プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/4 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:218
  • 昨日のアクセス:389
  • 総アクセス数:774118

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

僕のフライフィッシング

渓流のフライフィッシング、僕のヤマメ釣りの原点がここにある。
まだ僕が16歳そこらの頃、独学で始めたこの釣り。
ヤマメや岩魚はもちろん、相手がハヤでもオイカワでもドライフライで釣れれば何でも良かった。
型に嵌ること無く、流派に拘る事無く。
単純に。
この釣りが面白いから四半世紀以上も続いている。
フライフ…

続きを読む

バンブーロッドと33で

僕の手元には釣り仲間のロッドビルダーさんに製作して貰った竿がある。
六角のバンブーロッドだ。
バンブーロッドはハンドメイドで一本一本の竹を三角のテーパーに削られ、それを六本に張り合わせ一本のロッドとして生まれる。
使えば使う程に趣のある道具になり釣りという時をゆっくりと楽しみたい場合は最高のロッドであ…

続きを読む

優しい雨の渓へ

2月最終日、降り続く雨の九州道を走り続け終えて帰宅した時間は、1日の午前2時。
電気も消えて、家族の寝静まった家に帰ると、遠足前の子供の様にワクワクして眠れない僕はゴソゴソと釣りの準備を始める、シューズにウェーダー、レインジャケット、カメラを防水パックに詰める。
愛用リールミッチェル408の古いグリスを…

続きを読む

大切な何かが消えて行く

  • カテゴリー:日記/一般
最近、気になる事が幾つかある。
未来の事はわからないけど、この先、釣り業界が繁栄する未来が見えない。
今という時代、釣具に限らず欲しいものは何でも大抵手に入れる事ができて喜ばしい事であるが、その反面、便利さの裏側で大切な何かを失っている気がしている。実際にネット販売という流れに乗遅れたプロショップや…

続きを読む

渓流解禁まであと一週間

子供の頃、憧れていた渓流魚。
それをルアーで釣りたい。
そんな想いから。
それまではブラックバスと管理釣り場のマスしか知らなかった僕が、右も左もわからぬまま、意を決して新しい世界に飛び込んだ。
宝石の様な美しい魚との出逢いに夢中になり、渓流のルアーフィッシングを情熱的にしだしてから20年数年。
あれから僕…

続きを読む

春の予感

釣りに行けない時間には、次に釣りをする時のことを考える。
そうやってほぼ毎日、釣りのことを考える。
僕は他のアングラーに比べると釣行日数が多くは無い。
年間の釣行回数を考えると、鱸釣りに25日、渓流3日、オイカワ釣りに15日、その他小物釣りに5日くらい行ければかなり出来たほうだ。
一回の釣行時間は、移…

続きを読む

釣りの感覚

この時期は当たれば大物、ハズレ多数、釣れない有明鱸を求めて、また迎えてしまった夜明け。
毎年、毎週、夜明けの空を見ている。
僕の釣行回数は少ないので行ける時は可能な限りの時間をフィールドで過す結果、夜明けを迎えてフィールドを後にする。
自宅に帰ると仮眠とか子供達の世話とか色々して。
そして夕方はこの方…

続きを読む

少しづつでも釣りに行ってます。

原点回帰、2月の深夜、僕は時折この場所に立つ。
外気温は4~2℃前後だろうか、防寒対策をしていれば一晩釣り続ける事は可能な気温である。
今でこそ筑後川ではすっかり常識になった?この時期バチ抜けの釣りも、ほんの7~8年前までは誰も語ることは無かった。
筑後大堰のフィールド自体はメジャーなポイントであるけ…

続きを読む

早春 オイカワのフライフィッシング 

早春はフライでのオイカワ釣りが楽しい季節。
とはいえ、魚は寒波一発で沈んでしまうので風の無い穏やかな日の午後にゆっくりと支度をして小川に入り込む。
日中のシビアなライズを狙って釣る一匹は格別。
暖かい時期のイージーな数釣りとはまた別の世界。
葦原の中の細い流れ、ここでは無反応。
緩く広いプールからの流れ…

続きを読む

筑後川シーバス 静かなる始まり 

草木が芽吹くのが待ち遠しい季節。
色々な冬の釣りがあるけれど筑後川の鱸達は冬でも釣る事ができる。
その日の様々な条件が合わないと釣るのは難しいかもしれないけど。
嘗ては日本のあちこちの干潟に分布していたというアリアケカワゴカイ。
現在は、ここ有明海湾奥部、筑後川流域にしか生息していないという。
なんだ・…

続きを読む



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ