カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:154
  • 昨日のアクセス:207
  • 総アクセス数:400964

QRコード

アロウズ:レアフォース

  • ジャンル:ニュース
xu76hh3dwa8zpiz4iv7n_480_480-43d4ce6a.jpg
120mm 22g フローティング

 世界初シリコンをプラ筐体に被せた構造のルアー、レアのバリエーションモデルです。
 レアはシリコンを被せる構造上リップの根元をかなり絞った形状になっているため、折れやすいのがウィークポイントでしたが、逆にリップを失った状態でも状況次第ではかなり使えることが知られていました。このルアーがリリースされていた当時、リップレスプラグはシーバスルアーのカテゴリーとしては現在ほどメジャーではなかったのですが、タックルハウスのK-TENブルーオーシャンがリップを全部削り取ってもアクションを失わない設計になっていたという例もあるので、「裏技」として一部のアングラーには認知されていました。
 高価なルアーなので、リップが折れたぐらいで廃棄するのももったいないという事情もあるかと思いますが(笑)私自身もサヨリが湧いている時に、レアのリップレスはよい思いをした経験があります。
 さて、このレアフォースですがレアのリップレス版の性能向上を目指したものとなっているようです。村岡昌憲氏がメインテスターとなって、サンプルを各種作ってさんざんフィールドテストをしていたと記憶しています。特に、シリコン成形されたヘッド形状ですが水圧を受けてグニャっと変形することを利用して、意図的な不規則アクションを生み出すことに苦心していたようです。確か、九州でメーターオーバーを獲ったサンプルが最終決定モデルになったという逸話もあったかもしれません。(うろ覚えですいません)
 レア同様にプラ製ルアーが全く反応しない時にワンポイントで起用すると一発でヒットに持ち込む、そんな能力が備わった逸品です。

コメントを見る