プロフィール

加藤義朗@食べる!

東京都

プロフィール詳細

saltwater anglers minimumhorizon オレノスタイル Fisherman's cafe

カレンダー

<< 2020/7 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:127
  • 総アクセス数:232254

アーカイブ

検索

:

おかずフィッシングは正義なり

先日キス釣りに行きました。
この釣りの目的は、食べるための魚を釣ること。面接官さんの言葉を借りれば、「おかずフィッシングは正義」なのです。
満潮からの下げの時合い。このポイントなら一番釣れる時間帯。ところが、最初だけポツッと釣れただけで沈黙。
あっちこっち動き回っても単発。
我慢の時間が続きましたが、…

続きを読む

やっと釣れた!

やっと釣れた♪( ´▽`)
甥っ子、義従兄、妻と一緒に、敦賀に行って五目釣りをしました。
我慢の時間がありましたが、ポツポツと匹数を増やしていきました。シロギス、メゴチ、キュウセン、カサゴ、ムラソイ、アイナメ。
全て天麩羅で美味しくいただきました。

続きを読む

釣り人の特権〜釣魚を釣り場で食す〜

釣り人の特権の一つは、市場に出回りにくい釣魚を新鮮なまま食べられることだと思う。
先日、妻と2人でシロギスとアナゴを釣りに行った。明るい時間帯にシロギス、夕マズメからはアナゴのリレーの予定だった。
ところが渋いのなんの。妻に釣れるのは、ホシササノハベラ、ウミタナゴ、クサフグ…  ボクにはアタリはあっても…

続きを読む

シロギス五目@敦賀湾

甥っ子・健太朗がついに就職した。
まだまだ子供だと思っていたが、大人が思うほど子供の成長は遅くないわけで、お互いのスケジュールを合わせて釣りに出かけることは簡単ではない。
健太朗が就職して迎える初めてのGW。会社の計らいで飛び石を埋めて長期休暇を取れたそうで、偶然と言えるほど、ボクとスケジュールを調…

続きを読む

今年2度目のシーバス船 正人君とともに

ボクには、とても尊敬し、敬愛する義理の従兄がいます。名前を正人君といい、岐阜県に住んでいます。
正人君は、親戚が集まる時には、美味抜群の料理を振る舞い、巧みな会話で場を盛り上げる一方で、目立ち過ぎないような配慮もできる人なのです。
「あぁ、こんな人になりたいなあ」と思わせてくれる素敵な人です。
そんな…

続きを読む

竿頭には届かず… 一年ぶりの健太朗とのシーバス船

甥っ子健太朗が大阪から東京に遊びに来た。大学卒業に必要な単位をとっくに取り終えていて、就職までの貴重な時間を貴重な遊びに使っている。東京に遊びに来たのはその一環だ。
健太朗が就職すると、一緒に遊びにくくなってしまう。そういう意味では、ボクにとっても「貴重な時間の貴重な遊び」なのだ。
健太朗が来ると、…

続きを読む

私のルアー2017

2017年は初めてショアからのイナダ釣りに挑戦した。ソル友さんのサポートもあって、最終的に釣果に恵まれた。
何度も何度もルアーを投じ、バラした魚は数知れず、ストラクチャーに潜られてラインを切られること2回。正直自分には獲れないとまで思った。
そんな中でも一番ヒット数が多く、最後まで信じて投げ続けられたル…

続きを読む

シーバス船 渋々

先日、深川吉野屋からシーバス船に乗ってきました。甥っ子(健太朗)とその友達(えんどぅ)が東京に遊びに来た時の恒例行事です。
潮回りはよろしくありません。釣果を期待してはいけないと予め念を押しておきました。
それでもボク達のテンションは高く、どうしても期待をしてしまうのです。
船長は、いくつかのストラク…

続きを読む

磯マルを食べる!

  • カテゴリー:日記/一般
  • (料理)
先日釣った磯マルを料理してみました。
結論から言うと、激しく美味しかったです(^^)
ナイフを忘れたせいで締めて血抜きができなかったのは痛恨ですが、思いのほか身に血が回っておらず、美味しく頂けました。
まずは定番の刺身。
食べ応えが欲しくて厚めに切りましたが、思いのほかコリコリ感が強く、もう少し寝かすか薄…

続きを読む