プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:40
  • 総アクセス数:393379

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

PEラインと再現性

当番の川本です。

ここ最近は何年かに一回訪れる病気で船釣りの根魚にハマっています。

どの釣りでもそうですが、型にしろ数にしろ他人より釣ろうと思うとその日その時のパターンを掴んで、如何に同じ事を繰り返し再現出来るか?が重要になってきます。

船でロックフィッシュをする場合ですと、リグの重さやカラーも重要ですが船釣りではバーチカルにせよキャスティングにせよ個人的に一番重要だと思うのは棚取り。

狙った棚もちろん、根掛かりを回避するという意味でもこれが一番重要かと

で、是非使っていただきたいのがマーキング付きのPEライン

最近のタイラバなどで使われるカウンター付きのリールであればマーキングが付いていなくてもいいんですが、そうでない場合は感覚もしくはカウントで棚取りって事になってきます。

wkbejwg34xvh3e3z7rn4_480_480-0f6d5c10.jpg

同じ場所に船が居ても干満差や波の大きさや速さで深さが変わってくるので、当然ラインの放出量が変わってきます。

これマーキングがないとホントに苦労します。

でもねカウンター付きのリールでない場合でもマーキングがあると当然の事ながらどれくらいラインが出てるか一目瞭然!

z6tktfa73i5x4575gre7_480_480-05ba5cce.jpg

で棚や距離の再現がちゃんとできるといい型連発なんて事が♪

gpeed8rzna2j2d5pdmar_480_480-7970a20a.jpg

mu4ky9776r9k6i72d8vv_480_480-ad8cfec6.jpg

これシーバスでルアーをドリフトで流す場合にも重宝しますので

マーキング付きのラインを是非使ってみて下さいね~





 

コメントを見る