アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:199
  • 昨日のアクセス:511
  • 総アクセス数:17389553

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (13)

2011年10月 (9)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (5)

2001年 1月 (3)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area2-9  ~シーバス 東京河川 その1~

Area2 - Stage9 ~ トーキョーリバー2002ラストバトル ~






僕の中ではこの潮周りに全てを賭けてみるつもりだった。

ホントにまじめにメーターオーバーを狙いに行ったのだ。

この日はT.S.S.T.の開催日。締め切り直前まで参加するかどうか悩んだが、開会式に出ると時合いに間に合わない恐れがあった。大会にも出たかったが、自分の中ではこの1週間が最もメーターに近いと読んでいた。そんなわけで欠場を決断する。

19時には荒川のシャロー帯に入る。

まだ潮が遅い。ポイントには入ったものの、シャローに点在する根には撃たずに岸際へとキャストを続ける。

こちらは時々、40㎝程度しかなさそうなサイズのバイトがあったのみ。

15分ほど経つと、いよいよ下げ潮が流れを強めだした。

その中で、ハンマー、ドカポップ、レア、阿修羅といった面々を次々と投入していく。

しかし、超弩級の反応は無し。

50㎝程度のサイズの魚影がすごく濃く、手に負えない状態になりつつある。

サッパもイナっ子も落ちたのか、いよいよハゼパターンになっているようだった。

結局、深夜2時にロッドを止めた。50㎝級を3本程度。




************
日時:     11月4日
ターゲット:  シーバス
ポイント:    旧江戸川
************

この日は一転変わって旧江戸川に入る。


超お得意の下げパターン。9月以来のエリアなので19時頃に早めに行ったらもう先行者が。

仕方ないので、少し下流側で始める。

北風がいい感じで水面を押していたので、非常に期待したがバイトもほとんど無いまま終了。

旧江戸川はベイトの気配もかなり薄く、フッコサイズもいないようだった。かなり厳しいと判断。

この1週間は体力との闘いになる。1時に上がって早めに就寝した。




************
日時:    11月5日
ターゲット: シーバス
ポイント:   三番瀬・旧江戸川
************


この日から月曜日、仕事が始まる。



本当はこの潮周りは釣りだけに集中したいと願い、なるべく予定を入れないようにしていたが、さすがにこの年になるとそうもいかない。

先週の週末に次々と避けられない予定を入れる羽目になってしまった。

朝から打ち合わせを2件やって昼休み、マックを5分で食い込み、50分程度の仮眠を取る。

午後も次から次ぎへとやってくるお客さんの対応や問い合わせに追われ、かなり疲れた状態で仕事を終えた。

20時に会社で着替えて釣り場へと急ぐ。体がすでに重く感じていた。年のせいか、なんというか。

もう少し魚が見えていたら少しも疲労を感じないだろう程度のはず、魚が見えないことが体を重くする。

この日は三番瀬に狙いを定めてみることにした。

江戸川放水路の影響を受けるシャロー周りを重点的に狙ってみることに。

この日の潮位だと干潮時には江戸川河口が干上がってしまう。

と、なれば必ず降りてくるはずの河口域のスズキたちを待ちかまえるという作戦。

浚渫によって強引なまでに歪んだブレイクラインが作り出す、複雑な流れのエッジでいなっ子が時折水面を跳ねる。

時合いは干潮2時間前、9時頃と読んだ。

車を止めて時計を見るとすでに9時。急いでポイントへと入っていく。ポイントへ到着するまでに30分程度。

ここで携帯で東レの担当者と打ち合わせ。シーバスPEエフゼロの開発最終段階の話を全部まとめる。



ポイントについてキャスト開始。

水面を流れる風のせいで見た目には流れがあったが、もうほとんど止まりかけている。

潮が引くのが予想より早すぎた。すでに遠くなりかけている流芯めがけてフルキャストする。

アピア風神号トーキョーリバースペシャルにシーバスPE1号、そしてレアという超ぶっ飛びセッティング。

多少、向かい風気味の中でも着水点が解らないぐらい遠くへ飛んでいく。

そこから水面直下を流れに乗せながら大きなU字を書く。

3分ほどキャストした時に、もわっとした重さが。

しばらくそのままリトリーブを続け、ぐぐっと重くなったところでアワセを叩き込む。

水面でバフッと出たサイズは一見するとたいしたこと無いサイズ。

それでも前日からかなりの時間魚に見放されているので慎重にファイトする。

岸際まで歩いていってランディング。

pLV8OxyFkhehOCRryMcB-92273e6a.jpg
ちょうど60㎝ぐらい。体高がすごく高くて力強いサイズだった。




リリースしてからまたキャストを始める。

30分ほどして流れが止まってしまった。しばらくキャストを続けるも気配も無くなったのでポイントを変えることに。

せっかく歩いてきたのにまた戻るのも面倒だけど、ここの上げっぱなはいまいち苦手である。

また、東レに電話してPFD関連の話を一気にまとめ上げる。

開発着手から2年、いまだに納得がいくものができないPFDに半ばいらだちすら感じるが、レイジングウォーターをたった一人で請け負った以上、どっかで手を抜いた様なもの出したくないと思う。価格は一番高く立っていいと思ってる。最高の釣り道具を作りたいのだ。





ちょうど干潮時刻。かなり疲れが溜まっていて体が重い。

お得意なのは旧江戸川の上げっぱなか、荒川の上げ潮。どっちも狙うというのは時間的にも体力的にもきつい。

干潮時刻が23時過ぎ。

干潮になっても湾奥の川は1時間半は下流に向かって流れ続ける。だけど、ひたひたと潮が満ち始めるというその時間帯が僕の中での上げっぱなだ。

秋の大型狙いで非常に実績がある上げっぱなを取るべきか、仮眠を取るか悩んだけど、仮眠を取ることにした。

昨日の旧江戸川の生命感の無さがやっぱり気になった。

1時間ほど寝て、車を都心へと走らせる。

2時頃に荒川へと入る。

上げ潮が流芯を遡り出すと、川の流れはそれでも下に流れようと浅いシャロー帯を流れる。この時にブレイクライン上で激しく潮が混じり合い、ベイトの活性が著しく上がる。

ポイントへと入る。

ウェーダーに身を通す。使うたびに内側から乾かすので、外側は一度も干されることなく、3日間ほど濡れたままだ。

土手からポイントを見下ろすとブレイクラインの様子はまさに時合いの最中。

足早に立ち込んでいく。

40㎝もなさそうなサイズのライズがしきりに見られる。

このサイズはこの時期はどうでもいいのだけど、ライズの動きでベイトの動きが読める。貴重な情報だ。

阿修羅を水面直下で泳がせ続ける。たまに小さいサイズがこづくものの乗らない。これもウッドの浮力のおかげ。

そうこうしているうちに、パッシュ!と水面が鳴る。

少しテンションをゆるめて、ティップが水面に入り込んだところでアワセをスイープに入れる。

ギュン!と走るサイズに一瞬でかいかと思ったが、ファイト中に60㎝程度だと解ってしまう。

それでも慎重にランディング。
 
Eu9PVYiAPZ9FftC7wbag_480_480-76c57d2d.jpg
ううん。いいの。
 
 
 
ってよくない。超弩級を完全に見失っている。
 
これでその後はパッタリという展開になりそうな予感をビシビシ感じながらゲーム再開。

そして、予感は見事に的中した。



討ち死に。



午前4時、もう疲れで頭も上がらないような中、車へと戻った。

11月、新月の大潮3日間。結果から言えば完敗だ。

しかし、まだ潮は動く。

土手の上から川面を振り返った。

世界の大都会を流れる大河川。その川の中で頂点に立つ超弩級スズキ。

獲れるものなら獲りたい。



上を見上げたら星がたくさん輝いていた。

なんとなく神々しいものを感じて一礼して家へと向かった。






Area2 - Stage9 ~ トーキョーリバー2002ラストバトル その2 ~ はこちらから

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ