アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:260
  • 昨日のアクセス:654
  • 総アクセス数:17058943

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (13)

2011年10月 (9)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (5)

2001年 1月 (3)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

9月22日   Top of Europe その2


 - Stage12 -  Top of Europe その2



~ Top of Europeその1 ~ はこちらから

 
 
 
 
 
 
そう言えば、渡航歴もかれこれ20回以上になるし、のべ滞在日数もかなりのものになると思うのだが、いまだに雨に当たったことがない。
 
だからおかげで傘という概念がない。
 
雨は日本でしか降らないのである。
 
理屈ではそんなことないとわかっているけど、感覚ではそんな感じになってしまっている。
 
しかも、この記録、まだ続きそうだ。
 
またもや快晴の空。
 
気分良くモーニングを食べてクライネシャイデック行きの電車に飛び乗る。
 
 
 
山を駆け上がるユングフラウ鉄道。
 
こういう情緒ある写真を撮るのが好きなのだ。
 

 
 
 
 
そして1時間ほど乗ると最後の駅は
 
トップオブヨーロッパ。
 
 
 
 
 
それはすごい世界。
 

 
アレッチ氷河。何十万年も流れる時間の貴さに、記念品を投げ込んでいく人が多い。
 
ガラス瓶に便せんを入れて雪に埋める。
 
何十万年後に凍り漬けになったその瓶を遠い子孫が拾うかもしれないのだ。
 
確かにロマンはある。
 
あるが、きっと歴史は僕らの時代を環境破壊の時代と呼ぶだろう。
 
その環境破壊の一つの証拠として笑われるに違いない。
 
 
 
 
 

 
 
4158mのユングフラウをバックに
 
 
 
 
 
クレパスにびびりつつ、氷河の上を歩き回って宿へと戻った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜、久々にいい女に出会った。
 
町はずれの画廊で山の綺麗な絵を見ていた時だった。
 
後ろから「こんにちは」と話しかけられた
 
振り向くと日本人だった。
 
背がすらっと高くて、それで美人だった。
 
そこからの立ち話。
 
彼女は画家になることを目指して、やっぱり海外を歩き回っているのだそうだ。
 
2年前にスイスに来てこの画廊でずっと働きながらアルプスの山々を書き続けていると言う。
 
 
 
何だろうな。男でも女でもカッコイイ生き方してるやついるよね。
 
彼らは生き抜いてる。
 
朝起きて会社行って仕事して夜はビール飲んで、休みの日は子供と遊んで・・・これも「生きてる」
 
でもキャンプ場で出会ったやつといい、彼らは「生き抜いてる」
 
人生を生き抜いてるんだ、と思う。
 
そして自分もそうでありたい、と。
 
 
 
 
 
とっておきの美味しいチーズを出してくれる店があると盛り上がって、
 
お店を閉めて一緒に夕食を食べに行ってくれることになった。
 
 
 
 
 
アイガーの話で盛り上がった。
 
俺は今まで高尾山くらいしか登ったことないのに、あのアイガーに3mも登ったんだ、と。
 
素敵ね、と彼女は言った。
 
 
 
アイガーの背負う壮絶な歴史がなければ僕のやったことなんて無意味も同然だ。
 
だけど、彼女にも「あのアイガー」がわかるのである。
 
いい女に素敵と言われると、男はやはり嬉しい。
 
すっかり舞い上がった。
 
帰り際、バーみたいな店があったので飲み直すことに。
 
入った瞬間は良い感じだったが、レミーマルタンを頼んだところで日本人の中年のおっさん達が入ってきた。
 
するとなんと、カラオケが出てきたのである。
 
おっさんたちは大喜びで数枚しかない曲名リストにかじりつき、やがて流れてきたのが「他人酒」
 
 
 
スイスまで来て「他人酒」である
 
 
 
 
 
別に悪いことではないけど、なんかねぇ。
 
参ったな。
 
レミーを飲みながらそんな顔をしていたに違いない。
 
彼女はもっと落ち着いて飲める店があると耳打ちしてくれた。
 
そして僕たちは朝まで飲みまくったのである。
 
 
 
 
 
 
 
翌日は再度、ルッツェルンに戻ってスイスの会社と打合せ。
 
最高のリフレッシュ。体は筋肉痛だが、楽しい海外出張だった。
 
 
 
 
 
 
 
最後に長谷川恒夫が残した言葉を。
 
 
 
『山は自己表現だ。自分が一歩前へ進まなければ決して登れない。主体性がなければ何もできない。そういう意味で、落ちこぼれの子供が始めた山登りは、ぼくの青春への出発点だったのかもしれない。』
 
 
 
 
 
ものごとの真理は、山でも海でも人生でも変わらない、と思う。
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター