プロフィール

トランスセンデンス

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:150
  • 昨日のアクセス:245
  • 総アクセス数:370412

QRコード

対モンスター用パックロッドで100kg越えの超巨大海水エイに挑む

こんにちは!怪魚ハンター山根兄弟(兄)です。
数年来、ずっと挑戦してみたかったマダラエイ釣りにチャレンジしてきました!

fo32vpbh5igc8iy7fws4_480_480-7b9a3f11.jpg
使用したパックロッドは、ラウラウ8.5 GTBというモデルのベイトロッドです。
主に、海外の超大型淡水魚をターゲットにしたブッコミ釣り用の竿でして…端的に言えばとってもマニアックなロッドです。
※申し訳ございません。この竿は現在生産しておりません…。

3d7pbsx6p7kpdpofyoeu_480_480-88a0db7e.jpg
アリゲーターガーやヨーロッパオオナマズ、ピライーバやナイルパーチなどが対象魚となってくるのですが、これらの魚は状況によって、陸から釣ったりボートから釣ったりと色々です。

o4nvmkvhzkherjkih7vx_480_480-d5d1b488.jpg

活き餌を付けたフロート仕掛けだったり、1kg以上の肉塊を餌にしたり、時にロングキャストが必要だったりと、超大型淡水魚釣りは、どんな釣り方になるか行ってみないと分からないことが多く、そんな釣行をする場合は汎用性の高い竿が必要不可欠です。

bb9jvcgosfg5rbbhw99h_480_480-0504fbbc.jpg

釣り場の状況が確約されていないような遠征の際に、8.5ftという長さがとても便利で優れた長さになってきます。
ロッドの強さは申し分なく、300cm近いチョウザメともやり合える復元力の強さと粘り強さがあります。

937tk6pez684of83a5mj_480_480-986c3b70.jpg

確かにマニアックな竿ですが、いざブッコミ釣りに使うとなれば非常に優れた1本で、個人的にですが、いつかリメイクして再販したいなと思ってる大好きな竿です。

今回は、そんな大好きなラウラウ85GTBを相棒に据えて、最大で150kgを超えるとも言われるマダラエイ釣りにチャレンジしてきました。

j4vfsfzn98dczz8miovw_480_480-db82a142.jpg

何年も前から日本でも巨大なエイが釣れることは知っていて、友人や知人たちの釣果写真を見るたびに、いつか挑戦したいなーって思っていた対象魚です。

僕なりに、マダラエイについて予習をさせていただき、運よくヒットしたら確実にランディングできることを優先して場所やタックルを組んでみました。

ある程度、自由に走らせることができる広い場所であれば、ドラグを上手く使いながら、釣り竿とリールでもキャッチできると考えて場所を探しました。
勿論、ランディングのことも踏まえてスロープが隣接することは絶対条件です。
地図アプリを使って、色んな島の漁港を見て回り、候補をいくつかピックアップしました。

b57av67xxsjwuorj9sr8_480_480-4b008d9c.jpg

ラウラウ8.5GTBに合わせる両軸リールはタリカ20Ⅱなどを選びました。
メインラインはPE12号を200m、リーダーにナイロン100号を約5m程付けて、誘導式オモリ50号、ハリスはナイロン80号、フックは菅ムロ30号を使用しました。

6rcda6t25d57x2wirfta_480_480-db1657c5.jpg

餌としては、来島する期間に悪天候が予想されていたので本土でアジやニシンを購入し、直前の釣行で沢山釣れたカマスも持ち込みました。
持ち込んだ餌の他に、夕方にサビキ釣りで釣れたベラやスズメダイなども餌として確保することができました。
簡単には釣れないだろうと思ってたムロアジやサバは、案の定1匹も釣れませんでした(笑)。

マダラエイは夜行性とのことで、日中はダイビングを楽しみ、夜は巨大エイにチャレンジです。

初日の夜は何も起こらず朝を迎え、二日目の日中は悪天候だったこともあり、ホテルでゆっくりして体力と精神力の回復に努めました。

jhxft5f93hnsjnfi8vya_480_480-3c8f32fc.jpg

夕方、餌の確保も兼ねてサビキ釣りや小物釣りを楽しみ、夜は再びスロープがある漁港にやってきました。

tmbvwz4ea4um2ijr97iu_480_480-7407a41d.jpg

何度か餌を付け替え、夕食のお弁当を食べ終えた頃、魚のヒットを知らせるバイトアラームが鳴りました!

ファーストランは8kg程度のドラグで対応しようと考えていましたが、全然止まらないので止む無く、レバードラグをフルまで入れ込み、竿を取られないように必死で耐えました。

jy3zrniiseii3tag9j35_480_480-c9e1633d.jpg

僕の体力では、20kg近くドラグを掛けた状態でスタンディングでラウラウ85GTBをフルベンドすることはできませんでしたが、座ってでも必死で曲げられるだけ曲げて耐えていると、エイが直進をやめて右に旋回をはじめました。

3bj2hzs5fk2r7hotrufr_480_480-8e804411.jpg

ここからは、ラウラウ85GTBの強い復元力のおかげで少しずつポンピングによって巨大エイを寄せてくることができました。
ファイトタイムは1時間30分程かかってしまいましたが、何とか最後はスロープで巨大なマダラエイと一緒に写真を撮ることができました。

e25o75bbotvoae3asmuv_480_480-e8f4e20a.jpg

足元の海底に張り付かれた際に、さすがに折れるかも…と不安になった場面もありましたが、100kg前後はあろう、今回のマダラエイを相手にしても折れることはありませんでした。
やっぱ、ラウラウ85GTB!頼りになります!

今回の巨大マダラエイとの死闘は、怪魚ハンター山根兄弟の公式YouTubeチャンネルで配信しています。



 

コメントを見る