プロフィール

トランスセンデンス

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:183
  • 昨日のアクセス:256
  • 総アクセス数:390052

QRコード

ナガレモンイワナを求めて山歩き

こんにちは!怪魚ハンター山根兄弟(兄)です。

今回はナガレモンイワナを求めて源流釣りに出掛けてきましたので投稿させていただきます。

obpd2rrfgoijxzftvreg_480_480-39b97720.jpg
使用したロッドは、生産が遅れてしまっているDwarveXX(ドワーブ)。
ドワーブはスピニング/ベイト兼用の渓流用可変式パックロッドです。
生き物好きの人たちが、源流から海まで。どこにでも持って行きたくなるような釣り竿を目指して開発してきました。
可変方式やレングスなど、詳しい情報はコチラの投稿でご紹介していますので良かったらご覧ください。

ztug935dwk5un9ds3pxu_480_480-cbd6bc0e.jpg
今回の目標であるナガレモンイワナを漢字で表現すると流紋岩魚となり、読んで字のごとく斑紋が流れるような特殊な模様をしたイワナです。
具体的には、パーマークが全くなく、体側に独特な虫食い模様を持つ特殊斑紋イワナがナガレモンイワナと呼ばれます。
今回は僕にとって3つ目の水系でナガレモンイワナを探してみます。

ナガレモンイワナが棲んでいそうな谷に向かって、まずは車止めからの山歩きを楽しみます。
釣り場まで幾時間も歩かないといけないと聞くと、大変な釣りだなーと感じるかもしれませんが、山の中を歩くこと自体が好きな人にとっては精神的な苦になりません。
勿論、肉体的には疲れが溜まりますけどね。

nw9orv2ds6yrhnnfoz63_480_480-cef6a21e.jpg
釣りをしてみたかった沢に、斜面を滑りながら降り立ち、水面を覗き込んでみると…
います!います!イワナが泳いでいます。
ひとまず、イワナが棲んでいる沢だったことに一安心。
今日は一人なので、ゆっくりマイペースに遡行していく予定です。
ドワーブを組み上げる前に、ナガレモンイワナがいないか観察してみます。

6y89tb9euijxekck7bna_480_480-84c20492.jpg
時折、流れてくる餌にライズしていて活性は高そうですが、この溜まりに浮いているイワナはパーマークがハッキリしているものばかり。

asvjxy9dkuh5dskhkys9_480_480-c5f5b7ed.jpg
そんなに簡単にナガレモンイワナには出会えませんよね…。
今日はドワーブを5.3ftのスピニングモードに組み上げて早速、ライズしているイワナを狙ってみると、躊躇せずミノーに襲い掛かってきてくれました。

pnmwobczp3o827mxrcp2_480_480-f7e9e15e.jpg
イワナにとって適水温だったのか、この沢のイワナ達は高活性で、この後もポンポンっとイワナが釣れてきます。
無論、簡単にナガレモンイワナが釣れるはずもありませんが、素直にミノーを追ってくれるイワナ達に癒されるひと時でした。

そんな癒しのひと時が一転。
ナガレモンっぽいイワナが足元までミノーに絡んできました!
今日の活性の高さだと2投目でもヒットしてきそうです。
ドキドキしながら同じコースにキャストして、チョンチョンっとミノーを躍らせていると同じ岩陰からピュン!と出てきたかと思うと、今度はしっかりルアーにアタックしてくれました!
躊躇なく抜き上げて模様を確認してみると…

p2cckbsnejn7a4rf3gpr_480_480-1db6a1cd.jpg
やっぱり!ナガレテますよ!
ナガレモンイワナです!
やったぁー!今日も1人で大盛り上がりです。

6w4nsr685ngyn7thss6y_480_480-b707fe93.jpg
バッグから水槽を取り出し、しばし観察タイムに入ります。
もはや1人で自撮りをする程、喜びまくっております。
ちょうど正午ごろだったので陽の当たり方も最高です。

2jgetr3a8z4of7yahi3d_480_480-563d5f32.jpg

僕にとって3つ目の水系で釣れたナガレモンイワナ。
イワナは水系ごとに、いや…谷ごとに。もっというと1匹ずつ違いがあって、本当に見飽きることがありません。
数も釣れたし、ナガレモンとも出会えたので下山しようかとも思いましたが、帰りに隣の沢を釣ってみるにも時間が足りないと判断してもう少し遡行を続けてみることにしました。
相変わらず、イワナの追いは良好でポイントというポイントごとにイワナが掛かってきます。

そろそろ、下山時間だなと思いながら釣っていると、流れの緩やかな淵で、またしてもナガレモンっぽい魚がミノーに絡んできました!
ミノーのアクションを緩めずに引っ張ってくると、足元の浅瀬でヒット!
バラさないように、慎重に抜き上げた…瞬間にナガレてると確信しました!

a8ug349rebdxv8fwj2e2_480_480-89db783b.jpg
1日で複数尾もナガレモンイワナに出会えて本当に感激です!
再び、バッグから水槽を取り出し、帰らねばと思いつつ観察タイムを満喫します。

vgn27vhv2b6ki8o6pbbh_480_480-822efe55.jpg
ナガレモンイワナは、僕がイワナ釣りにハマるキッカケとなった魚です。
2人組みの友人に変わったイワナを探しに行こう!と言われてついていったのが今となっては本当に良い思い出だなー。なんて考えながら帰りの山歩きを楽しみました。


-------------------------------------------------------------------------
『ドワーブ』と言う竿は、今回のような本格的な源流釣りから、普段の出張や旅行のお供になるようなパックロッドとしての機能性は勿論、機能以上に皆さまがドワーブを持っているだけで楽しくなるような一風変わった竿を目指して開発してきました。

ようやく、完成まで漕ぎつけましたが昨今の情勢により生産の遅れが生じております。
いつ、どの位の本数が仕上がってくるか分からない状況が続いております。情報が入り次第、このブログでもお知らせする予定です。

小さきパックロッドですが1本で何人分もの役割を果たす仕事人。
発売までもうしばらくお待ちいただければ幸いです。
 

コメントを見る