使用した状況は「河川淡水域急流」

①淡水であること
②流速のあるエリア
③PE3号+ナイロン30lb


この条件下での率直な感想は

「結構レンジが入る」でした。


リバード120Sの潜行レンジは50~120cm。

海水に比べ、浮力が低い淡水では割りとストンと落ちます。

dyn28a8t245x6mu2irgv_480_480-e83d7ee6.jpg
テンションフリーでは頭から沈んでいく。

そこを「流れ」「ラインテンション」
「ティップポジション」によりレンジ調整しました。


使っていくと次第に

はじめは「少し重いな」と感じていた重量も

このウエイトをもって急流に食らいついてるんだろうと。


そのお陰で、河川の太く速い流れでも

あっという間に流されてしまうことはなく

じっくりトレースすることが可能でした。


ただし

1m以浅のシャローや流れが緩やかな流域では

シビアな使用感になることを付け加えておきます。



魚を連れてきた〝Return Bard〟


パッケージを見て今更ながら。

kr7ibb4utf42ves7duyc_480_480-67dc0300.jpg
パッケージ台紙。小粋なネーミング。

リバードは〝Return Bard〟の略なんだと知りました。


発売がGWに間に合うナイスタイミング。

短期間ながら、3本の魚を連れてきたウチの小鳥たち。


一本目

リバード120S「マットハルク」
フロント#3番+リヤ#4番(共にfimoフックRB-MH)

ojd3yw4buhm92x96hg53_480_480-150c6439.jpg
4月は魚に触れられず。GW突入後、待望の釣果。

流芯が走る対岸際をアップストリームからのドリフト。

ラインを流れに掴ませ、送り込んだ反転流でバイト。


二本目

リバード120S「S・G・R」
#4番(fimoフックRB-MH)✕2フック

upghphrz3buszecdbf3c_480_480-bbcd87ef.jpg
稚鮎も確認でき、河川状況も上向きに。

対岸の淀みからのスタート。

手前を横切る流芯に差し掛かった直前のヨレで一撃。


三本目

リバード120S「S・G・R」
#4番(fimoフックRB-MH)✕2フック

63unyaegfbvfde3f5k2i_480_480-1c9807ce.jpg
ラインコントロールでレンジを中層に合わせる。

地形変化による川底から湧き上がる上昇流のピン。

そこへ120Sを乗っけるイメージで漂わせてのヒット。


意識したのは流れを味方につけた

スイートスポットへのアプローチ。


あとはリバードの〝十八番〟スラローム芸当。

自らアピールしバイトを誘発してくれたように感じます。

46ckb4jna5tfdeaccgor_480_480-11e3b467.jpg
リバードの特徴の一つ、キール。

まだまだ使い始めたばかり。

これから理解できることもあるでしょう。


ただ、個人的には新たな解釈が生まれ

リバードというルアーの懐をより知りたいと感じた釣行でした。








コメントを見る