プロフィール

登石 ナオミチ

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

2021年10月 (3)

2021年 9月 (1)

2021年 8月 (3)

2021年 7月 (3)

2021年 6月 (2)

2021年 5月 (4)

2021年 3月 (3)

2021年 2月 (2)

2021年 1月 (3)

2020年12月 (2)

2020年11月 (7)

2020年10月 (1)

2020年 9月 (3)

2020年 8月 (5)

2020年 7月 (7)

2020年 6月 (4)

2020年 5月 (1)

2020年 4月 (3)

2020年 3月 (6)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (5)

2019年12月 (10)

2019年11月 (4)

2019年10月 (5)

2019年 9月 (3)

2019年 8月 (4)

2019年 7月 (4)

2019年 6月 (5)

2019年 4月 (1)

2019年 3月 (4)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (1)

2018年12月 (2)

2018年11月 (4)

2018年10月 (8)

2018年 9月 (4)

2018年 8月 (5)

2018年 7月 (8)

2018年 6月 (5)

2018年 5月 (4)

2018年 4月 (2)

2018年 3月 (3)

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (2)

2017年12月 (4)

2017年10月 (4)

2017年 9月 (1)

2017年 7月 (6)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (6)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (2)

2017年 2月 (1)

2017年 1月 (3)

2016年12月 (5)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (3)

2016年 6月 (10)

2016年 5月 (10)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (4)

2016年 2月 (9)

2016年 1月 (10)

2015年12月 (8)

2015年11月 (11)

2015年10月 (8)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (6)

2015年 6月 (4)

2015年 5月 (10)

2015年 4月 (4)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (7)

2015年 1月 (7)

2014年12月 (5)

2014年11月 (9)

2014年10月 (3)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (9)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (6)

2014年 4月 (2)

2014年 3月 (6)

2014年 2月 (3)

2014年 1月 (3)

2013年12月 (6)

2013年11月 (9)

2013年10月 (5)

2013年 9月 (5)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (5)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (19)

2013年 4月 (11)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (9)

2012年12月 (1)

2012年 9月 (5)

2011年 7月 (1)

2011年 5月 (1)

2011年 2月 (1)

2011年 1月 (1)

2010年12月 (7)

2010年11月 (4)

2010年10月 (7)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:350
  • 昨日のアクセス:228
  • 総アクセス数:1327886

QRコード

初春の湘南ランカーシーバス

どうも!ナオです!



2月上旬から姿をチラホラ見かけるようになった稚鮎。
川に入った稚鮎は、夜の間は水深が50㎝以下くらいのシャローで、水があまり動かないような場所に群れています。なのでそういった場所を探すと8〜10㎝ほどの稚鮎の姿を見ることが出来ます。


こいつが居るともうシーズン終了が間近という事。
何とか最後に良い魚が釣りたい!という思いでこの日も相模川へ。



到着すると、この日はソウメンコ(シラスウナギ)獲りのひとが居なく良い感じ♪
ソウメンコの人が居ると、ライトをピカピカ照らすので、それが果たしてどれくらい影響があるのかは分かりませんが個人的にはあまり釣れない気がします。
(まぁ稚鮎が入ったら教えてくれるのでその点では良いですが。笑)



早速水に入って、ボーとしていると、良い感じの流れが入ってきたのでキャスト開始。



そしてまさかの1投目でヒット!




74㎝!

ヒットルアー:フィンバックミノー75s



お〜今日は魚入ってるぞ〜(*´∇`*)



とテンションが上がります。笑
そしてしばらくして、再び〜



ゴン!!



今度は合わせた瞬間は重かったのですが、カレンテスを曲げて溜めていると5秒後くらいには浮いてきてエラ洗い。。


すぐ浮いてくるならそんなデカくないか〜と、一気に寄せてランディング♪




ひょろ長〜いシーバス。笑



メジャーに乗せると、意外と大きくてビックリ!







85㎝!( ´ ▽ ` )



アフターの細い魚だと、あまり大きく見えないですね。笑





ヒットルアー:フィンバックミノー75s



この魚もバックリ食ってました♪


一瞬物持ち写真を撮ろうと迷いましたが、魚が入ってる今日は時間が惜しいのですぐにリリース。



しかし、その後は追加を狙いましたが、バイトはあるものの、フッキングまで至らず、そうこうしているうちに良い流れが消えてしまい追加ならずでした。






この日のヒットルアーのフィンバックミノーですが、かなり独創的な見た目のルアー。


いまいち、実際に投げるまではどうゆうルアーなのか分かりにくいと思いますが、このルアーは超簡単にいえば、


ミノーみたいに泳ぐバイブレーション


だと思って貰えたら、使った時にギャップが少ないかな〜と思います。
なので、普通に15g前後のバイブを投入するシチュエーションで使いやすいです。


細かいことを言えば、バイブほど引き抵抗は強くないので、より軽快に巻けます。
またバイブほど前傾姿勢が強くないので、レンジキープ力も弱く、竿を立てて巻けば同じ軽さのバイブよりも表層を引けます。
アクションとしては、テールを左右にブルブル振るウォブリングの動き。


なので、例えばデイゲームの干潟や大河川などのシャロー帯を早巻きしながら効率よく広い範囲を探りたい時なんかは、特に使い易いかな〜と思います。



あとウォブリングが強い状況といえば、何と言ってもイワシ付き。
私はまだそういった状況では使ったことはありませんが、例えば夜の港でイワシが入っている時なんかは間違いなく投入すると思います。


まぁ今回、僕が使っていたように、普通に普段バイブを投入しているシチュエーションに、投入して貰えたら普通に釣れると思います♪



と、まぁ色々書きましたが、一番の本音は……



ポジドラルアーで釣れて良かった〜〜!!爆


別に他のルアーのほうが釣れ易いと分かっている場面で無理やり投入して釣った訳ではないのですが、モニターとなりルアーも送って頂いていたので、まずは釣れて良かった!というのが本音なのでした〜爆



ではでは!





使用タックル
ロッド : currentes82S
リール : 16CERTATE3012H
ライン : pe 1号
リーダー : フロロ 16ポンド
ルアー : フィンバックミノー75s

コメントを見る