プロフィール

久保田剛之

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (10)

2017年11月 (10)

2017年10月 (8)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (10)

2017年 7月 (12)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (3)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (10)

2016年11月 (19)

2016年10月 (12)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (11)

2016年 6月 (16)

2016年 5月 (24)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (14)

2015年11月 (5)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (13)

2015年 8月 (12)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (14)

2015年 3月 (21)

2015年 2月 (25)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (10)

2014年11月 (6)

2014年10月 (6)

2014年 9月 (13)

2014年 8月 (10)

2014年 7月 (7)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (8)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (15)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (11)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (15)

2013年 8月 (16)

2013年 7月 (25)

2013年 6月 (32)

2013年 5月 (14)

2013年 4月 (9)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (4)

2013年 1月 (6)

2012年12月 (14)

2012年11月 (17)

2012年10月 (12)

2012年 9月 (11)

2012年 8月 (13)

2012年 7月 (3)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (5)

2012年 3月 (4)

2012年 2月 (8)

2012年 1月 (8)

2011年12月 (15)

2011年11月 (11)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (7)

2011年 8月 (16)

2011年 7月 (9)

2011年 6月 (12)

2011年 5月 (9)

2011年 4月 (4)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (16)

2011年 1月 (18)

2010年12月 (12)

2010年11月 (9)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (12)

2010年 7月 (2)

2010年 6月 (2)

2010年 1月 (1)

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:446
  • 昨日のアクセス:2157
  • 総アクセス数:4118259

SHIRANUI開発記その2

現在Megabassで開発中のシンペン。
ついに名前がSHIRANUI110Sと決定しました!これを機に開発中のシンペンについて今回も色々書いていきたいと思います。

今回は第2話。


・・・え? 御託はいいから実際のところ釣れるルアーなのか釣行記書きやがれって?


『この泳ぎだ!』って泳ぎが出ればキチンと結果はついてきます♪

xoxgfhrsxph9dbxw5pds_480_480-899eddc8.jpg
こんなのとか(o^^o)

近いうちにこの釣行記は改めてアップしますが、苦労してSHIRANUI 110Sの泳ぎを出したので後2~3回開発のお話にお付き合い下さいませm(_ _)m




 
 引き抵抗を感じる 


前回の続きです。

ボディのどこかに水を受ける面を作れば引き抵抗を感じる様にはなるのだけどナチュラルさを欠く。


その分ボディサイズを落とす事も脳裏によぎったけど、ボディサイズ落とすと面も小さくなり引き抵抗も感じにくくならないか?


それにKAGELOU124Fの様に経験の浅いアングラーがグリグリ巻いてても『デカイの釣れた~!』と言ってもらえる為にはこのボディサイズより下げたくない。

ボディサイズ落とすと細かいピッチの泳ぎになってしまいます。もちろんプリプリプリ・・と細かく泳ぐルアーでもデカイのが食わない訳ではないけど、その手のルアーで大物狙う時ってある程度居場所が予想できる所で大物の口の前に送り込んで~って釣りが多い気がする。

それって経験値の高いアングラーの釣り。


経験の浅いアングラーがグリグリ巻いててデカイの釣れた結果『あぁこういう場所に大きいのは着くのか』と経験値アップして欲しい。そんなルアーを作りたい。



話が逸れましたね。引き抵抗の話に戻しましょう。




引き抵抗・・・

引き抵抗か・・・難しいな。



と一旦ひとまずこの課題は置いとく事に。

(開発中の話を順を追って書いていますのであしからず♪)




 
 目指すべき泳ぎ ■

ok2u658e4hine4f49ct2_480_480-2dd916bc.jpg
一度ヒラメの観点で考えてみます。

以前にも書いた様に今開発中のシンペンはヒラメやマゴチのフラットフィッシュゲームにも使いたい。

その為に最初からウェイトの異なる2機種を出す予定で開発を進めていきました。


かと言って、ライトモデル=シーバス、ヘビーモデル=フラットって訳ではなく、巻きたいレンジや速度によってどちらでも使い分けが出来る様にどちらも同じ質の泳ぎになる様にしたいところ。

その方がウェイト違いを使っても水中をイメージし易いですからね♪


ヒラメゲームにおけるシンペンは飛距離が出て、お尻がプリプリ泳げばとりあえず釣れる。

でも昨年?一昨年?福島に遊びに行った時や遠州、そして秋の湘南エリアや房総でも良いサイズのヒラメが狙える時期ってユラリユラリとした泳ぎのルアーが強い様に思います。




着底感度があり飛距離が出てヒラメとシーバス両方狙える泳ぎ・・・




ユラリユラリとスラロームする様な泳ぎ。S字までいかないユル~いS字って感じ。



so745p9s34up6665oh84_480_480-086ade89.jpg
この辺が今回目指すシンペンの泳ぎです。


ボディサイズを落としてテール重心にすると着底感度や飛距離は出しやすい。
でもどうしても泳ぎのピッチが細かくなる。それにスイム姿勢が尻下がりになり過ぎてもシーバスゲームでは厳しい。




ユラリユラリとしたスラローム。

着底感度。

飛距離。

引き抵抗。




んんん・・・これも難しいな。


今振り返ればよくMegabassが付き合ってくれたなぁと思います。

『こういう形状に変更お願いします』

『了解です』

『次はこういう形状でお願いします』

『承知しました。すぐに削って送ります。』

毎週こんな感じのやり取り。そして送られて来たルアーの泳ぎを見て僕の方で削ったり盛ったりして調整。毎晩泳がせては職場に戻って調整。

そしてそれを反映させて再び削り出す。

nze9ewsvz9zuez8zajdp_480_480-0b4c2871.jpg
こんな調整をずっと繰り返していたのでプロトの総数は相当量になりました。

実釣にも使っていたら1/3はロストしてしまったので写真の数はすくないです(^^;)





続く。



 

コメントを見る