プロフィール

BlueTrain

茨城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:10
  • 昨日のアクセス:374
  • 総アクセス数:790195

QRコード

今日の釣行。

  • カテゴリー:日記/一般
今日は朝まずめにギリギリ間に合って11時過ぎに神栖サーフに到着。

範馬勇次郎だったら花山薫とバキの試合の後に「まだ始まったばかり」と言うくらいの朝まずめ。

神栖は10月に結構来ていて今年は神栖だ!と思っていたんだけど11月に入ると人が多すぎてごった煮状態。

11月は1回か2回くらいしか来なかったような気がする。

このごった煮状態が少し収まってきたら、要するに渋くなってきたら地形の考察も書いておこうと思った。

今年の秋の神栖は足元の地形だけ見ているとダメで、一番沖から波のブレイクを見るとポイントが分かりやすい。

今日は少しは見て回ったんだけど地形がかなり悪くなってしまっていて、朝の最干潮じゃないと厳しそうな感じだった。

こういう時はヘッドランドだ、とHL周りをサーフ側からやってみるも全然反応なし。

魚が抜かれているのか、元々いないのか。

少し北側に移動してみると途中で数羽のカモメの群れをブレイクの先に発見。

こういう時はブレイクの先まで投げられれば強い。

手前まで入ってくるようだったら良いんだけど、手前の地形が悪い時は入ってこない。

カモメが入っている場所は「沖に瀬があって波がブレイクしているところと手前のブレイクの間」という場所。

ここになんでいるのかも説明がしっかりできるのが自分の理論の良いところなんだけど、如何せん80mくらい先なので理論があっても釣りにならない。

弱っちいタックルでやってるとこういう時どうしようもないんだけど自分が持っていた竿がたまたまモアザンブランジーノ110Hだったので40gのヒラメタルtgを波の中にぶっこむとすぐバイト。

シーバスのデカい奴を足元でバラシ。

少し移動して同じようにメタルジグをブレイクの先に投げ込んでやるとまたすぐバイト。


70アップくらいのシーバスをゲット。


ベイトはカタクチ。


周りの人も鳥山は撃ってたんだけど、やっぱり飛距離は正義。

なんだかんだ言っても飛距離は裏切らない。


最近朝まずめに全く行く気にならない。

もう去年大分胃を痛くして頑張った。

おかげでもう釣り恐怖症になるくらい。

来年は少し頑張っていこうと思います。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

チタン=高感度という幻想
16 時間前
rattleheadさん

5/0フックは小さい??
4 日前
ケンスケさん

プリスポーンから
5 日前
平田孝仁さん

裂波奮闘記
6 日前
こいのぼりさん

干潟アフター
9 日前
タケさん

色落ちしたキャップを染めてみた
12 日前
ワカメマニアさん

一覧へ