プロフィール

佐藤 恭哉

鳥取県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

2023年 3月 (3)

2023年 2月 (4)

2023年 1月 (6)

2022年12月 (2)

2022年11月 (5)

2022年10月 (6)

2022年 9月 (5)

2022年 8月 (4)

2022年 7月 (13)

2022年 6月 (23)

2022年 5月 (6)

2022年 4月 (4)

2022年 3月 (3)

2022年 2月 (4)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (3)

2021年11月 (7)

2021年10月 (5)

2021年 9月 (6)

2021年 8月 (8)

2021年 7月 (6)

2021年 6月 (6)

2021年 5月 (5)

2021年 4月 (5)

2021年 3月 (5)

2021年 2月 (4)

2021年 1月 (6)

2020年12月 (4)

2020年11月 (6)

2020年10月 (4)

2020年 9月 (4)

2020年 8月 (4)

2020年 7月 (4)

2020年 6月 (9)

2020年 5月 (5)

2020年 4月 (1)

2020年 3月 (3)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (7)

2019年12月 (1)

2019年10月 (2)

2019年 9月 (1)

2019年 8月 (1)

2019年 7月 (4)

2019年 6月 (2)

2019年 5月 (2)

2019年 4月 (3)

2019年 3月 (1)

2019年 2月 (4)

2019年 1月 (1)

2018年12月 (2)

2018年11月 (5)

2018年10月 (6)

2018年 9月 (5)

2018年 8月 (4)

2018年 7月 (8)

2018年 6月 (10)

2018年 5月 (10)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (10)

2018年 1月 (7)

2017年12月 (5)

2017年11月 (6)

2017年10月 (8)

2017年 9月 (8)

2017年 8月 (8)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (6)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (10)

2016年12月 (8)

2016年11月 (5)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (6)

2016年 4月 (4)

2016年 3月 (5)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (2)

2015年12月 (3)

2015年11月 (5)

2015年10月 (4)

2015年 9月 (4)

2015年 8月 (4)

2015年 7月 (7)

2015年 6月 (6)

2015年 5月 (5)

2015年 4月 (6)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (2)

2015年 1月 (3)

2014年12月 (5)

2014年11月 (3)

2014年10月 (5)

2014年 9月 (10)

2014年 8月 (9)

2014年 7月 (7)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (13)

2014年 4月 (10)

2014年 3月 (5)

2014年 2月 (3)

2014年 1月 (6)

2013年12月 (2)

2013年11月 (11)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:352
  • 総アクセス数:713292

QRコード

VENDAVALで一撃を待つ。

本日は3月14日。

そう。

ホワイトデーだ。

我が家では日曜がホワイトデーになりました。

娘、嫁へのお返しに今年は炊飯器でケーキを作ってみた。

ド―――――――ン!!!!!
4oakhe4gr4avb68rx94u_480_480-f23b1152.jpg

漢のスイーツ!

ザ・キャッチャーミットだ(笑)

決してWBCに合わせてキャッチャーミットになったのでは無いし、私がナイター野球でキャッや―をしている訳でもありません。

たまため、この色と形になってしまったのだ。

食べ方は簡単。

変にトッピングをするのではなく、このままシンプルに食べるのだ。

味の方は、美味しかった?みたいです・・・

恐らく、気を使ってくれたのでしょう(笑)



さて、最近は天候の良い日も多くなり春到来といったところ。
vhh7mpxmejmtwcd5d2mt_480_480-c1601c2d.jpg

至るところで土筆も生え始め。
bpz3aavsaf4nhcpidmi6_480_480-e5031984.jpg


m8ha6zs2jgcytthzzo8x_480_480-246fa207.jpg

s36xuski8xzxjpe7k9vu_480_480-c44b0640.jpg
外に出れば春を感じられます。


釣りの方も、もう本格的に春でしょう。

春の釣りは相変わらずSNECON130Sが強いね。

使い方は簡単。

昨年の秋、90Sでしていたメソッドをそのまま130Sでやれば良い。

いわゆるSNECONの必殺技。

流れに乗せてボトムまで沈めた後はロッドを立てるだけ。

これだけで答えは返ってきます。

流すだけでも十分釣れるが日に日にプレッシャーも高くなる中で魚を勝ち取るにはこのメソッドは欠かせない。

この日もズラリとアングラーが並ぶなか、コンディションの良い魚をキャッチさせていただきました。
rd56us5mr8reii52cz4m_480_480-41766697.jpg
SNECON130S

カラーはマットチャート。
2ng4dcj8dcc5m9ietp8f_480_480-b9e0000c.jpg






さて、次の釣行。

手に持ったのはVENDAVAL89Mだ。

そう、ベイトタックル。

なぜベイト?

カッコ良いから!というのはもちろんありますが、一言で言えば使いこなせれば精度の次元が違うんですよね。

ピン撃ちはあたり前の話。

私の中では、釣れるタイミングを明確に感じることができるからだ。

もっと詳しく言えば、流れの変化だ。

ベイトタックルでは僅かな流れの変化を感じ取ることができるため、魚が「来る!」というタイミングが明確に分かる。

今回は遠投性能やラインの太さをある程度犠牲にしてでも、このタイミングをしっかりとつかみ、狙ったタイミングで良い魚と勝負したかった。

*決してこのロッドが飛ばない訳ではなく、私自身の腕が無いためスピニングの方が飛距離は出せる。

今回もメインで使用したルアーはSNECON130S。

23gというウエイトはベイトタックルでも比較的トラブル無くキャストできる。

さて、釣りを開始して数時間が経過したところ。

まだフィールドに変化はない。

それでもキャストを続けてタイミングを待ち続けていく。

そして、ようやくに水に動きが出始めてきた。

これまで感じることの出来なかったベイトの存在も明確に。

予想通り、ベイトは30㎝程のボラ。

下げの流れが僅かに効き始めたタイミングでこのボラの群れも動き始めてきた。

このボラを捕食する鱸を狙っていたのだ。

この流れが効き始めたタイミングが予想通り「鱸が来る」タイミングだっだ。



バイトは引っ手繰るような強烈なバイトだった。

ヒットパターンは前回と同じく、SNECON130を沈めた後にロッドを立てるだけの必殺技だ。

トルクのあるファイトに対して、ドラグはフルロックで力でねじ伏せた。
9vfn4goz58rejvyfptfk_480_480-cf5eb758.jpg
このコンディションに対しても、まだまだVENDAVALには余裕があったね。

普通にぶち抜きできたから。

今回のヒットカラーはピンクキャンディ。

この日は濁りも強く、濁りにはこのカラーは強い。
rgwsky5cvhnoan9jwb22_480_480-b67e44cc.jpg

さて、ベイトタックルに話は戻るが、ピン撃ちやパワーも醍醐味でありダイナミックなイメージがあるベイトシーバスですが、今回の様に魚の来るタイミングが明確に分かる繊細さも兼ね備えているのがベイトタックルの長所の一つだと思う。

ヒットルアー
SNECON130S
5k4ejjtm5dhz6693srh5-fe3d05dd.jpg
マットチャート
ckvrv2j6cnf6hi7oxjfj-56af6c79.png
ピンクキャンディ
usw5n8pn82sr6634gt98-f2b6e8e8.png

Tackle date

Rod: Ballistick 94M TZ/NANO
Reel: IMPULT 2500H-LBD
Line: Super fire line 16lb

Rod: BENDAVAL 89M
Reel: ZILLION TW
Line: RESIN SHELLER 29lb

コメントを見る

佐藤 恭哉さんのあわせて読みたい関連釣りログ