プロフィール

久保田剛之

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/12 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

2021年10月 (12)

2021年 9月 (6)

2021年 8月 (4)

2021年 7月 (8)

2021年 6月 (7)

2021年 5月 (5)

2021年 4月 (15)

2021年 3月 (4)

2021年 2月 (3)

2021年 1月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (13)

2020年10月 (8)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (9)

2020年 7月 (5)

2020年 6月 (13)

2020年 5月 (7)

2020年 4月 (9)

2020年 3月 (16)

2020年 2月 (8)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (11)

2019年11月 (5)

2019年10月 (12)

2019年 9月 (13)

2019年 8月 (9)

2019年 7月 (13)

2019年 6月 (11)

2019年 5月 (8)

2019年 4月 (6)

2019年 3月 (13)

2019年 2月 (13)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (4)

2018年11月 (9)

2018年10月 (11)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (11)

2018年 7月 (12)

2018年 6月 (10)

2018年 5月 (11)

2018年 4月 (11)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (10)

2017年11月 (10)

2017年10月 (8)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (10)

2017年 7月 (12)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (3)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (10)

2016年11月 (19)

2016年10月 (12)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (11)

2016年 6月 (16)

2016年 5月 (24)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (14)

2015年11月 (5)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (13)

2015年 8月 (12)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (14)

2015年 3月 (21)

2015年 2月 (25)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (10)

2014年11月 (6)

2014年10月 (6)

2014年 9月 (13)

2014年 8月 (10)

2014年 7月 (7)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (8)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (15)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (11)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (15)

2013年 8月 (16)

2013年 7月 (25)

2013年 6月 (32)

2013年 5月 (14)

2013年 4月 (9)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (4)

2013年 1月 (6)

2012年12月 (14)

2012年11月 (17)

2012年10月 (12)

2012年 9月 (11)

2012年 8月 (13)

2012年 7月 (3)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (5)

2012年 3月 (4)

2012年 2月 (8)

2012年 1月 (8)

2011年12月 (15)

2011年11月 (11)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (7)

2011年 8月 (16)

2011年 7月 (9)

2011年 6月 (12)

2011年 5月 (9)

2011年 4月 (4)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (16)

2011年 1月 (18)

2010年12月 (12)

2010年11月 (9)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (12)

2010年 7月 (2)

2010年 6月 (2)

2010年 1月 (1)

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:48
  • 昨日のアクセス:1097
  • 総アクセス数:6561844

アイスライドとプチDIY


今日はルアー紹介とそれに伴うプチDIYネタをご紹介いたします。


 i-SLIDE 187R SW

593okuu7smdungxxeayj_480_480-dc70a4aa.jpg
 フローティングモデル 187mm 64g

● シンキングモデル      187mm 70g


フックは#1を2本搭載となっています。


従来品のアイスライド187が進化して新発売となります。

これまでのアイスライドと比べジョイント部の可動域を増やし更に大きなS字スラロームを描く事が可能になり、操作性のレスポンスも向上した商品になります。

テール部分のゴム系の素材もこれまでのものはタックルボックスと触れていると溶けてしまうこともあったそうですが、それが改善されたようです。



僕のホームの相模川では今の時期でもまだまだ鮎はヒレピンで元気。

もう少しして落ち鮎の時期になったらアイスライドで食わせたら気持ちいいでしょうね(^^)



 
 タックルボックスプチ改造 

アイスライドはじめ、テールにゴム系素材を使ったルアーってどうやって収納したら正解なんでしょ?

mzdrag6iuw8gudtafjbz_480_480-ecdc1977.jpg
大きさの問題のクリア方法はネットで調べると色々出てますが、タックルボックス内でテールがぶつかって曲がっているとテールのゴムが曲がってクセが付いちゃう。


クセがついて曲がってしまうと当然上手く泳がない。


僕はビッグベイト専門みたいな釣行はほとんどやらないので専用のタックルケースで何本も持ち歩こうとも思わない・・・。


普通のルアーも持って行くけどアイスライドでも狙ってみたい。そんな感じ。



そこで・・・

braopt778xdy68fo7m3y_480_480-b66d5f4a.jpg
薄型のタックルボックスにラインアイが収まる様にスリットを掘ります。


o8h7ysbi8nvym97vdw6u_480_480-b74b2cc2.jpg
フックアイをスリットに収めた時にガタは少ない方がいいでしょう。


yiwgyjj4f6zhhbecvo7p_480_480-a8d2dc29.jpg

kcxrt3esv3orhfwgtauh_480_480-fdfa8663.jpg
ボックス本体に刻んだスリットにラインアイをはめた時にアイスライドの下半身部分が収まる様に、ボックスの区切り板を切り抜きます。
(こちらの加工もガタが大きくならないように)




xjvkxridguypm65kgix2_480_480-c1d67dc6.jpg
そうするとラインアイとルアー下半身でピタっとボックス内で固定され、ボッククどちらを上にしてもテールはどこにも触れず♪


js538j2urrpwu2uyhtiu_480_480-89e98262.jpg
こんな感じ。


直ぐに取り出せる用の持ち運び個数はアイスライド2個だけど、薄型ボックスなのでライジャケのポッケの片方に薄型ボックスは2個入るので他の装備も充実出来ます。

アイスライドをもっと沢山現場で持ち歩く場合はライジャケの背中に入れればいいかなと♪



ジョイント系のルアーを持って行きたいけど他のルアーも~って人はいかがでしょう?



僕が知らないだけでもっと良い収納方法があるのかもしれないけど僕はこんな感じで収納してみました♪





 

コメントを見る

久保田剛之さんのあわせて読みたい関連釣りログ