プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:100
  • 昨日のアクセス:118
  • 総アクセス数:212536

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

北海道の渓流釣行

こんにちは。
北海道の小川 貴恵です。
今年の北海道は異常に暑い日があったり雨が少なかったりと苦戦続きです。
北海道は上川・空知・石狩・後志・檜山・渡島・胆振の各振興局所管区域内の内水面はヤマメ釣りが解禁になり、渇水気味の河川ではありますが渓流には多くの釣り人を見かけるようになりました。
(日高・十勝・…

続きを読む

アジングPEラインの号数

 皆さんこんにちは、九州大分のYAMATOYOフィールドスタッフの河野です。
最近、雨が凄い!この原稿を書いている時も豪雨・・!
 
さて夏に近づくにつれ、段々とメバルは少なくなり、変わってアジの活性が上がって来ます。
 
アジングはエステルラインやナイロン、フロロそしてPEラインとあります。
今回ご紹介したいのは…

続きを読む

遅れ気味のシーズン。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
山陰地方もようやく気温が安定してきました。
今年の春は例年に比べシーバスのスタートが遅れ気味。
昨年と比較すると1週間ちょっと遅め。
それでも着くところには手堅く魚は居る感じで、5月はバイブレーションでのボトムの釣り。
流れの強弱にあわせてウエイトや樹脂や鉄板と…

続きを読む

山陰、春のハイシーズン。

こんばんは。
フィールドスタッフ佐藤です。
4月も半分が過ぎ山陰のシーバスゲームは春のハイシーズンといったところです。
コノシロパターンにアミパターン、そしてバチ。
ポイントによって異なりますがいずれも良いサイズの鱸が期待できます。
基本的に私が行くポイントは流れが釣果の鍵となっています。
ハイシーズンだ…

続きを読む

渓流解禁!

皆さんこんにちは!
茨城の鈴木です(^-^)
4月に入り、私の地元もついに渓流が解禁になりました♪
今年はまだ行けてないのですが、
今季の新作渓流ロッドも手元に届いたのでウズウズしています♪
来週辺りには1度行きたいと思っています(^-^)
さて、今日は渓流ベイトタックルのラインにまつわる苦〜い体験談をお話します(笑…

続きを読む

春の兆し。

こんにちは。
フィールドスタッフ佐藤です。
3月も後半。
いよいよ春到来といったところです。
私のホームでも例年通り春の兆し。
シーバスもまずまずといったところになってきました。
一方で、冬から狙っていたクロソイの方は相変わらずパッとしなく厳しい状況。
シーズン的にももう終わりに近いんですが、何とか良い個…

続きを読む

太いラインでも釣れる。

2月ももう終わり。
あっという間に過ぎた2月でしたが気が付けばもうアフターシーバスの時期です。
私のホームである汽水湖でもアフターシーバスが帰ってきている様子です。
ホームの汽水湖では流れが常にある訳ではなく、どちらかと言えば風によって水の動きが作り出されることが多い。
特に冬場からアフターシーバスのシ…

続きを読む

この時期はメバル!ラインは「PE LIGHT GAME WHITE」!

 皆さんこんにちは、
九州大分のYAMATOYOフィールドスタッフの河野です。
 
寒い季節はどうしてもライトゲームが主になって来ると思います。(自分だけ?)最近は細いラインも強くなり使いやすくなりました。 
この時期はやはりメバル!
 
主にメバルの場合はPEラインを使う事が多くなってきました。以前はフロロライン等…

続きを読む

太めのPEラインのメリット

こんにちは、茨城の鈴木貴文です。
今日はラインの太さについてお話しさせて頂きます。
皆さんは普段シーバスを狙う際、どんな太さのPEラインを使っているでしょうか?
一般的には0.8号〜1.2号、太くても1.5号までを使う方が多いと思います。
スピニングで細いラインを使用すると、風の影響や流れの影響を受けにくく、ルア…

続きを読む

山陰クロソイゲーム。

こんにちは。
フィールドスタッフの佐藤です。
2019年も始まりあっという間に1月も終わりになりました。
今シーズンは山陰地方では暖冬の影響を受けてているせいか、雪が殆ど降っておりません。
もちろん魚たちにも影響しており、冬の楽しみであるメバルゲームでは非常に苦戦しております。
ただし、一番の楽しみはクロソ…

続きを読む