アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1785
  • 昨日のアクセス:271
  • 総アクセス数:17448556

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (13)

2011年10月 (9)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (5)

2001年 1月 (3)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area2 ~シーバス 荒川~

Area2 - Stage15 ~ オイルサーディン ~

2004年9月8日 荒川シーバス






仕事が終わり、家に帰って寝る。

仕事プラス連日の釣りでかなりクタクタになっていた。

23時に起きる。回復度は高い。そそくさと準備する。

南風が吹いていることを確認して家を出る。
 
 
 
 
 
次のテーブルに移ったと確信して後ろを振り返ると、前にいたテーブルが見える。
 
そこは閉塞感が蔓延した世界に見える。
 
 
 
心の中でその閉塞感と折り合いがつけられるのならそれでもいいだろう。
 
一つの折り合いのうまさも、この世知辛い世の中で必要なことの一つであると思う。
 
特に仕事なんかでは家族を守るため、働き続けるために、その閉塞感を受け入れなければならないことは多いだろう。
 
全く受け入れられない人間は結局ははみ出し者として社会から抹殺されるだけだからだ。
 
 
 
だけど、釣りは遊びである。
 
ラインがクロスするくらいポイントに人が集まるのなら、はみ出してしまえばいい。
 
人のマナーの悪さに嘆くなら、そんな醜いものが見えない世界に行けばいい。
 
そんな缶詰の中のオイルサーディンみたいな釣りが楽しいか?
 
 
 
 
 
地図で見当をつけた初めてのポイントに着く。
 
しばらくは開拓が続くであろう。
 
今はまだ言葉にもならない新しい概念は、試行錯誤を伴って固めていかなければならない。
 
誰もいないはずのポイントは予想通り誰もいなかった。釣り人の入った形跡すらない。
 
岸際から膝上まで立ち込む。
 
 
 
川と海の水がぶつかる、水の密度が高いゾーン。
 
そこで南風が崩した表層の流れが、川の地形でもみくちゃになる。
 
 
 
 
 
水深は結構あるはずである。
 
ヨルクルをフルキャストしてボトムを取る。
 
着底を確かめながら、水深が結構あると確認。
 
ブレイクラインもわかり、回収しようとロッドを立てて早く巻いたら追い食いした。
 
 
 
 
 
あらら、という感じでファイト。
 
4fYWkUhMkXYxrR3jZTky_480_480-b1777bce.jpg
65cm。何も語れないほど事故のようなヒットだった。
 
 
 
釣ったことないやつはにわかに信じられないだろうけど、普通に真っ暗でもヨルクルは釣れる。
 
ブレード系は当たりはずれが大きいけど、勝負の早さは他を圧倒する。
 
つくづく奥が深い。
 
 
 
 
 
その後、弱まる風と反転して吹き出した北風に、なかなか水中の様子を感じさせてもらえない。
 
見えそうで見えない世界だ。一昨日立てた仮説があっという間に崩れる。
 
だけど、だから面白い。
 
 
 
最後、岸際ででかいサイズがライズしていたので、レアフォースで喰わせたが、あっさりと外された。
 
週末もまた行ってみよう。
 
 



 

 

使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ83Lネオンナイト
リール ダイワ セルテート3000
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ 邪道 ヨルクル
ゴミ 空き缶  

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ