プロフィール

加藤義朗@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:18
  • 昨日のアクセス:32
  • 総アクセス数:239775

アーカイブ

検索

:

共感は感動を大きくする

ボクは、「○○読了」という形で、備忘録も兼ねて読んだ本を紹介しています。あの紹介文、裏表紙や解説から写していると思われるかもしれませんが、完全オリジナルです。「この本の紹介文はどのように書こうかなあ」と考えながら本を読んでいます。
そんな読み方をしたら面白くないのでは?と思われるかもしれませんが、案外…

続きを読む

今年の出会い 総まとめ

今年は、17作品(20冊)の小説に出会うことができました。今年も多くの秀作に出会いました。
これらの全ての作品にそれぞれ思い入れがありますが、その中で敢えてベスト3を選ぶとすれば、次のとおりです。来年はどんな秀作に出会えるか、今から楽しみです。
《ベスト3》
東野圭吾『放課後』
辻村深月『ツナグ』
柳広司『…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 4 サミング?フェザリング?バックラッシュ?(リールワーク)

(1)サミング、フェザリング
日本の釣り用語において、サミングとフェザリングといえば、そのどちらも、リールからラインが放出される勢いと量をコントロールする手法を指すと思うのですが、では、両者の違いは何でしょうか。
私がこれまで見聞きした範囲では、ベイトリールのラインの放出を親指(thumb)でコントロール…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 3.2 ロッドワーク(スイープにアワセる??)

ルアーフィッシングを始めてから最も気持ち悪かった用語の一つが、「スイープにアワセる」です。正直なところ、なんじゃそりゃ?という印象でした。
バチ抜けのシーズンになると、必ずと言っていいほど「スイープにアワセる」という言葉を聞きます。バチ抜けパターンの時のアワセ方は、バイト後に鋭く即アワセするのではな…

続きを読む

間違いだらけの釣り英語 Part 3.1.2 ワインドは日本発祥?!

スイープほどではありませんが、一般的な意味との乖離ゆえに違和感を禁じ得なかったのがワインドです。
メーカーの説明や周囲の釣り人の会話をを見聞きする限り、日本においては、「ロッドをジャーク(又はトゥイッチ)することにより、ルアーを横っ飛び(ダート)させて魚を誘う釣法」のことを「ワインド」と呼ぶのが通説…

続きを読む

フルメンテナンス LOVE ♡

リールのメンテナンスかと思われた方、申し訳ありません。靴のフルメンテナンスについてのログです。
リールはダイワ製を使っていますが、分解するには特殊な工具が必要なので、セルフメンテは諦めて、水洗いと陰干ししかしていません。
さて、本題。
ボクは革靴が大好きで、最も長いもので27年履き続けています。良いも…

続きを読む