プロフィール

久保田剛之

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

アーカイブ

2022年12月 (5)

2022年11月 (8)

2022年10月 (6)

2022年 9月 (6)

2022年 8月 (3)

2022年 7月 (6)

2022年 6月 (5)

2022年 5月 (3)

2022年 4月 (3)

2022年 3月 (4)

2022年 2月 (8)

2022年 1月 (7)

2021年12月 (5)

2021年11月 (2)

2021年10月 (12)

2021年 9月 (6)

2021年 8月 (4)

2021年 7月 (8)

2021年 6月 (7)

2021年 5月 (5)

2021年 4月 (15)

2021年 3月 (4)

2021年 2月 (3)

2021年 1月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (13)

2020年10月 (8)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (9)

2020年 7月 (5)

2020年 6月 (13)

2020年 5月 (7)

2020年 4月 (9)

2020年 3月 (16)

2020年 2月 (8)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (11)

2019年11月 (5)

2019年10月 (12)

2019年 9月 (13)

2019年 8月 (9)

2019年 7月 (13)

2019年 6月 (11)

2019年 5月 (8)

2019年 4月 (6)

2019年 3月 (13)

2019年 2月 (13)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (4)

2018年11月 (9)

2018年10月 (11)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (11)

2018年 7月 (12)

2018年 6月 (10)

2018年 5月 (11)

2018年 4月 (11)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (10)

2017年11月 (10)

2017年10月 (8)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (10)

2017年 7月 (12)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (3)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (10)

2016年11月 (19)

2016年10月 (12)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (11)

2016年 6月 (16)

2016年 5月 (24)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (14)

2015年11月 (5)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (13)

2015年 8月 (12)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (14)

2015年 3月 (21)

2015年 2月 (25)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (10)

2014年11月 (6)

2014年10月 (6)

2014年 9月 (13)

2014年 8月 (10)

2014年 7月 (7)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (8)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (15)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (11)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (15)

2013年 8月 (16)

2013年 7月 (25)

2013年 6月 (32)

2013年 5月 (14)

2013年 4月 (9)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (4)

2013年 1月 (6)

2012年12月 (14)

2012年11月 (17)

2012年10月 (12)

2012年 9月 (11)

2012年 8月 (13)

2012年 7月 (3)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (5)

2012年 3月 (4)

2012年 2月 (8)

2012年 1月 (8)

2011年12月 (15)

2011年11月 (11)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (7)

2011年 8月 (16)

2011年 7月 (9)

2011年 6月 (12)

2011年 5月 (9)

2011年 4月 (4)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (16)

2011年 1月 (18)

2010年12月 (12)

2010年11月 (9)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (12)

2010年 7月 (2)

2010年 6月 (2)

2010年 1月 (1)

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:144
  • 昨日のアクセス:734
  • 総アクセス数:7095224

太いと細いお話


ちょっと前に太いライン、細いラインどっちがいいんだろ?的なお話をコメントで交わしたので本日はそんなお話。



太いも細いもそれぞれメリット、デメリットがあるのは当然の事。この辺は先週辺りに『のぶでござるさん』も書いていたのでそちらも読んで頂くとより自分のスタイルが見つかるんじゃないかと思います。


細いメインラインのメリットその1

◯ 水の抵抗が少ない

水深のある程度ある場所を攻める場合、細いラインの方がボトムをキッチリトレースしやすいです。ラインにかかる水の抵抗が大きいほどラインが真っ直ぐに伸びにくくルアーの浮き上がりが強くなります。

こう書くとバイブレーションゲームやブレード系の釣りを想像する方が多いと思いますが、最も影響が出るのがシンペンの釣りじゃないかなと。

ボトムをスローに引きたい、でもキャスト後の最初の着底では水面方向に垂直にラインが伸びているのでリトリーブ開始すると巻き始めは真上に近い方へ引っ張られる。
水の抵抗が大きい太いメインラインだとラインも引っ張られるし、引っ張られた事によりシンペンはますます浮き上がる。

シンペンでボトムを〜なんて釣りは細いラインの方が超有利。

あとは小型のルアーを多用する場合もラインが流れに影響されにくいので細めのラインが食わせやすいと思います。



◯ 空気抵抗が少ない

当然空気の抵抗も少ない。横風や向かい風の際にラインを持って行かれて思ったコースを通せない、こんな時は細いメインラインの方が風の抵抗も少ないのでコースメンディングをしやすいです。




◯ 飛距離アップ

投げ釣りなどではメインラインの太さが飛距離に物凄く影響される。当然ルアーフィッシングでも飛距離において差は出てきますが投げ釣り程ではありません。『あと5m飛べばストラクチャーに届く、ブレイクに届く』って時は細いラインの飛距離のメリットが活きてきます。



続いて太いラインのメリット

◯ 丈夫
太い故に切れにくい、切れにくい故にルアーを回収出来る。切れにくい故にライン自体のコストパフォーマンスに優れる。お小遣い制のアングラーにはこれは切実な問題。
また砂利浜サーフなどでは波で巻き上がった石同士がぶつかり合い、そこに挟まれたラインは結構あっけなく切れてしまいます。細いラインではリトリーブもままならないという状況もあります。



◯ ラインに流れを受ける事でルアーを動かす事が出来る

これはかなり特殊?な使い方かもしれませんが、落ち鮎シーズンに僕が多用する釣り方。
流れの筋の奥に投げラインに流れを受ける事によって流れの弱いエリアにあるルアーをダウン方向に向かって泳がす事ができます。そして流れの筋に向かってルアーが泳ぎ到達するとドン!と食ってくるってヤツが出来る。



とまあ細い太いそれぞれメリットがありますが、僕の場合シーバスゲームは0.8号〜1.2号をシーズンで使い分けています。

普段と違う号数のラインも使ってみると発見があるので苦手なルアーがある人はライン号数を変えてみるのもいいかもしれませんね(*^^*)



b96ebsbgsjf4b6esdt4x_920_690-f8b82c33.jpg



iPhoneからの投稿

コメントを見る

久保田剛之さんのあわせて読みたい関連釣りログ