アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:47
  • 昨日のアクセス:800
  • 総アクセス数:17029590

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/6 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (13)

2011年10月 (9)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (5)

2001年 1月 (3)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

今年の社員研修




今年の全社イベントはサバイバルゲームを実施。

fimoやBlueBlue、脱臭事業、メディカル事業などなど全社員が参加するイベント。

社員のみんなの日頃の労をねぎらうと言うことで、忘年会とこの夏イベントは社長と経営管理部が主催という形を取っている。





このイベントは社員に家族の参加をお願いしている。

理由は一つ、自分たちのビジネスが一人でやっていることではないことを知って欲しいから。

普段は一人一人が責任を背負い、会社の営利活動をしているわけだけど、その一人一人の活動の積み重ねが、これだけの大人数の家族の生活を支えているのだ、ということを実感してもらいたいから。

もう一つ、おまけとして、日頃から指導者や管理者の立場をやっている上司達も、家族が来ればいわゆるパパを頑張っているわけであり、そういう人間味も知って欲しいから。




集まって何をやるのか、という点については毎年変えていて、むしろ集まってもらうための面白そうな企画を考えてやっている。

ということで、今年は初めてサバゲーってものをやってみた。




個人的にはサバゲーは未経験。

性格的に絶対に面白いというのはわかっているけど、そうはいってもあまり物騒なことも好きではなく、今まではそれといった縁も無かったのでやったことがなかった。

で、今回はどうせやるなら、ということで研修の内容をしっかりと練り込む。




BlueBlueは館山工場の操業中に、館山湾内に第3国が強襲上陸してきて、その戦闘に巻き込まれた場合を想定した訓練。
rxazk3nuua8r2vshn873_480_480-6d048c5d.jpg


脱臭装置チームは、ある日、ビルの屋上のダクト内で脱臭装置の設置をして作業が終わって出てきたら、ビル全体がテロリストに占拠されていた時の対処法という、どこかの映画のような話。
uhpthdscsz6sryapfrwz_480_480-1dcc15df.jpg



fimoチームの映像班は、海外遠征の取材中に戦闘に巻き込まれ、謎の大使館員にその戦闘の記録を頼まれて、戦争カメラマンとして働かなくてはいけなくなった場合を想定。
rc8rpkrj8iadms8isnnc_480_480-5d91bf11.jpg



そんな状況あるわけねーだろ、とか、どうやって武器を入手すんだよ、とか、ほぼ全員が思っていたようだが、昔の人はいいことを言っている。





備えあれば憂い無し












z6rhscfphnrfnef29u47_480_480-580e865f.jpg

ということで戦闘開始。



作戦会議はみっちりと行う。
9nwivkmasxhcxkobpc2t_480_480-cb8ed5b3.jpg
優勝賞金は当局に怒られるので書かないが、やりがいのあるもの。



入社したばかりの秋田から来た芳賀俊太郎は、いわゆる経験者。
zvcyu7frkauoar7a6934_480_480-a6cfee16.jpg
隠れ方、敵の見つけ方、別格でした。


フィールドは千葉県白井市のこんなフィールド。
ybs26p7ja9jvasz7psgh_480_480-f79f4fbe.jpg



子供達は参加しないので、プールで遊ぶ。
zyzn8jkt5fkaojxx8gh2_480_480-77d6a717.jpg
終わった後のバーベキューは全員で。






女子社員も果敢に戦闘。
ybf9aweyfctthdzkddo3_480_480-d7c3d308.jpg

ほとんどの社員が初体験だが、みんないい笑顔で。
v5ri6cwhso35fz8a2u6f_480_480-d259ba2c.jpg



BlueBlue青皇帝はなかなかサマになっていた。
7gyupsbgzjg63749tawv_480_480-e94a7c8e.jpg


脱臭装置班はかなりマジ(笑)
pchpgbcibeojdyp3ot5d_480_480-d7eb5a23.jpg


イベントには毎回シャツを作成して、全社員に配布している。
u26yk4ddhmtahjydeyj9_480_480-64724422.jpg



たつろーは外人にもよく間違えられるが、こういうのも似合う。
m426wm6kh6dx7evspjav_480_480-a96d819a.jpg




fimoリーダー杉原も果敢に闘っていた。
o36f2xwu4nzp4sjec8f5_480_480-b60b35a9.jpg


そんなこんなでみんなで楽しんだ。

休日返上で集まってくれた社員に感謝。
247bdsu599sardpw62oy_480_480-ff7a32a9.jpg







俺もサバゲーをやってみて思ったのは意外と面白い、ということと、平和って良いなって思ったこと。



これをやったのが8月8日。

広島や長崎の話、戦争の話が飛び交う時期だけに、複雑な思いでブッシュに身を伏せていた。

70年前、実弾の銃を構えて、同じように草木の中に隠れて敵と戦っていた先人がいる。

70年後、遊びでそれをやっている俺たちがいる。

それをけしからんとは思わない。

擬似でも戦闘を体験をすることで、先人達の戦争はいけない、という考えもより切実に感じることができる様になるからだ。




今の時代、戦争は嫌いと感情論で戦争反対と叫ぶ人が多いように思うけど、俺個人としてはそうはなりたくはない。

戦争を知り、国家を知り、歴史を知り、法律を知り、人間を知る。

その上で戦争はあってはならないと思えるようになりたい。

そんなことを思いながらの個人成績8位でした。



 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ