プロフィール

加藤義朗@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:54
  • 総アクセス数:239643

アーカイブ

検索

:

ベストフィッシュ TOP5 2018

自分の釣りを振り返ることは、次の釣りの糧になると思うのです。そこで、ボクがルアーフィッシングを始めた2003年以降の写真を改めて見直すことから始めてみました。
ルアーで釣った、初めてのシーバス、初めてのニゴイ、初めてのランカー、初めての磯マル、初めてのエイ、初めてのロックフィッシュ、初めてのヒラメ、初め…

続きを読む

初めての湾奥イナダ

あちらこちらから東京湾奥にイナダが襲来しているとの声が聞こえてくる。
実はショアから青物を釣ったことのないボク。是非この機会に釣り上げてみたいものだと思い、ショアジギングの達人アキさんに教えを乞うた。
一見何の変哲もなく、長く続く岩壁の中で、アキさんが何年もかけて探し当てたポイント、駐車場所、エント…

続きを読む

待ってろ、アカメ! その2

相変わらず高知遠征のためのルアーが絶賛増殖中。
6年前に高知に遠征した時は、ボトムの釣りをしませんでした。
ところが、ボトムでステイさせているオグルをアカメがじっと見つめていたというエピソードを聞いたことにより、次回は甲殻類を捕食している個体も意識してみようと考えました。
そこで手に入れたのがこの二つ…

続きを読む

待ってろ、アカメ!

2011年8月、友人の岡ちゃんを頼って、高知にアカメ遠征に行きました。
その時の模様は、下記リンクを含めて5話にまとめてありますので、もしよろしかったら御覧になってください(大きな声の出る動画がありますので、御注意ください)。
http://www.fimosw.com/u/kazu/cngk4ri83epkmr
最近になって、ボクの中でアカ…

続きを読む

さてどう攻めようか -不安と焦りと感謝-

友人のゐ氏が、経営していた店舗に一区切りをつけ、引っ越しをすることになった。ボクのサーフの釣りは、いつも彼の調査と情報とアドバイスと親切心に依存しているのだが、依存できなくなるという事情だけでなく、一緒に釣りをする機会がなくなるかもしれないこと自体がとても寂しかった。以前から知らされてはいたものの…

続きを読む

サーフの釣りと生活リズム

釣りが大好きだ。綺麗な海で美味しい魚を釣って食べるのも大好きだ。サーフの釣りでその可能性が高いのは朝マズメがベストのように思う。
しかし、週明けの疲労と仕事への影響を考えると、疲労を抜くために休暇を取るか、セカンドベストの夕方マズメを選択し、生活リズムを乱さないようにしなければならない。もはや若いと…

続きを読む

これだから釣りは面白い

結論から先に言うと、1バイトノーヒット。負け惜しみを言えば、不安を乗り越え経験を積んだというところだろうか。
1週間前から砂友のゐ氏が海況を調査してくれていた。彼の心遣いがなければ、ボクのサーフでの釣りは成立しないと言っても過言ではない。
今回の条件はすこぶる良かった。潮回りも良い。波も良い。潮色も…

続きを読む

サーフと不安

実は不安でたまらないのだ。「釣れる気しかしない」などと強がっていたが、その実は不安でたまらないのだ。
「最近、海を見る眼がついてきた」と何回か書いたことがある。でも、実は結果オーライにしか過ぎないような気がしてならない。年に10回サーフに行けるかどうかのアングラーに、そう簡単に海を見る眼がつくとは思…

続きを読む

久しぶりのサーフヒラメ

年末から年度末にかけて、周囲の都合に振り回されて自分のペースで生活が出来ず、休日の過ごし方も思うようにいかなかった。5月になっても、ボクは少しばかり疲れていた。

今年初めてのサーフフィシングに出かけてきた。南房総一帯にイワシがビッシリと入っていて、景気の良い話があちこちから聞こえてくる。
そんなタ…

続きを読む

FSの収穫

初めてのフィッシングショーに行ってきました。激混みでした(^_^;) 釣具に触るのも一苦労。
ダイワのスピニングにはなんとか触れました。カルディアレベルでも、前よりも回転がスムーズになってたような気がします。
セミナーにも参加してみました。
剥製メーカーがブースを出してました。いつかこんなメモリアルフィッシ…

続きを読む