プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:77
  • 総アクセス数:281095

カレンダー

<< 2020/8 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

【 動画公開 】北のサクラマスを追いかけて

全国で緊急事態宣言が解除されて、まずは一歩前進した感じですが、ウィルスが無くなったわけではないので、くれぐれも3密の回避と手洗いを徹底しましょう。
さて、今回は北海道で撮影した海サクラマスの映像をお知らせします。
※非常事態宣言発出前に撮影したものです。
 https://www.youtube.com/watch?v=r3Fx2izMYQY
ア…

続きを読む

ヒラスズキ、青物ゲームにおけるPEラインの役割とは?

先日、フィールドスタッフの山田秀樹さんと大澤大介さんで長崎の五島列島でヒラスズキと青物ロケをしてきました。
が、天候に左右されるこの釣り。
二人が合うスケジュールなどを考慮すると、なかなかベストな日程を組めず、ようやく合ったタイミングでロケをしましたが、初日のみ風があり、サラシも少しあったが活性が低…

続きを読む

秋のハイシーズン目前の山陰シーバス。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
9月も終盤となりいよいよ秋のシーバスハイシーズンとなります。
今年の9月は夏日が続き暑い中の釣行が
続きましたが、それでもフィールドは
一雨毎に少しずつ秋らしく
なってきました。
さて、メインのフィールドは汽水湖。
ドオープンエリアの中でシーバスを
狙います。
オー…

続きを読む

夏の振り返り。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
8月も終盤。
夏の終わりが近づいてきました。
今回は夏の振り返りをしてみたいと思います。
相変わらずメインはシーバスです。
雨もほとんど降ることもなく、蒸し風呂状態だった汽水エリア。
シャッドでカケアガリやストラクチャーに着く魚を狙った釣りが殆どでしたが、夏のシ…

続きを読む

より繊細に。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
スタートが遅れていた夏のシーバス
ゲームも今となれば好調です。
今回はタイトルにある通り繊細な
ゲーム展開が多かったので使用ライン
について書きたいと思います。
今年はワームや小型のバイブレーション、
シャッド、ミノーと小型かつ軽量の
ものや微波動のプラグの使用が…

続きを読む

強い糸も所詮は糸

日々意味の分からない忙しさに追われる中間管理職
川本です・・・・・
最近はといいますと、ちょっと落ち着いたか?に思えた仕事が目が回る忙しさになりまして
ほとんど釣りに行けず・・・・
禁断症状が出始めていた矢先の降雨
!!!
ピンっと来る訳です
で、ここ怪しいな~~~~~
の一投目
気配ムンムンの潮目
潮目の…

続きを読む

トップチニングとライン

こんにちは、山豊テグスフィールドスタッフの湯村です。
今回のテーマはトップチヌと僕自身がメインで使用しているラインとリーダーのことを書いてみます。
僕の住む宮崎県では、干潟やシャローな海側のポイントは少なくメインは河口域や河川内が主なポイントとなります。
ご近所チニングポイントがだいたい車で5分程度な…

続きを読む

魚に近づきやすくするために。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
気候がなかなか安定しない6月。
ホームの鳥取県では降水量も少なく
今年の状況は例年に無いくらい苦戦中。
しかし自然界はしっかりと夏に
向かっており、トップにも反応が出て
くれております。
また、小型ミノ―のジャーキングで
しっかりと上まで魚を引っ張り出したりと
厳し…

続きを読む

強い!!

どうも
ご無沙汰しております
担当の川本です
<(_ _)>
 
前回は本業多忙で釣りに関わる事が全く出来ておりませんでしたので一回飛ばさせていただきました
 
で、今回は本業の方も落ち着きましてようやく心置きなく釣りに行けましたのでそちらのネタを少しばかり
 
4月と言うとホームエリアはあらゆる魚が動き始めるタイミ…

続きを読む

【鹿児島からの遠征者~小原君来分~】

皆様こんにちは。
大分県フィールドスタッフの梶原です。
今回は先日鹿児島の山豊フィールドスタッフ小原君が大分遠征に来られたので、そのお話しをさせて頂きたいと思います。
小原君が大分でまともに釣りをするのは初めてだったこともあり、全力でガイドさせて頂きました。
私も小原君には普段から鹿児島遠征時に大変お…

続きを読む