プロフィール

ザキミヤ

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/1 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:18
  • 昨日のアクセス:502
  • 総アクセス数:293545

QRコード

一年の計

テーマは持つべき
毎年。なにかしらテーマを掲げます。
ワタシの場合、テーマ無しにボンヤリ進んでしまうと結局何がしたかったのか曖昧に終わってしまうことが多いので、そうするようにしています。
が。
テーマ通りにいった試しがありません 笑
必ず脱線していくワタシですが、軌道修正する際にやはりテーマという明確な…

続きを読む

大恩は釣果で〝aim at the target with a lure〟

エルホリゾンテ75の〝怪〟
仮眠明け  夕まずめ襲来。
今度はワタシ自身、タイムアップとの勝負。
やはり「嬉しい」で済ませては芸がない。
ロッドをエルホリゾンテ75に変更し水辺に立つ。
使用感を掴むために2oz~6ozを試投しつつ釣りを開始。2ozジョインテッドクロー178にはオーバースペックですが、キャストに関して「投…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 4. 〝遠征の終焉〟

不安定なデイゲーム
朝6:00。
既に東の空が明るくなってきた頃。
朝まずめ開始。これからタイド上がってくるタイミング。もう一本を得るために各々が〝感じる〟ポイントに入り、ジャイアントベイト、ビッグベイトを振り続けました。
川底が見えるクリアウォーターに加え、幾分減水傾向。今シーズンは夏から今日に至るまで…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 3. 〝夜談義〟

そのすべてが心身に沁みた
二人とも1本ずつ。最高の精神バランス 笑
話も弾み、食事の時間。キャンパーでもあるジャンキーさんから有り難く、食事を振る舞っていただけることに。冷え込む夜と餌切れした空腹。なにより、釣果に恵まれたことで束の間の脱力感。
熱々のカルボナーラと焼きたてのホットサンド&ウインナー。こ…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 2. 〝ふたり安打〟

本命のピン探し
完全に日が沈み夕まずめからナイトゲームへ。
フィールドが徐々に雰囲気を醸し出す。膨らむ期待に藁を握る。
「頑張って下さい」と言い残し。
ジャンキーさんと距離をとってワタシもエントリー。
上げ。
込みに乗じて遡上エリアに侵入してくる個体を狙いました。流れの変化は申し分なく。スイートスポット…

続きを読む

ジャンキーさんと行く川鱸 1.〝やっとこの日が〟

「いつか」を叶えるため
ジャンキーさんと出会って何年経ったんだろう。 
色々見返すと2017年だったと思われます。
はじめてFOOKの飲み会に呼んでいただいたのが初対面。
あの頃はイケイケでしたね 笑 というより眼光ヤベーな 爆
それから、ちょこちょこお声かけ下さり、気に掛けてもらい。沢山の知識と刺激をもらいなが…

続きを読む

【川鱸への誘い】 5.〝またいつかこの場所で〟

まだ日も上がらぬ明け方。
再び川へ。
彼らの復路を考えるとタイムリミットは昼。
エリアを変え、可能性を探し、やれることをやる。
しかし、鱸の姿を見ることはできませんでした。
ガイド役として力不足。川に厳しさを教えられました。
それでも。二人は最後までジャイアントベイトを一貫。
屈さず諦めない後ろ姿が今も眼…

続きを読む

【川鱸への誘い】 4.〝骨のある釣り人〟

夕食を摂りながら、二人は色んな話を聴かせてくれました。
釣りの近況、天草のこと、生い立ち、二人の馴れ初め、釣り対する姿勢、ジャイアントベイト、アイデンティティ等々。
話は尽きない。
会話を交わすことで〝人となり〟が見えてきました。
この二人。釣り人である前に人として人格者。
話に一切の嫌味がなく気持ちが…

続きを読む

【川鱸への誘い】 3.〝ファーストコンタクト〟

仕事を終わらせ現地に向かい、無事に合流。
挨拶を交わし、早速フィールドを見てもらいました。
そのロケーションは彼らの眼にどう写っただろう。
河川は毎年地形が変化していくこと。
流れのルート、瀬、ブレイクの差し、タイドの影響。
まだまだ伝えたいことは沢山ありました。
海と川。まるで「勝手が違う」
ただ、釣り…

続きを読む

【川鱸への誘い】 2.〝未知のフィールドへ〟

ノムさん
普段は天草の海で海峡鱸を追うアングラー。
釣り人なら一度は耳にするだろう憧れの海。
私も天草には縁があり、その地域性は海洋にS級特化。流石は「宝島」。海原が織り成す素晴らしい自然と環境がそこに。
天草五橋で繋がってこそいますが所謂離島であり、一級河川が存在しないという土地柄でもあります。
今回…

続きを読む