カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:19
  • 昨日のアクセス:283
  • 総アクセス数:399316

QRコード

忠兵衛:テツミノー

  • ジャンル:日記/一般
jhygtohkau8fpewz3ph3_480_480-c94bee90.jpg
130mm 30gぐらい フローティング

 20年ほど前、全国的にサブサーフェス系プラグが注目され、各社工夫を凝らした製品を続々とリリースしていました。テツミノーは、兵庫県加古川市辺りで作られていたハンドメイド製品で、ボディ素材は桐を使用しています。4種類のサイズがラインナップされていましたが、写真のルアーはシリーズ最大の130mmサイズです。
 進行方向に対し、直角に切り立った四角いヘッドと、大きくラウンドしたボディというアンバランスな組み合わせですが、それがかえって何とも言えない独特のシェイプを生み出しています。
 使い方は水面直下を超々デッドスローで引く、あるいは流れに留めてそのまま待つ、というシンプルなものですが、水面を割ってスズキが食いついてくる瞬間はエキサイティングです。
 

コメントを見る