プロフィール

貧乏ビルダー

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/4 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:43
  • 昨日のアクセス:171
  • 総アクセス数:333139

QRコード

ミリオネアSTをタコ釣り用に改修する話①

ミリオネアST30s とST35s
85年発売。
ミリオネアと名前が付いているが、ルアーに使うのはちょっと厳しい。
メーカーとしては船用として出したんだと思う。
とにかくデカい
シングルロングハンドルしかない
などなど。
遠心ブレーキが付いてるが、これだけスプールが重いと大してブレーキは期待できない。
重い仕掛けをえい…

続きを読む

スプールとフレームの隙間に糸が入り込んでえらいことになるアレの話

最近の国産リールては無縁のトラブルですが、古いリールでは結構死活問題。
スプールとフレームの間にラインが噛み込んで往生するアレ。
そんなに細いライン使う気もないのですが、16lbで噛まれるのは流石に困る。
最近のお気に入りミリオネア3h
回転はアンバサダーと同じくらいスムーズなんだが、前述のトラブルが結構困…

続きを読む

謎の6500cs rocketの話

先日アンバサダーのジャンク箱みてたら一台整備しようと思ってほったらかしにしていた6500を発見。
フットナンバーは01001
ステッカーからはオリム、マミヤOP時代の物と思われる。
とすれば1989-2000年の間に日本に持ち込まれたものと推察できるのですが…
こいつの展開図をネットで探しても見つからんわけですよ。
IARなし…

続きを読む

ボートタコ釣り用ロッド 他魚種ロッド流用編

ボートタコ釣りロッドで大事なポイントとはなにか。
①多少無茶な負荷を掛けても折れない
②そこそこ重いエギを投げても折れない
③6-7フィート
④太糸が使える(ガイドが大きい)
⑤グリップが適度な長さ
⑥折れても泣かない値段
色々総合してこんな感じのエッセンスに辿り着きました。
まあ数シーズン通っただけのペーペー(し…

続きを読む

ヤスリ一本でできる簡単お手軽チューニングの話

今日のネタはミリオネア6000
というか、オールドリール全般の簡単お手軽チューニングの話。
一応不可逆的な加工になるので、やるなら自己責任でよろしくお願いします。
また、これらの方法は他の方が考案したもので自分はただ追試しただけですので悪しからず。
こちらはニコイチで調子のいいミリオネア6000を組んだ時の余…

続きを読む

そこまで古い訳でもないのに結構謎が多いリールの話

ダイワ イージーボート250
他にもシーファイアなんかも同系統。
250がアンバサダー5000
300がアンバサダー6000相当。
良くあるアンバサダー風丸型リール。ジェネリックなリールのひとつ。
このイージーボートは釣具のポイント系列も同名同型のリールを発売しており、同じ金型を流用して某国で大量生産されているものと思…

続きを読む

ボートタコ用ロッド試作2号の話

ネタはある。
時間がない。(挨拶)
前回に引き続き、ボートタコ用ロッドの話。
試作一号は廉価なジギングロッドのブランクスを流用したところ、良い点と悪い点があったので
それを踏まえて色々改良。
今回も結局ジギング用のブランクスなんですが、
ジギング用ブランクスを使う良い点
・頑丈
・良く粘る
・比較的安い
悪…

続きを読む

ボートタコ用ロッド試作一号の話

もう7年くらい前になるけど、俄にボートタコにハマった時期がありまして。
その時に巻いたロッドが何本か出てきたので懐かしくなって引っ張り出してみた。
ぶっちゃけボートタコほど道具に金かけなくても良い釣りモノはないんですが、
逆にコストかけない道具だからこそ、普通に買えるタックルがなんともチープなんですよ…

続きを読む

ミリオネア3hとアンバサダー5500c両方使ってみて

73年製アンバサダー 5500cビッグA
75年製ミリオネア3H
先日ボートシーバスに持ち込んで使い比べてみた感想などを。
部屋でクルクル回した感じだとミリオネア3hの方が軽やかに回る。
ベアリング無しのメタルブッシングにも関わらず。
まあオールドリールは個体差が大きいのでこの2台比べてミリオネアの方が回転がいいと言う…

続きを読む