プロフィール

ザキミヤ

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:13
  • 昨日のアクセス:188
  • 総アクセス数:314592

QRコード

夢は語れ

「釣り」をやり込もうと思えば、その先は長い。
一生モノの趣味。
色んな価値観があって、思惑がある。
その中で釣り人は出会う。
ようこそ宮崎へ
今回は友が地元に遊びにいらした時のお話。
遠路遥々。陸の孤島へようこそ。どこに行くにも、どこから来るにも遠い。
天草遠征から一月も経たず、束の間の再会。
流石GW。ア…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 4. 〝遠征の終焉〟

不安定なデイゲーム
朝6:00。
既に東の空が明るくなってきた頃。
朝まずめ開始。これからタイド上がってくるタイミング。もう一本を得るために各々が〝感じる〟ポイントに入り、ジャイアントベイト、ビッグベイトを振り続けました。
川底が見えるクリアウォーターに加え、幾分減水傾向。今シーズンは夏から今日に至るまで…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 3. 〝夜談義〟

そのすべてが心身に沁みた
二人とも1本ずつ。最高の精神バランス 笑
話も弾み、食事の時間。キャンパーでもあるジャンキーさんから有り難く、食事を振る舞っていただけることに。冷え込む夜と餌切れした空腹。なにより、釣果に恵まれたことで束の間の脱力感。
熱々のカルボナーラと焼きたてのホットサンド&ウインナー。こ…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 2. 〝ふたり安打〟

本命のピン探し
完全に日が沈み夕まずめからナイトゲームへ。
フィールドが徐々に雰囲気を醸し出す。膨らむ期待に藁を握る。
「頑張って下さい」と言い残し。
ジャンキーさんと距離をとってワタシもエントリー。
上げ。
込みに乗じて遡上エリアに侵入してくる個体を狙いました。流れの変化は申し分なく。スイートスポット…

続きを読む

【川鱸への誘い】 4.〝骨のある釣り人〟

夕食を摂りながら、二人は色んな話を聴かせてくれました。
釣りの近況、天草のこと、生い立ち、二人の馴れ初め、釣り対する姿勢、ジャイアントベイト、アイデンティティ等々。
話は尽きない。
会話を交わすことで〝人となり〟が見えてきました。
この二人。釣り人である前に人として人格者。
話に一切の嫌味がなく気持ちが…

続きを読む

【川鱸への誘い】 3.〝ファーストコンタクト〟

仕事を終わらせ現地に向かい、無事に合流。
挨拶を交わし、早速フィールドを見てもらいました。
そのロケーションは彼らの眼にどう写っただろう。
河川は毎年地形が変化していくこと。
流れのルート、瀬、ブレイクの差し、タイドの影響。
まだまだ伝えたいことは沢山ありました。
海と川。まるで「勝手が違う」
ただ、釣り…

続きを読む

【川鱸への誘い】 1.〝はじまりはSNS〟

出会いはいつ如何なる時かわからない。
ワタシはfimoとInstagramを利用しています。
自分からゴリゴリアタックしていくタイプではありませんが、狭いストライクゾーンの中で琴線に触れる投稿、写真が目に止まった際には臆せず「いいね」を凹させてもらっています。
今回の話はそんな入り口からはじまりました。
前回のブロ…

続きを読む

協賛品について想うこと

博多湾ビッグベイトシーバスバトル2021。
参加者全員が釣行を終えて会場に無事帰還。
日付が変わり、翌日明けの3:00から始まった表彰式。
大会ではよく目玉になる景品。ぴーやまーんさんからも事前告知がなされてましたが、有名メーカーが軒を連ねてました。
いただく側からすれば景品だけど、主催者側からすると協賛品。

続きを読む

博多湾ビッグベイトシーバスバトル2021に参加して

10月9日
fimoでもお馴染み、ぴーやまーんさん(山浦さん)主催による博多湾ビッグベイトシーバスバトル2021が開催されました。
福岡の都市高速に右往左往しながら無事着。
九州内外から40名の参加者。
心は受験生。
みんな凄そうに見える。いろいろ不安になってきた 笑
それがビッグベイト、ジャイアントベイト限定だから尚…

続きを読む

断面図

釣り場の状況を共有する場面てありますよね
あの場所はあーだとか、この場合はこーだとか
先月、宮崎に遊びに行った時のこと
まぁ先月に限ったことではないんですが
その時はヌタイさん、ヨークさんの話を聞いてました
なかなか表現が難しいですけど
二人ともフィールドの分析が細かい
話には時系列が連動するマメさ
内容…

続きを読む