プロフィール

ティー

栃木県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:82
  • 昨日のアクセス:242
  • 総アクセス数:190705

検索

:

QRコード

那珂川上流域 ホゲ~

vwwh7vds99avygz4c7xu_480_480-1b229ed3.jpg
去年の9月30日(10月1日記事ログ)から約半年ぶりに、
那珂川の上流域にルアー釣りをしにきました。

この区域は、4~5月はサクラマス期間です。
ソフトルアー禁止、シングルフックのみ、漁券購入
などの規則が設けられます(参照:茨城県HP内釣り規則





dfwb97p69p2i47bg42s7_480_480-2c13a577.jpg
私のなかでの那珂川の区域分けは、上図のようです。

今回は、上流域のなかの千代橋のあたりに行きました。
去年はフッコやスズキが釣れた場所です。

去年は初めての那珂川・涸沼川での釣りで、
2月末から3か月間、ホゲました。
(GWの新潟遠征では釣れたけど)
私の腕が変わってなければ、またホゲ祭りになりそうです。








uyaend7z4xktoxfg3kmv_480_480-62491ece.jpg
とりあえず、持っていくルアーをシングルフック化













59xagy58izmztmbiswu7_480_480-c94f873c.jpg
水温は17時 15℃、22時 13℃
川面では、小魚がけっこうモジっています。

まずは去年とおなじく、はじめにアガケを投げることに。
去年はこれでスモールマウス・バスが釣れたのですが。
そして数投目、反転流がありそうな場所を引いていたとき、

*バシャッ! ぐぐーっ!*

Σ(°Д°; いきなり水面爆発!?

水面で、ブラックバスらしい黄色い魚体が踊ります。
大きさは30~40cmくらい?
と、頭をよぎったのは、ブラックバスを釣ったら
川に放してはいけない、という那珂川の上流域のルール。

(もし釣ったら、シメて持ち帰らないとダメだ)

そのための折り畳みナイフは持っています。
しかし――いや――
躊躇している隙に、魚が凄まじい根性を見せ、
尻尾で水面に立つようなエラ洗いをし、フックアウト。


……とりあえず、ブラックバスはいて、表層に反応する、
と分かったのは収穫だと思うことに。

本命の狙いはサクラマスと、シーバス。
ここで困るのが、両者の狙いかたが違うこと。
サクラマスを狙うなら、リアクションを意識
シーバスを狙うなら、スローな動きを意識
――が、良いと思われるのですが?





 x5bxahxfi85jzk52z8mn_480_480-1c37c4c3.jpg 8chkodf2rc9thhvck3mr_480_480-3eb0a81c.jpg sm7b26h76gzozxs375j7_480_480-7638787e.jpg
結局、ルアーチェンジして、二兎を追うことに。

サクラマスを狙うのに、デビルフラッターやジャジャマル、
それにBUXSスプーンにアクションをつけて引いて――





wgx7so9brrzh5k65c2zp_480_480-77734209.jpg
シーバスを狙うのに、バーティスR-SSRやカゲロウ、
タイドミノー・リップレス、それにアガケのゆっくり引き。
いずれのプラグも、去年はヒットを生んでくれました。

水深は深くても1m程度、川底には水草や枯れ木が多いです。

(^^ まぁ、いきなりブラックバス掛かったし、
    な~にか一匹くらい、また釣れるやろ







i5xpi2cdzp3mvbd2xmav_480_480-d6af084c.jpg
しかし、なんの反応もないまま夜10時
シーンとした川と、疲労でギブアップ

(´;ω;`)ナマズ先生が助けてくれるかと思ったのに

なんだか、稚鮎がいなさそうな雰囲気でした。
稚鮎がいれば、夕方ににぎやかに跳ねるはずなのですが。
増水の影響などで、まだここまでは上がっていないとか?

あと、荒地を歩いたり、上流へウェーディングしたりする
のは疲れるということを忘れていて、バテてしまいました。
休憩の入れかたとか、川釣りのリズムを思い出さないとです。

次はもうちょっと下流の、去年はルアー禁止期間に
イカやキビナゴを投げていた場所に行ってみようかと。
ルアーが投げられるだけで、なんだか夢のようです。
 

コメントを見る

ティーさんのあわせて読みたい関連釣りログ