プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:628
  • 昨日のアクセス:86
  • 総アクセス数:280651

カレンダー

<< 2020/8 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

フロロショックリーダー。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
朝晩が冷え込み秋本番といった感じです。
ホームの山陰では汽水湖のハゼパターンを楽しんでいました。
サイズこそド級は出ないもののしっかり答えが返ってくるゲームで楽しめました。
さて、今回は使用しているリーダーについて。
ボトムの釣りやリフト&フォールの縦の釣りが多…

続きを読む

秋のハイシーズン目前の山陰シーバス。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
9月も終盤となりいよいよ秋のシーバスハイシーズンとなります。
今年の9月は夏日が続き暑い中の釣行が
続きましたが、それでもフィールドは
一雨毎に少しずつ秋らしく
なってきました。
さて、メインのフィールドは汽水湖。
ドオープンエリアの中でシーバスを
狙います。
オー…

続きを読む

夏の振り返り。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
8月も終盤。
夏の終わりが近づいてきました。
今回は夏の振り返りをしてみたいと思います。
相変わらずメインはシーバスです。
雨もほとんど降ることもなく、蒸し風呂状態だった汽水エリア。
シャッドでカケアガリやストラクチャーに着く魚を狙った釣りが殆どでしたが、夏のシ…

続きを読む

より繊細に。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
スタートが遅れていた夏のシーバス
ゲームも今となれば好調です。
今回はタイトルにある通り繊細な
ゲーム展開が多かったので使用ライン
について書きたいと思います。
今年はワームや小型のバイブレーション、
シャッド、ミノーと小型かつ軽量の
ものや微波動のプラグの使用が…

続きを読む

魚に近づきやすくするために。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
気候がなかなか安定しない6月。
ホームの鳥取県では降水量も少なく
今年の状況は例年に無いくらい苦戦中。
しかし自然界はしっかりと夏に
向かっており、トップにも反応が出て
くれております。
また、小型ミノ―のジャーキングで
しっかりと上まで魚を引っ張り出したりと
厳し…

続きを読む

遅れ気味のシーズン。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
山陰地方もようやく気温が安定してきました。
今年の春は例年に比べシーバスのスタートが遅れ気味。
昨年と比較すると1週間ちょっと遅め。
それでも着くところには手堅く魚は居る感じで、5月はバイブレーションでのボトムの釣り。
流れの強弱にあわせてウエイトや樹脂や鉄板と…

続きを読む

山陰、春のハイシーズン。

こんばんは。
フィールドスタッフ佐藤です。
4月も半分が過ぎ山陰のシーバスゲームは春のハイシーズンといったところです。
コノシロパターンにアミパターン、そしてバチ。
ポイントによって異なりますがいずれも良いサイズの鱸が期待できます。
基本的に私が行くポイントは流れが釣果の鍵となっています。
ハイシーズンだ…

続きを読む

春の兆し。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
3月も後半。
いよいよ春到来といったところです。
私のホームでも例年通り春の兆し。
シーバスもまずまずといったところになってきました。
一方で、冬から狙っていたクロソイの方は相変わらずパッとしなく厳しい状況。
シーズン的にももう終わりに近いんですが、何とか良い個…

続きを読む

太いラインでも釣れる。

2月ももう終わり。
あっという間に過ぎた2月でしたが気が付けばもうアフターシーバスの時期です。
私のホームである汽水湖でもアフターシーバスが帰ってきている様子です。
ホームの汽水湖では流れが常にある訳ではなく、どちらかと言えば風によって水の動きが作り出されることが多い。
特に冬場からアフターシーバスのシ…

続きを読む

山陰クロソイゲーム。

こんにちは。
フィールドスタッフの佐藤です。
2019年も始まりあっという間に1月も終わりになりました。
今シーズンは山陰地方では暖冬の影響を受けてているせいか、雪が殆ど降っておりません。
もちろん魚たちにも影響しており、冬の楽しみであるメバルゲームでは非常に苦戦しております。
ただし、一番の楽しみはクロソ…

続きを読む