プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/6 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:53
  • 昨日のアクセス:281
  • 総アクセス数:794092

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

久々に釣りに

今年もあっという間に12月になった。
木枯らしの吹く晩秋になるとなぜかダム湖へ行きたくなる。
釣りをするのがメインではなく、景色を楽しむ事だったり。
落ち葉の上を歩く事だったり。
寒空の下でお湯を沸かすことだったり。
風に吹かれて寒さを感じる事だったり。
ルアーを少し投げてみては、生命反応の無さに季節を感…

続きを読む

僕のオールドタックルデー  

僕にとってのオールドタックルとはなんだろう?
何時ものフィールドは本流、清流域である、そこで使っていた道具達のお話。
昔の道具とはいえ、引退させたつもりは無いのに。
何時の間にか最前線で使うことは無くなり、部屋の片隅に静かに眠っている。そんな夢の欠片は幾つもある気がする。
道具は使う人と作り出した人と…

続きを読む

オールドタックルデー準備

11月19日はオールドタックルデー。
それが村岡昌憲氏の提案により始まり、今後それが多くのアングラーに浸透して広まって行くとするならば、実はどんな釣り大会やイベントよりも、ワクワクしてしまう自分がいる。
アングラー達が色々な意味で過去の時代を築いた方々へ想いを馳せるならば、それは凄く良い事だと率直に思う…

続きを読む

終わりを確かめることも、始まりの一歩

またひとつ季節を駆け抜けた後の満たされて行く気持ちと。
その言葉にならない虚しさを、肌で感じるために晩秋の闇に身を置く為に、真夜中の筑後川へ車を走らせた。
筑後川の有明鱸達との時間はもう残されてはいないだろうけれど。
終わりを確かめるべく、向かわずには居られないものである。
そんな淡い期待と、着古した…

続きを読む

ほんの少しだけ帰郷しました

鹿児島出張から福岡へ帰り、そのままその日の夕方関東へ向かう。
事情があり急に帰郷する事になった。
実家へ着いたのは深夜1時すぎ。
翌朝、まずは用事を済ませて。
懐かしい場所を訪ねてみた。
あの時代からすれば随分と釣り人は増えた気がする。
そして嘗ての自分にも会いに行った。
嘗て毎日の様に行っていた釣具屋で…

続きを読む

釣りは心のオアシス

  • カテゴリー:日記/一般
10月もあっという間に終わってしまった。
やらなければ成らない事が大き過ぎて、やりたい事に使う時間がうまく作れていない。
けれど、全て自分で選んだ道だから引き返す事はしない。
仕事や家庭という社会生活、勿論、釣りも全力でやってきたつもりだけれど。
あと少しだけ足りない。
足りない何かを満たしたくて、我武者…

続きを読む

筑後地方 色々な秋の釣り

筑後地方も秋真っ只中。
今年は夏が夏らしくなった分平年に比べて秋の進行は早く急ぎ足で季節の釣りを追って行く。
この地方では様々な秋の淡水域の釣りがあり、フィールドやターゲット毎に楽しむことができる。
そんな中フライフィッシングをしてみたいと興味をもって頂いたのは近所に住む、fimoで出逢えたアングラー 小…

続きを読む

筑後川シーバス釣行 強風を攻略する

この日は台風接近の3日前という事もあり、風の強い夜だった。
コンディションの悪い夜に釣りに行く理由なんて無いのだけど。
終わりの近い河川の有明鱸の釣りで、暴風&満潮&大潮 というコンディションの中で魚を出すなら、あのタイミングしかないと。
フィールドに到着したのは午前1時を周ったころ。
流石に有名ポイ…

続きを読む

間も無く終盤 清流鱸の季節

はやいもので暦は既に10月を迎えた。
それまでの夏名残りとは違い、肌寒い日も増えて長袖と薄手の上着が必要な季節になった。
地元、筑後川の清流鱸は落ち鮎シーズン真っ只中と言いたいところだが・・・
どういう訳かこの所魚をキャッチ出来てない。
それは釣りが難しくなったのか?魚の絶対数が変化したのか?という理…

続きを読む

トレーニングとしての小物釣り (フライフィッシング・オイカワ)

ルアーフィッシングが淡水の釣りの全てではない。
競技の釣りを除けは、釣りを楽しむ事において、釣りのジャンルや魚種、そして魚のサイズに優劣がある筈も無く。
自分が住む場所の身近なフィールドで色々な魚釣りを嗜む事が、僕にとっての釣りである。
敷居が高いなんて思われがちのフライフィッシングも、僕にとっては身…

続きを読む



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ