プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/9 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:137
  • 昨日のアクセス:97
  • 総アクセス数:884435

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

秩父イワナを求めて

nofiparjms4bnrxus3fj_480_480-476fd4a7.jpg
近くて遠い地元埼玉は荒川の源流部にはニッコイウイワナとヤマトイワナどちらの特徴もある秩父イワナと呼ばれるイワナが棲んでいるという。

実は、12~13歳の頃、私は一度そのイワナに逢っている。

橙色の斑点を持つそのイワナの色彩、少年時代の遠い記憶の中で鮮やかな明るみを帯びたままなのだ。
キャンプの時につかみ取りしたイワナはそのまま炭火で焼かれその日の御馳走となった。

今から十数年前、秩父には何度も足を運んだのに何故かそのイワナに逢いに行く事は無かった。
それよりも本流に潜む大ヤマメの釣りに夢中になっていたからだ。

そのヤマメの流れを更に上流に行く事に魅力を感じなかったというのが本音である。

近くて遠い、それは同じ県内なのに車で二時間以上走り、さらに徒歩で山を歩かなければならない事を意味する。
dp9a7m3mkgiugfjgvvyd_480_480-9c0114e9.jpg目が回りそうな渓深くにそのイワナはいることは知っていたから、今回ガイド役、どうしてもイワナが釣りたいという九州の仲間を連れての釣行となった。

週末は全国的に春の大雨だったので、もしかしたら雪解けが一気に進むかもしれないという予感と雪代が納まらなければ釣りにならないという不安が入り乱れながらその渓を目差した。
ykxck32n5tu45c7rgm2w_480_480-918e02e7.jpg
イワナの釣り場、それは渓深く険しい場所も多い。

スタートして間も無く一匹のイワナを日陰の淵で見つけたが、ルアーの追いは鈍い。
無理も無い。ここは3月と言えど真冬に近い気温だ、渓のイワナが活発になるのにはあと2ヶ月は必要だろう。
wjujmwogzmifiytug6tg_480_480-38a4f04e.jpg
日向であれば春の柔らかい日差しが祝福してくれるが、一変して日陰は氷と残雪の暗い世界。

それでもイワナ達は日向を嫌い、暗い流れに身を潜めていた。

程なくしてイワナを無事釣る事が出来た。
テクニックは必要ない、ルアーやカラーなどもどうでもいい。
この魚がいる場所へアプローチできるか出来ないかだけが結果に結びつく。
pwdftdgg4im3gndmr4hh_480_480-36a48acc.jpg
この橙色の斑点、黄色い腹部、そうこれが秩父のイワナだ、紛れも無くあの時逢ったイワナだ。
k4v8pgwunwtu6wc7ey72_480_480-27c87b06.jpg
そして仲間もキャッチする、歓声を上げて、握手を交わす。
2sk5drmfwoakx2dphh3i_480_480-191495d3.jpg
少年時代の記憶と現実が重なり合うひと時、30年という月日を超えて、あの時、強烈に釣りたかった魚が今目の前にいる。
pjgw9x77xwxw53x2aivi_480_480-28a8f6c2.jpgこれから行ってみたい渓がある、逢って見たい魚達がいる。
仲間と分かち合いたい喜びという時間がある。

それがある限り、僕等の釣りは果てしなく続いて行くことだろう。

コメントを見る

関根崇暁 さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!