プロフィール

BlueTrain

茨城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:149
  • 昨日のアクセス:155
  • 総アクセス数:1247133

QRコード

サーフヒラメで釣れ無い時に考える「流れの速さ」について

  • ジャンル:ニュース

ヒラメが釣れそうな流れの速さについて


ヒラメは外海の荒々しい海にいて、流れにもまれながら暮らしているようなイメージがある。

また、荒れている時は大型のチャンスなどの言葉も聞く。

しかし、今までの経験則ではヒラメは流れが緩すぎてもキツ過ぎてもダメ。

海浜の流れについて説明しようとするとかなり大変で、波の大きさや波長の長さなども関わってくる。

もちろん全部説明はできるけど専門的過ぎて釣りブログでは書きづらい。

そこで、「潮回り」で流れの速さから時合を考えてみたい。

 

流れを考慮した実釣の例


簡単のために、満潮からの下げを考える。

設定は、朝3時頃に満潮を迎えて、日の出が5時とする。

朝4時から実釣を開始すると、サーフは中荒れくらい。

釣り人さんはこのような状況で実釣を開始し、早速いい地形の離岸流に陣取って投げる。


扇状に探りを入れてルアーチェンジを繰り返し、レンジも刻んでみて反応が無い、と、釣り人がやる事はやった状態。

この時、なぜ、朝まずめの良い地形で釣れ無いのか?と考えを巡らせると出てくるのが、「流れの速さ」になってくる。


自分の釣り方の理論では魚が釣れ無い場合に立てる仮説としてはヒラメとベイトの関係から求めていく。


1、そもそも魚が寄っていない地域だった(ベイトが寄っていない地域で釣りをしていたので大きな移動が必要)

2、その地域には魚は寄っているが、流れの速さによって釣る場所や釣りのアプローチが悪かった


1と2の判断は難しいので、遠目で初心っぽい人がヒラメを揚げたりするのを見ると、「なんであんなところでヒラメが出るんだ?地形も良くないのに。」と、これはサーフアングラーだったらよく遭遇する状況。

ということは、この時の状況は2番。

このような時に考えを巡らせるのが「流れの速さ」

この例では朝まずめの4時、下げ8分くらいではまだ潮位が高く、中荒れの状態では離岸流の流れが速すぎたのかもしれない。

そこで狙う場所を離岸流から別の場所にしてみる。

離岸流では潮位が高くて潮の流れが速くて釣れ無かった、

ということは、

・水深の浅い流れの緩い離岸流
・瀬の周り(瀬とはサーフで浅くなって白波が立つような場所)
・カケサガリ(沖から手前にかけて深くなっている場所。沖にある瀬の岸側。沖側の深くなっている場所はカケアガリ)
・潮通しの良いサンドバー(サンドバーも瀬も同じ意味)の上

等が候補に挙がってくる。

この場所はいつでも釣れるような地形と考えなくて良くて、あくまで流れの速さに対応するために選ぶ地形。


次に下げが進んで下げ止まりまで粘ったとする。

ここまでくると、瀬の上が浅すぎて立てるくらいの水深になってしまう事もある。

この時は、先ほど考えていた流れが速すぎた離岸流の流れが緩くなっている可能性がある。

こういう時は遠投して離岸流の先まで狙う。

最初から離岸流で粘り切っていれば、この時に釣れるかもしれないけど、狙って釣ったとはまた違う状態だ。


以上が中荒れ程度のサーフでの流れの考え方なんだけど、これに加えて凪バージョンもある。

凪バージョンは逆に水深を求めていくことになる。
 

ベイトと流れ速さ、地形について


ベイトを寄せる波とヒラメの居やすさはトレードオフ(あっちが下がったらこっちが上がるみたいな関係)になっていて丁度いい時がある。

これらの考え方の基本となっているのはサーフヒラメのベイトは「シラス」だから。

誰も言っていない事だし、信じることは難しいことかもしれないけれども、サーフというのはシラスのたまり場で、他のベイトはあまり考えなくてもいいくらい。

カタクチが見えなければ、大体シラスがベイトなので狙って釣っても50cm以下の事が多い。

カタクチ、セグロみたいな魚はまだまだ研究中ではあるけど、それについた大型のヒラメが出やすい地形というのは理屈としてはある。

実際何匹かは自分の狙った場所で大型のヒラメが釣れているし、シーズン前にピンを打った場所は高確率で座布団が出ている。

ただ、地形が一番大事かというとそうではなく、カタクチさえいればひざ下くらいの何も流れが無い水深に小座布団が付いていたことがあったので地形は何もベイトが見えない時の手段(シラスは見えないため)と思っておいた方がいいかもしれない。

コメントを見る