プロフィール

カジ@貧乏ビルダー

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:71
  • 総アクセス数:133225

QRコード

スピニング用のチャンピオングリップを仕立て直しする話

3wfbj43i2knamdsxd95d_361_480-d2fcb533.jpg
古い古いチャンピオングリップ。
コルクのストレートで、リングで固定するテネシータイプです。

かなりレア⁈

流石にこのままだと使いづらいので、仕立て直しします。


5buw4cxmajm3433xi728_361_480-6a813c0d.jpg

古くなったコルクを剥がして…


おなじみの3爪式チャックのヘッドに、10ミリ弱のごんぶとアルミパイプがぶっ刺さってます。

ヘッド部分がむちゃくちゃ重いので、グリップ周りを軽く仕上げるとかなり極端か先重りになりますな…

b73r5mathjg3zkrkghri_361_480-a8a3a516.jpg
別の竿で使ったジャストエースのオリジナルトラウトグリップキットを流用します。

なんとなくレトロな感じがグッド。

uyi5eu5vphpnrx3eeph3_480_361-f10af9c4.jpg
最終的にリアグリップは、最近定番になりつつあるコーナンの木管を継いで延長。
そして重い重いヘッドを別の軽いものに変更。

木管も結構重量があるので、これで多少は持ち重りがマシになります。

木管を切らずにそのままにしておくとリアグリップは20センチになります。
ちょっと長いのでこんご使いながら適宜調整したいとおもいます。
あと裸のブナ材は結構滑るのでなんか表面に巻きたい。

鞣し革とかいいなあ…


ちなみに外径24ミリって言うのは、前述のトラウトグリップとジャストフィットします。
覚えているといつか役にたつかもしれないロッドビルドチップス。

木管はブナ材なので、決っして強くない木なので、こまめにメンテナンスするか、良い木材が手に入ったら付け替えるようかと思ってます。


友情出演:ツインパワー 2000XT 擬似PG
ハンドルはこだわりの旧ツインパネジ式ハンドル

コメントを見る