プロフィール

貧乏ビルダー

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:119
  • 昨日のアクセス:367
  • 総アクセス数:332448

QRコード

古いパックロッドを仕立て直しする話

ネタはある


時間はない(挨拶)





今日は古い古いパックロッドを仕立て直すお話。




リョービ レグノスピン 4256s
r3mo2kczpigrhatyj5c7_361_480-0fb6fcc8.jpg
何年か前に購入してほったらかしにしてたのが出てきた。

元々スピニングロッド
165cm
4本継
仕舞46センチ
ライトアクション
ライン 4-8lb
ルアー 2-10g

だそうな。




今回仕立て直しにあたって

・スピニング→ベイト
・バッドジョイントを増やして変則5本継に

の仕様変更します。



ガイドはベイト用に付け替えつつ、

元々のバットセクションのグリップ側をヤスリでならしてグリップに並継で継げるようにします。

元径が10ミリ弱だったので、ひたすらヤスリで削って9ミリに。

テーパーがついたままだと上手く継げないので、ひたすら確認しながら少しずつか削ります。

vwp9jp7kuxin9mykp6ti_361_480-a444d3f0.jpg
あとは普通にガイドを付けて

最近ヘビーユースしているロッドビルディングガイドスターターセットです。

6サイズのシングルフットを一つ追加してガイド10個を良い感じに配置。



出来上がり。
6hx9m7sux7bgjnhkzf37_361_480-b7ada4ee.jpg


逆並継なので、ガイドの位置はそこまで気にしない。

強度を気にするなら、各ブランクスのバット側端に揃えてガイド置いたら良いし、

見た目を気にするなら継いだ時にティップ側とバット側ブランクスが重ならないギリギリのところにガイドを置いたら良い。


今回はガイドセッティング煮詰めるのが面倒くさかったため、その辺は適当。




振ってみたら明らかにダルい。

時代感じる。


グラス多目だとこんなもんかな。



まあ仕舞46センチでどこにでも持っていけるとなれば多少怠くても許容範囲ですな、





コメントを見る