プロフィール

大野ゆうき

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ダイワ・スライ110F
vuvdj4bf4ve7mabz478m-d3386026.gif
♪シーバス釣り超思考法
smw6vta25rspcutv6axs-81cb17e6.jpg
ダイワ・スライストロング156F
jz4gdc67izei63yjpmys-29593329.gif
ダイワ・ガルバストロング120S
p9xtrcxbtpw7xpkrf37c-bbf083d5.jpg
邪道・ごっつぁんミノー89F
6z8ze4bys26m8cfo287j-5925cd3e.png
ダイワ・ガルバスリム80S
783i24akm3ff82xj5zj3-348462b0.jpg
ランディングツール
g69ctrkisvge6ykftfv9-91c267a2.gif
マングローブスタジオ・マリブ78
mjh5okb5seba4e7tj6m3-430c0af6.jpg
アイマ・SW230V gaur
azm5kzbdkezvgb5eie8t-276de0fc.jpg
メガバス・トラビス7 a9yvdwatwuwxubypy457-da612bbc.jpg

☆DVD☆
-SEA SCAPE TOKYO vo.1-
(もっと釣る!!)
ba4n9rogas9kptw6e243-05bcd5e4.jpg
pchzdppfo3xyi6j3mabu-045d2900.png

検索

:

アーカイブ

2023年 6月 (9)

2023年 5月 (8)

2023年 4月 (10)

2023年 3月 (7)

2023年 2月 (8)

2023年 1月 (5)

2022年12月 (2)

2022年11月 (8)

2022年10月 (10)

2022年 9月 (5)

2022年 8月 (8)

2022年 7月 (7)

2022年 6月 (10)

2022年 5月 (8)

2022年 4月 (9)

2022年 3月 (10)

2022年 2月 (8)

2022年 1月 (10)

2021年12月 (6)

2021年11月 (9)

2021年10月 (6)

2021年 9月 (9)

2021年 8月 (9)

2021年 7月 (13)

2021年 6月 (8)

2021年 5月 (9)

2021年 4月 (10)

2021年 3月 (11)

2021年 2月 (3)

2021年 1月 (2)

2020年12月 (7)

2020年11月 (18)

2020年10月 (12)

2020年 9月 (13)

2020年 8月 (10)

2020年 7月 (14)

2020年 5月 (4)

2020年 4月 (4)

2020年 3月 (12)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (10)

2019年11月 (11)

2019年10月 (8)

2019年 9月 (7)

2019年 8月 (12)

2019年 7月 (8)

2019年 6月 (7)

2019年 5月 (8)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (8)

2019年 2月 (8)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (5)

2018年11月 (16)

2018年10月 (8)

2018年 9月 (10)

2018年 8月 (10)

2018年 7月 (14)

2018年 6月 (7)

2018年 5月 (17)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (9)

2017年12月 (8)

2017年11月 (9)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (11)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (11)

2017年 3月 (6)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (6)

2016年11月 (8)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (11)

2016年 8月 (9)

2016年 7月 (10)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (13)

2016年 2月 (9)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (16)

2015年11月 (18)

2015年10月 (10)

2015年 9月 (9)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (12)

2015年 6月 (11)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (17)

2015年 3月 (10)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (8)

2014年11月 (12)

2014年10月 (10)

2014年 9月 (8)

2014年 8月 (8)

2014年 7月 (6)

2014年 6月 (7)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (9)

2014年 3月 (6)

2014年 2月 (6)

2014年 1月 (4)

2013年12月 (6)

2013年11月 (12)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (4)

2013年 8月 (8)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (7)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (7)

2013年 3月 (6)

2013年 2月 (3)

2013年 1月 (2)

2012年12月 (13)

2012年11月 (12)

2012年10月 (9)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (7)

2012年 7月 (9)

2012年 6月 (4)

2012年 5月 (12)

2012年 4月 (10)

2012年 3月 (8)

2012年 2月 (5)

2012年 1月 (3)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (11)

2011年 8月 (7)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (5)

2011年 4月 (5)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (6)

2011年 1月 (4)

2010年12月 (8)

2010年11月 (15)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (10)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (10)

2010年 6月 (10)

2010年 5月 (4)

2010年 4月 (3)

2010年 3月 (4)

2010年 2月 (3)

2010年 1月 (7)

2009年12月 (6)

2009年11月 (6)

2009年10月 (7)

2009年 9月 (2)

2009年 8月 (3)

2009年 7月 (4)

2009年 6月 (2)

2009年 5月 (4)

2009年 4月 (4)

2009年 3月 (4)

2009年 2月 (3)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (3)

2008年11月 (4)

2008年10月 (6)

2008年 9月 (6)

2008年 8月 (5)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (4)

2008年 5月 (5)

2008年 4月 (6)

2008年 3月 (7)

2008年 2月 (4)

2008年 1月 (6)

2007年12月 (4)

2007年11月 (8)

2007年10月 (4)

2007年 9月 (5)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (4)

2007年 5月 (2)

2007年 4月 (4)

2007年 3月 (3)

2007年 2月 (2)

2007年 1月 (4)

2006年12月 (2)

2006年11月 (6)

2006年10月 (4)

2006年 9月 (6)

2006年 8月 (1)

2006年 7月 (3)

2006年 6月 (2)

2006年 5月 (3)

2006年 4月 (3)

2006年 3月 (4)

2006年 2月 (2)

2006年 1月 (3)

2005年11月 (5)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (4)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (3)

2005年 5月 (3)

2005年 4月 (3)

2005年 3月 (5)

2005年 2月 (3)

2005年 1月 (2)

2004年12月 (3)

2004年11月 (7)

2004年10月 (4)

2004年 9月 (6)

2004年 8月 (2)

2004年 7月 (2)

2004年 6月 (1)

2004年 5月 (3)

2004年 4月 (2)

2004年 3月 (2)

2004年 2月 (1)

2004年 1月 (2)

2003年12月 (1)

2003年11月 (1)

2003年10月 (2)

2003年 9月 (3)

2003年 8月 (1)

2003年 7月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:416
  • 昨日のアクセス:1038
  • 総アクセス数:20280485

2008/4/3 港湾部

先月30日に行ったキャスティングでのセミナーは確か3回目だった。

その中には何度も見たことのある顔も並んでいた。


同日に近所の釣具屋さんで他のセミナーが行われているにも関わらず天気が悪いにも関わらず大勢の方に集まっていただいて、

ありがとうございました。

相変わらずまとまりのないお話でしたけど僕がリアルタイムに感じているシーバス釣りをそのまま話せたような気がします。

大まかな捉え方の話だけはしたくなかったので聞いてくれた人の釣果に直結するような何かヒントを掴んでもらえるような話にしたかったのです。

釣果という結果だけを求めるんじゃなくてそのプロセスにある釣りという楽しみ方を含めて今後も伝えていけたら良いなと思ってます。

 

 

考え方っていうのは常日頃変わっていくもの。

釣った魚の数が増えれば増えるほどにそれは変わっていき、

シーバスを始めたころの自分と比べれば今の僕の頭には物凄い量のデータが詰まってる。

その積み重ねてきたデータがシーバスを始めたころの疑問の多くを吹っ飛ばしていくんである。

ふと思う。

昔の釣行を思い出して今までのデータが詰まった頭でそのときの釣果に理由付けをしていく。

時期はいつだったか、流れはどうだったか、水深は?掛けたポイントは?

なんであそこにキャストしたのか?何故そのルアーを投げたのか?

そのとき考えもしなかったことを今のデータで穴埋めすることによって初心者だったころの釣行記というデータが

まるで今のレベルで釣りをしたかのように新たに詳細なデータとして頭の中で更新されていくのである。

それは難しい英文をしょぼい辞書でしか引けなかったのに対して、

膨大な情報量を持つ辞書でその英文を訳せたときの快感に似ている。

徐々にその辞書の情報量を増やしていけばいいのだ。

 


自分がシーバスを始めたときなんかアミの存在なんか全く知らなかったし、

ましてやシーバスに食われているなんてことすら気づくこともなかった。

当然、雑誌に湾奥の記事が載ったとしてもアミについて触れている記述なんてものは皆無だったし春の釣りといえばバチだった。

春は秋に使うルアーよりワンサイズ落とすのも定説だった。

だけどその殆ど言っていいほど何故そうなのかその理由がハッキリとは書かれていなかった。

その何故が知りたくていろいろとやってきた結果、今現在落ち着いた考え方がレンジ、アクション、スピードなのである。

マッチザベイトではなくマッチザバイト。

いかにして口を使ってくれるルアーを見せるか。

 

その優先順位はレンジだ。

使おうとしているルアーがバイトレンジに入っていなければ絶対に食ってはくれないのだ。

15m下でメタルジグで入れ食ってるときにトップを投げたってそうそう釣れるもんじゃない。

水面直下でバチをボコスカ食ってる魚に5m下でにょろにょろを引いたところでかなり難しい。

例えばシーバスのレンジが3m、バイト範囲がシーバスの上1mだとすればバイトレンジは2~3m。

そこを引けるルアーでなければ釣る事はできない。

それをアクションで引き上げることができるとも言われるが、

それはそもそものそのアクションとスピードに対してバイト範囲が広かったからにすぎない。

バイト範囲を広げるか狭まるかはアクションとスピード次第だ。

だからどれか一つでも外れればミスバイトが多発したりテール一本掛りだったり、バイトがでなかったりする。

だからどれか一つだけを取り上げて考えることはほぼ無意味ともいえる。

同時に3つが絡みあって影響しあっているということに気づいていなければならない。

と、思っている。

 

この春もアミの釣りをしていた人はよくわかったかと思う。

魚がいると確認できるほどたくさんいるのに食わせることができないケースがたくさんあることを。

 

バイトを導き出せない原因の多くは


バイトレンジにルアーが入っていない。

シーバスが口を使ってくれるアクションでない。

シーバスが口を使ってくれるスピードで引けていない。


だけど色んな状況下でそれらを出来るルアーがないのだ、種類もないのだ。


この時期、アミに着いた魚を狙ったことのある人ならこの3つを如実に感じたことがあるはずだ。

それも他のシーズンに比べればすさまじく遥かに細かいレベルで。

この状況を思いっきり体感できるのはバチとアミの魚だけ。

魚がそこにいることは確実にわかってる、あとはどう食わせるか。

これが最大にして楽しくもあり難しくもあるところ。

 

 

この日はアミについた魚という意識を捨てて港湾部へ。


前日の朝に80羽ほどのカモメがしきりに水面で何かを食っていたところ。

まったくもって何を食っているかは確認できなかったがカモメにとってエサとなるものがいたことには間違いない。


上げのタイミング。

上げの潮がぶつかって這うように壁際を駆け抜けていく一角。

スーサンでその壁際のピンポイントに撃っていく。

 

着水してチャッチャとトゥイッチを入れながら引いてくるが反応はない。

まだ激しいアクションに反応するようなコンディションではないのか、いないのか。


5投目くらいにスーっとただ巻きで水面下30cmを引いてみる。

 

すると下から突き上げるようなバイトで出た。


(かわいいサイズ)

同じように何度か通してみる。

ノーアクション。

 


着水してスーっと潜ってから徐々に浮き上がってくるスーサン。

それがロッドティップの先2mほどのところで銀色のフラッシュと共に消えていった。

 



(50半ば)

こういう時のハッピーレモンは見やすくていい。


立て続けにもう一本。


(50後半)

一時的な小さなポイントでもあったのでこれで打ち止めか。

ルアーをローテーションしていったが一度反転されただけでもう食わせれる気がしないのでここを見切って次のポイントへ。

 

 

シャローにブレイク、常夜灯と3拍子そろった理想的なポイント。

ゆっくりと潮は動いているがポイント的に流れの利きは運河ほど流れない微妙なところ。

これでベイトが水面でも跳ねていれば最高なんだがそんな気配はない。

いるとすれば単発か。

 

常夜灯の明かりは大して届かずわずかにボヤっと水面にこぼれている程度でハッキリとした明暗すらない。

橋周りならわかりやすいんだがそれとはまた状況が別なのでどっちから入れていくか悩むところ。


あんまりいい状況ではなさそうなのでそのど真ん中から攻めてみる。


TKでボフ!ってのを見たかったが阿修羅に変えてスローロールで水面直下を引いてみる。

 

 

その2投目。

ボヤっとした弱い明かりのど真ん中を通すように阿修羅を水面下10cmくらいのところで引いてくる。


ちょうどそのど真ん中を過ぎ、ブレイクに差しかかろうかといったところ。

 

 


ボフッ!

 

 

 


うきゃっ♪

出た♪

 

しかも別に小さくない。


(60cm)

そのまま阿修羅で何度か通してみるがもう出る気配がないので少し潜らせてみる。


ブラストにチェンジしてど真ん中に入れていく。

もっと流れがハッキリしていれば際から攻めていくんだがこの遅すぎる潮だと魚の向きは定まっていない。

 

 


着水からグッと潜らせてブレイク上のレンジと同じレンジくらいまで到達したところでロッドを少し上げて若干浮き上がるような軌道で引いてくる。


これも明かり中からブレイクに差しかかろうかといったところでゴンッ!と出た。



思った以上に魚がついていないようでブラストで散々投げたおすも次が出ない。

 

ヨレヨレに変えてボトムを探ってみる。

 

ちょっと広範囲にさぐつつ立ち位置を変えながら引く角度を変えながら丹念に探ってみる。


着底後、ボトムのレンジに合わせるようにスローで這わせてくる。

 


明かりに差し掛かる手前。

 

そこでゴゴンッ!と入った。


 


これ以上出せなくなったところで終りにした。

 

春の港湾部、なんだか目ぼしいベイトフィッシュらしいベイトフィッシュが奥まで来てないような感じ。

ストラクチャーに着いている魚が圧倒的に少ない。

となると根回り、シャロー系が有利か?



「使用タックル」
icon
ロッド:
ダイワ・morethan ブランジーノ87LML


 
リール:
ダイワ・モアザン ブランジーノ3000


icon


ライン:
東レ・シーバスPE エフゼロ 20lb  1,2号
iconicon
iconicon





+ショックリーダー
東レ・トヨフロン スーパーL‐EX 6号



使用ルアー:

邪道・ヨレヨレ icon

タックルハウス・ローリングベイト77 

オルタネイティブ・ブラスト(プロト)
邪道・スーサン
ミラクルワークス・阿修羅9.5cm



バッグ:
MAZUME・レッドムーンウェストバッグ


ライト:
PETZL(ペツル)・ティカXP

 

コメントを見る