プロフィール

久保田剛之

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

アーカイブ

2022年12月 (5)

2022年11月 (8)

2022年10月 (6)

2022年 9月 (6)

2022年 8月 (3)

2022年 7月 (6)

2022年 6月 (5)

2022年 5月 (3)

2022年 4月 (3)

2022年 3月 (4)

2022年 2月 (8)

2022年 1月 (7)

2021年12月 (5)

2021年11月 (2)

2021年10月 (12)

2021年 9月 (6)

2021年 8月 (4)

2021年 7月 (8)

2021年 6月 (7)

2021年 5月 (5)

2021年 4月 (15)

2021年 3月 (4)

2021年 2月 (3)

2021年 1月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (13)

2020年10月 (8)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (9)

2020年 7月 (5)

2020年 6月 (13)

2020年 5月 (7)

2020年 4月 (9)

2020年 3月 (16)

2020年 2月 (8)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (11)

2019年11月 (5)

2019年10月 (12)

2019年 9月 (13)

2019年 8月 (9)

2019年 7月 (13)

2019年 6月 (11)

2019年 5月 (8)

2019年 4月 (6)

2019年 3月 (13)

2019年 2月 (13)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (4)

2018年11月 (9)

2018年10月 (11)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (11)

2018年 7月 (12)

2018年 6月 (10)

2018年 5月 (11)

2018年 4月 (11)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (10)

2017年11月 (10)

2017年10月 (8)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (10)

2017年 7月 (12)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (3)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (10)

2016年11月 (19)

2016年10月 (12)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (11)

2016年 6月 (16)

2016年 5月 (24)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (14)

2015年11月 (5)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (13)

2015年 8月 (12)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (14)

2015年 3月 (21)

2015年 2月 (25)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (10)

2014年11月 (6)

2014年10月 (6)

2014年 9月 (13)

2014年 8月 (10)

2014年 7月 (7)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (8)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (15)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (11)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (15)

2013年 8月 (16)

2013年 7月 (25)

2013年 6月 (32)

2013年 5月 (14)

2013年 4月 (9)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (4)

2013年 1月 (6)

2012年12月 (14)

2012年11月 (17)

2012年10月 (12)

2012年 9月 (11)

2012年 8月 (13)

2012年 7月 (3)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (5)

2012年 3月 (4)

2012年 2月 (8)

2012年 1月 (8)

2011年12月 (15)

2011年11月 (11)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (7)

2011年 8月 (16)

2011年 7月 (9)

2011年 6月 (12)

2011年 5月 (9)

2011年 4月 (4)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (16)

2011年 1月 (18)

2010年12月 (12)

2010年11月 (9)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (12)

2010年 7月 (2)

2010年 6月 (2)

2010年 1月 (1)

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:207
  • 昨日のアクセス:734
  • 総アクセス数:7095287

RTF

  • ジャンル:日記/一般

fimo本部より『今回のRTFから出演者の方に、番組の2〜3日前に当日の戦略などのログをお願いします。』とのお話がありましたので、5月15日(木)のRTFについて書きたいと思います(^^)

さて今回の挑戦はサーフゲーム。先ずは放送予定日の選定について。
基本的にfimo生放送の他の番組の放送予定日と被らない限りはRTF挑戦者である僕が指定でき、およそ1ヶ月前に今回の日程に決定しました。

今回釣行予定しているサーフのシーズンとしては少々早めの選択だと思います。その理由としてはシーズン序盤は一発大物が混じる可能性があるので夢を持ってシーズン序盤を選択しました。

ん〜・・挑戦し過ぎたか?とも思いますがそこは全力で挑ませて頂きます!


さて当日のゲームプランですが、基本的にベイトが小ぶりなので9センチ前後の小型ルアーが主戦力になってきます。ベイト自体はもっとサイズは小さいですが、ターゲットのヒラスズキのファイトを考えるとルアーを小さくしてフックサイズを下げたくないので9cmルアーを主体と据えました。当日の主軸はZip Baitsの【ZBL 9F】【ZBL 9F Tidal】【S.P.M90】にフックサイズを♯6に上げたものを使用していく予定です。

これは強度を上げる以外にも泳ぎを弱くする効果を狙っています。


この他にたまに12センチ以上のミノーの方が反応が出やすい場合もあるので、当日の状況次第でSAURUS【シャロートプス】を織り交ぜて行くことになると思います。


普段この釣りをする時の自分のスタイルでもありますが、とにかくルアーチェンジをしまくる展開になると思います。

理由としてはその場にいる魚にルアーを見慣れさせない為と当日の波高、風、濁りなどによっての有効カラーを探し出す為です。

リトリーブ速度もキャスト毎にマチマチになると思います。その日その日で反応が出やすいリトリーブ速度に差があるので、その速度を探していきます。



戦術としてもう一つ。
当日海況にもよりますが、恐らく立ち位置の移動はあまりしないと思います。

以前は生放送用の電波の問題などで動けないということもありましたが、fimo本部の尽力のおかげで機材などの変更を経てかなり電波状況が良くなりました。

が、多分あまり動かない(笑)


見て頂いている方の中には『もう少し動いてみたら魚居るかもよ』『ここには魚居ないよ!動いた方がいいよ!』
と思われる方もいるでしょうが、撮影用の照明を考えての選択です。
実際に釣果に照明がどの程度影響するのかはわかりませんが、光源がやたらと動きまわるよりかは動かないほうが影響が少ないと考えての選択です。

勿論当日の海況次第ではランガンを選択するかもしれないですけどね(^^)


こんな感じで考えてます♪


さあ愛竿Black Fin9.4をブチ曲げることができるのでしょうか?

お願いだからブチ曲がれ!ブラックフィン!!


とか言いつつヒット時には超慎重にファイトしますけどね(笑)

この釣りはテールフック一本とかで浅いフッキングのヒットが多いので無理して元気なうちにズリ上げようとすると身切れでバレてしまうのです(^^;;


あとは当日の天候が良い事を祈るのみです(^^)




全力で挑みますのでご視聴して頂けたら幸いですm(_ _)m




iPhoneからの投稿

コメントを見る