プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:30
  • 昨日のアクセス:79
  • 総アクセス数:277879

カレンダー

<< 2020/7 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

ヒラスズキ、青物ゲームにおけるPEラインの役割とは?

先日、フィールドスタッフの山田秀樹さんと大澤大介さんで長崎の五島列島でヒラスズキと青物ロケをしてきました。
が、天候に左右されるこの釣り。
二人が合うスケジュールなどを考慮すると、なかなかベストな日程を組めず、ようやく合ったタイミングでロケをしましたが、初日のみ風があり、サラシも少しあったが活性が低…

続きを読む

炎天下

ども
m(__)m
今年は何故だかとてつもなく忙しく過去に覚えがないくらい釣りに行けてない川本です・・・
とは言えあまりにも行ってないと禁断症状が出てくるので、どうにか時間をやりくりして半日とか都合をつけて行っております。
しかしながらこの暑さ・・・・
毎年の事ながらの酷暑
この炎天下シーバスを追い求めての藪…

続きを読む

ボートロックでもラインは・・・

あれ???
更新おくれてました(笑)
山豊テグスフィールドスタッフの湯村です。
今回はボートロックとラインについて。
僕がメインで使用しているラインはFAMELL ジギング8の1.2号
ターゲットはオオモンハタやアカハタです。
この2種、ロックフィッシュというカテゴリーで似ているのですが性質が違い攻め方も変わってき…

続きを読む

PEラインの手入れ

こんにちは、山豊テグスフィールドスタッフの湯村です。
今回のテーマはPEラインの手入れ、主に塩抜きについて書かせて頂きます。
と、言いましてもなにか裏技的な特殊なことをしている訳ではなく、ちょっとした便利グッズを使ってるだけなのですが、参考にして頂ければ幸いです。
その前に、PEラインの塩抜きは必要か…

続きを読む

超オオモンハタハンティング

皆さん、こんにちは。
山豊テグスフィールドスタッフの湯村です。
今回はソルトネタ、オオモンハタの大型に狙いを絞ったキャスティングゲームについて書かせて頂きます。
まず、ポイントとしては磯からとそれからマイボートによるフラットエリア・岩礁帯エリアがメインとなります。
オオモンハタは、ゴツゴツの岩礁帯にも…

続きを読む

ネタが・・・

どもども川本です。
タイトルにもありますようにこれといったネタがありません(笑)
ホントにありません(泣)
というのも皆さんご存知のように西日本は豪雨災害がありまして、ホームエリアは人的被害は無いもののよく行く河川では16m増水なんていう過去に記憶にないくらい増水したりで地形がガラッと変わったりで、魚を…

続きを読む

PEラインと再現性

当番の川本です。
ここ最近は何年かに一回訪れる病気で船釣りの根魚にハマっています。
どの釣りでもそうですが、型にしろ数にしろ他人より釣ろうと思うとその日その時のパターンを掴んで、如何に同じ事を繰り返し再現出来るか?が重要になってきます。
船でロックフィッシュをする場合ですと、リグの重さやカラーも重要で…

続きを読む

PEとタックルバランス

 
 
島根の川本です。
 
前回の私の回ではリーダーについて少し書かせていただきましたが、今回はPEとタックルバランスについて少し書こうと思います。
 
 
現在シーバスをされるアングラーのほとんどの方がメインラインはPEを使用されているかと思います。
 
私もメインラインはもちろんPEを使用していて主に張りのあるPE…

続きを読む

初めましてYAMATOYOフィールドスタッフ河野です。

皆さんこんにちは、九州大分のYAMATOYOフィールドスタッフ、河野です。
ゴールデンウイークも終わり、良い釣行は出来ましたか?
山豊テグス公式ブログもGWはお休みでした。
 
2018年4月2日月曜日から始まった山豊ブログ、フィールドスタッフが当番でアップしてきました、自分は最後の担当になります、今後ともよろしくお願…

続きを読む

スピニングで太糸を使うメリット [小原暁彦]

山豊テグス 鹿児島フィールドスタッフの『こばっち』こと小原暁彦(こばらあきひこ)です!
 
http://www.fimosw.com/u/KOBARA
https://www.facebook.com/akihiko.kobara
  
自己紹介から入るスタッフも居りましたので、僕もそれにあやかる形で自己紹介からさせて頂こうと思います。
僕がメインに動いているフィールドは、た…

続きを読む