アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:267
  • 昨日のアクセス:512
  • 総アクセス数:17055468

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (13)

2011年10月 (9)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (5)

2001年 1月 (3)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

9月16日   神々しい何か

- Stage16 - ~ 2004年9月 スイス出張2004 ~
 
 
 
 
 
自由って何だろうって思う。
 
今の日本は気をつけないと不自由な自由に陥りやすい。
 
選択肢を提示され、どれを選ぶのもあなたの自由ですよ、と。
 
しかし、選択肢を提示されている時点で不自由だと気付くべきだ。
 
ファミレスのAs you likeで、選んでいるつもりの日本人。
 
就職誌で職探しして、自分の人生を自分で選んでいるつもりの日本人。
 
 
 
それは自由ではない。選ばされているだけだ。
 
選択肢の数が無限にある。それこそが自由なのだ。
 
 
 
しかし、到底そんなものは世界中のどこに住もうとあるわけはないと気付くだろう。
 
人は死ぬまで自由にはなれないのだ。
 
喪失感の中でふと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年で6回目を迎えたスイス出張。
 
今回は自分たちのビジネスを強く推進してくれる各地のエージェントをご招待しての旅。
 
今までの海外出張の様な挑んでいくものとは少し違う。
 
いわば関係の強化、そして更なる発展を願う旅。
 
 
 
 
 
 
 
スイス中央にあるルッツェルンの街並みは今日も美しかった。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
早朝は釣り好きな人を誘って釣り。
 
スイスは完全なライセンス制度なので、下手すると両手を後ろに回されてしまう。
 
釣り人に色々と聞きながら、なんとか慣れない英語で湖のアウトレットの橋の上ならライセンスが無くてもいいと
 
聞いた。しかし、危ないのでルアーやスプーンのキャストは禁止なんだそうだ。
 
ということで、他の地元のおっさん達に混じる感じで、置き竿。
 
ウグイの小さなものを釣って、それを泳がせでパイクやマス類を狙えるそうだ。
 

 
 
 
 
事実、最終日の朝は地元の中華系のおっさんが、それで見事にパイクを仕留めていた。
 
日本チームはウグイすら釣れなくて完敗。
 
 
 
 
 
 
 
表敬訪問や歓迎パーティーなどメインの、僕にとっては最も気の疲れるイベントが毎日のように過ぎていく。
 
その最中に出会った日本人の女の子とメールアドレスを交換してくれと頼まれる。
 
スイスで会う女の子に、しかもスイスには今後も来ることがある、とわかった途端に彼女らの目は輝きを増す。
 
日本ではあり得ないほどにもてるのだ。
 
 
 
きっと日本からの買い出しを期待してのことか。
 
事実、今回の僕のスーツケースの中身は煎餅や海苔や味噌などがたっぷりと入っていたように。
 
まあ遠い国だ。
 
知らない、気付かない方が幸せなこともある。
 
素直にぬか喜びしていよう。
 
 
 
 
 
5日目に昨年に訪れたグリンデルワルドへ。
 
スイスを象徴する一つのこの景色をぜひ見てほしかった。
 
しかも今回は勝手がわかるので、宿は街ではなく、最も標高の高いところ。
 

 
 
グリンデルワルドから45分。標高2061mのシャイデックへ。
 
新田次郎の遺品が眠る記念碑があった。






 
たった一軒しかないホテル。天に刺さるアイガーを見上げる形。
 
クラシックな山小屋風の情緒あるホテルにみんな喜んでいた。
 
 
 
 
 
後はありきたりだけど、トレッキングをしたり。
 

 
 
 
 
 
 

 
 
標高が高いところで飲むビールは一瞬で酔いが回る。
 
小瓶2本でいい気分。ある意味お得だ。
 
 
 
 
 
 
 
早朝、ほんとうにゆっくりと明るくなってくるスイスの空にアイガーの影がのしかかるように存在する。
 
やがて日が差し始めた途端に、山頂に傘雲がかかり、それが光と重なって虹となる。
 
 
 

 
 
ひたすら美しい。部屋からこの眺めをずっと見ていた。
 
 
 
 
 
グリンデルワルドは雲の下。
 
今日、雲の上にあるのはたった一軒、このホテルだけ。
 
そこにヴェッターホルン、シュテックホルン、アイガー、メンヒ、ユングフラウと4000m級の山々が雲から突き出ている。
 
 

 
果たして人間がここにいて許されるのかと思うほど、神々しい何か。
 
 
 
 
 
そしてさらに上へ。
 

 
 
悠久なる時を刻む氷河が、雲の中へと流れていた。
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ