プロフィール

加藤義朗@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2020/6 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:31
  • 総アクセス数:238341

アーカイブ

検索

:

狐の面

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
森見登美彦『きつねのはなし』読了。
表題作を含む四作の短編集です。
京都で古道具屋を営む店主、アルバイトの大学生、「常連客」の天城氏、もう一人の常連客の須永氏、アルバイト学生のガールフレンド。表題作は、この四人に纏わる狐の面を巡るはなしです。
「天城さんが冗談であなたに何か要求するかもしれませんが、決…

続きを読む

事実と真実

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
凪良ゆう『流浪の月』読了。
たまにはミーハーのごとく、本屋大賞受賞作を文庫化前に読んだりするんです。
本作のテーマは、「喪失と恢復」、「事実と真実」。
本人たちの認識とは全く異なる「罪状」のために平穏な生活を奪われる更紗(さらさ:女性)と文(ふみ:男性)。ネット上に蔓延る無責任な中傷、胸を抉られるほどの…

続きを読む

魚の意外な生態

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
松浦啓一『したたかな魚たち』読了。
釣人としては気になって仕方がない魚の生態。ボクの好奇心をこの上なく満たしてくれました。
魚の生態について述べた以下の5つの設問に対し、正しい場合は○、誤っている場合には×で答えてみてください。正解はこの投稿の最下部にあります。
①イシダイの縞模様は横縞である。
②ハコフ…

続きを読む

強く惹かれているのに…

  • カテゴリー:書籍・雑誌
  • (読書)
西加奈子『きいろいゾウ』読了。
ムコさん(夫)とツマさん(妻)の物語。お互いに深く愛しあっているのに、強く惹かれているのに、ありがとうを言いたいのに、大切なときに恥ずかしがりやになる。だから、自分の気持ちを日記に書いたり、心に留めておく。ところが、ある出来事をきっかけに、二人の心にすれ違いが…
個性豊…

続きを読む

共感は感動を大きくする

ボクは、「○○読了」という形で、備忘録も兼ねて読んだ本を紹介しています。あの紹介文、裏表紙や解説から写していると思われるかもしれませんが、完全オリジナルです。「この本の紹介文はどのように書こうかなあ」と考えながら本を読んでいます。
そんな読み方をしたら面白くないのでは?と思われるかもしれませんが、案外…

続きを読む