アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:146
  • 昨日のアクセス:358
  • 総アクセス数:17464161

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (4)

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (13)

2011年10月 (9)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (5)

2001年 1月 (3)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area10 ~ヤルキスパークリング~

Area10 - Stage12 ~ ヤルキスパークリング ~

2008年3月8日 港湾シーバス
 




この一週間、会社の昼休み、フローチャートばかり書いていた。

何のフローチャートかというとスーさんをパイロットとした場合の展開図だ。

レンジが深ければこう、波動を強めたければこう、といった具合に潮を司る九つの要素と波動やレンジといった攻略上の要素に対し、投入するプラグのシステムを設計している。

しかし、それをやると、ずいぶんと空きポジションができてしまうことに気付いた。



またここから色々とルアーを作っていくのかと思うと、気が遠くなる。



そこでパイロットルアーを、ハチマルとスーさんの二本立てにし、そこから展開できないかと考えた。

スーさんとハチマルを分けるのは足場の高さとした。





足場が低ければスーさんから、高ければハチマルから。
 
 
 
そう考えると、かなりの展開ができてくる。
 
 
 
そんなことばかり考えていた昼休み。
 
 
 
 
 
 
 
会社は二時面談の真っ最中。
 
ここを見ている方もちらほら来ているようで。
 
学生さんは、みんな一所懸命である。
 
どんな仕事についてもキツイと思うことはたくさんある。
 
最終的には、その仕事そのものを楽しめるかである。
 
1%未満という狭い門をくぐれなかった人にも、今後の人生を生きていく上で一番大事なこの考えを少しでも理解してもらえればと思って面接をやっている。
 
今は判らなくても、いつかきっと。
 
 
 
 
 
 
 
仕事が終わって、1時間の釣りをしようと思って家を出る。
 
どうしても試したい場所があった。
 
運河(一見、河川ぽいが)だらだらと浅いシャローが続いて、航路のところだけストンと落ちる港湾部のある場所。
 
地形に魚が付いている今の時期こそ、先日の釣りを試すにふさわしいと考えていた。
 
時間は21時。23時半の干潮の2時間前、潮位はずいぶんと低いが、航路の流れはまだ元気だ。
 
 
 
 
 
しずしずと入って、射程距離の真ん中にブレイクが来る位置に立つ。
 
プラグはもちろんスーさん。
 
ブレイクの底についてじっとしている魚を上に浮かせて獲る。
 
ヤルキスパークリングと名付けたその真意はここにある。
 
 
 
 
 
キャスト開始、ロッドを斜め上に立てて、50cm前後を通してくる。
 
1投目からガツンとティップが入って1本。
 
ju9hPQK7As4NEsWk8RZ3-09718c3f.jpg 

サイズはどうも見込めない展開。
 
 
 
 
 
 
 
リリースして、すぐ次に入る。
 
少しずつ横に移動しながら、ブレイクの上を釣っていく。
 
DVDはある岸壁からそれをやっているが、それのウェーディングだと思ってくれればいい。
 
立っている水深が膝下。
 
ブレイクの上でせいぜい70センチ。
 
が、そこから10mで5m深くなるような、豪快な航路系ブレイクとなっている。
 
 
 
そこを流し続けるだけの釣り。
 
本来であれば、Areaにも書かない釣りだが、今回はスーさんのパイロットシステムの検証なので書いている。
 
vcBJ28SgYGiFYedMMPiw-5bd84618.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
とはいえ、テクニック的には何もないので、あまり書くことがないや。
 
rxvaxfAQmEDgYMuD2wQ2_480_480-643e031c.jpg 
 
 
 
明暗より、地形。そんな感じをますます強く持つ1時間。
 
ベイトはもちろんいるのだろうけどね。

akHmnoREDxQgDYFuQ4fo-5c5ba787.jpg




 
1時間やったところで終了。
 
 
 
システムのアイディアを考えながらやったのだけど、今後の方向性が一つ見えた。
 
作りたいルアーも一つできたのである。
 
それも自分の中ではすごいルアーになるんだが、あんまり売れるルアーではないような。
 
どこか作ってくれないかなぁ(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家に帰ると、アロウズからシーズンパーティーが届いていた。
 
最終テストの真っ最中で、僕としてはもう一度テストをすると思っていたんだが、ちょっと情報の入れ違いがあってすでに今週から出荷開始です(笑)
 
 
 
 
 
BfFiuHKv7wmifvaSrGm5-ccd65732.jpg
 
 
 
 
 
 
 
シンペンとしてはかなり大きい。
 
港湾でも地方の大場所でも十分イケる。
 
 
 
アムズのハニートラップ95をスリムにした感じ。
 
 
 
特筆すべきはやっぱりアクション。
 
レアのリップカットに始まり、レアフォースの大ブレイク、そしてこのパーティー。
 
シリコンの摩擦抵抗がシンペンに搭載されるとどうなるか。
 
レアフォースでさんざん釣った人には説明不要でしょう。
 
 
 
 



使用タックル
ロッド アピア 風神Z 91MLナイトホーク
リール ダイワ イグジスト2500
ライン 東レ シーバスPE エフゼロ1号
プラグ 邪道 スーさん

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ